2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

講座制ってどう?

1 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:23
尾身大臣は、アメリカの誰かに吹き込まれたのか、講座制を
廃止することを言うけど、講座制ってどうよ。
アメリカ(ロックフェラー除く)みたいに日本もなるの?
良い点、困る点って何?

2 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:24
実験指導のできない現職教授が困るだろう。

3 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:28
困るのはアホな教授だけ。講座制廃止大賛成。
おっと、先に2を取られてしまった。

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:43
講座制って何?

5 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:45
英語ができなくて論文も上手に書けない若手の助手が困るだろう。

6 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:52
>>5
そういう奴がそもそもfacultyになれるのが講座制のおかしな点。postdocをやって鍛え直してからpositionに付くべき。

7 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 10:57
講座制廃止と一緒に研究費システム、学生指導システムなど
全部変えてしまわないと困ったことになる。

今の日本では若手が大きな研究費を取ることができない。
学生も助手より教授につきたがるのでは。推薦状書いてもらう
のも助手が書くより教授が書いた方が効果があるだろうし。

一方、教授は雑用があるので、研究室を助手にまかせることが
できなくなると大変。自分で研究できるポスドクを雇えないと
教授は仕事ができなくなる。

つまり、講座制の廃止は、それだけを口でいうのは容易いが、
実際、それをやろうとすると他のシステムが整ってないので
うまくいかないだろう。つまり、徐々に独立した
若手を作っていくようなやり方しか、日本には無理ではないか。
アメリカの講座がないシステムも、研究費やポスドクのシステム、
更に社会的な受け入れ体制があるから成り立っている。

8 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 11:01
>6
それは道管。
助手以上のファカルティーポジションにつくには、
一定期間のポスドク経験を必須条件とすべき。

9 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 12:57
助手ってそんなに偉いか?
単なる雑用係だから、「一定期間のポスドク経験」
よりは、教育ができるかとかの方が重要だったり
するんでないの?
#もし講座制をやめると言うなら、
3人の助手の給料 -> 2人の Assitant Professor
1人の兼任秘書
1人の(使い物になる) Teaching Assistant
とかにしないと雑用する人いなくなっちゃうよ!

10 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 17:05
Teaching Assistant導入大賛成。
学生もそれを望んでるンとちゃう?

11 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 17:09
助手ってPDなんかより全然偉いと思う。英訳したときの
assistant professorという言い方がやはりふさわしいよ。
日本の訳語のせいですごく損をしている。
とくに医学部の悪しき慣習であるとこの「無給助手」「副手」などと
混同されて。
今の助教授→准教授(準教授)
今の助手→助教授
くらいでいいとおもうんだけどね。
あと、もっと大切なのは技官のポジションをパーマネントか
せめて任期5年くらいで採用するシステムが欲しいです。
動物棟、共同実験機器のメンテ、コンピュータSEなどを

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 17:28
>>11
助手と一口に逝っても余りにも内容が違いすぎることが問題だと思われ。
asssistant prof. levelから helper まで呼称が一緒だからね。

・・・まあ教授と一口に逝って(以下自粛

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 17:34
>>11

しかし、アメリカではassistant professorは、一部の例外を除いて
完全に独立している。その点、日本の助教授よりも上だろう。
だから、
日本の助手は、アメリカのPDに毛の生えた様なもので、
助教授は、独立していなければ、アメリカのPDに二つくらい毛の生えたような
ものだろう。
大切なことは、論文を出すときに、統括責任者であるということで、
日本の助教授はほとんど例外なく独立していないので、そういう意味では
PDと変わらない。これが日本の大学の悪しきシステム。
大講座制にしても結局どういうわけかヒエラルキーができてしまい、
若い頃に独立できない。で、いい研究ができないわけ。
この点に関して、やはりアメリカのシステムを取り入れた方が圧倒的にいい。
でも、能力のない教授が、優秀な助教授を連れてきて自分の仕事のように振る舞う
ことはできなくなる。


14 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 17:43
>>13

そうでもないよ。俺の知っている範囲では、結構純粋理学系では
助手も独立ポジションと言って良い立場で仕事しているところがある。

もちろん機構上は上下関係や、「グループ」に縛られてますが。

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 19:35
>14
それは、大講座制のところでは。


16 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 19:43
日本の「助手」は、Research Associate。
日本の「講師」は、Assistant Professor, Lecturer。

17 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 20:12
>>13
やはり「年寄り」「目上」を敬うという儒教的倫理感がいけない
ということか。


18 :( ´,_ゝ`)プッ:02/04/08 22:58
そうさ。ま、一般社会ではそのほうがうまくいくんだがね。

19 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 01:20
日本の助手は
Research Associate 兼 Laboratory Manager.

20 :学生:02/04/09 01:26
>>10 

>Teaching Assistant導入大賛成。学生もそれを望んでるンとちゃう?

どのみちピンハネされるので大差ないです。もし善意で言っていたならごめ
んね>10

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 10:48
ピンハネって、国会議員の秘書の給与問題と同じだね。

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 11:15
戦ったら勝てるのになぜ戦わない? (ピンはね)
結局認めてるほうも同罪じゃん。
うちはピンはねされないよ。

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 12:04
ワロたよww
http://japan.pinkserver.com/adaut/wakana.htm

24 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 21:24
あと、これは講座制の問題じゃないけど、大学院生の
地位も、もう少し向上しないといけないと思うよ。
中国でさえ、大学院生はお給料を貰うのに、日本の
大学院生は親のすねをかじらんと生きて行けない状態では
良い人材は他の世界に逃げてしまうと思うけど。
もっとも、今の国の財政状態では誰もそんなこと
言い出せないか....

25 :( ´,_ゝ`)プッ:02/04/09 21:31
>>20-22 いくらなんでもピンはねなんてしないだろ。
>>24 大賛成

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 21:40
基礎研究分野では、講座制廃止は賛成です。
しかし、農学部など企業と組んでいるところなどは、講座制による
連続性も意味をなしているのかもしれないと、知らない者として
思ってしまいますが、どうなんでしょうか。

27 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 21:43
だから今時大学院生になんかなっちゃダメなのに、
どうしてみんな気がつかないんだろう。
状況が読めない戦略性のない学生が将来成功する
可能性もまたほとんどないというのに。

28 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 21:43
>>25
あまい! 某千葉大・理・生物のT教授の新聞ネタにもなった事件を知らないの? そういえば、T教授最近復権したらしいね。

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 21:59
>>25
見ろ!
http://www.jca.ax.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000307m.html

30 :国立大学OB:02/04/09 23:38
>>29
うちは当然のごとくやっていたがw
自分は、仕事をしていたので、税務上も
問題があるといって断ったよ。

31 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/10 00:38
まあ良くありそうな話。
これが良いとは言わないが、余計な制約が多すぎる仕組みのほうに問題がある。
アメリカでは教授に権限がある。
アメリカのやり方が最高に良いとは言わないが、日本は教授の義務が多い割に
権限が少ない。だからこんな姑息なやり方をするしか亡くなる。
これは官僚の問題だ。

32 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/10 20:22
>24
でも、実際に日本の大学院生で優秀な人材?が海外に逃げてしまった
と言う話は全く聞かない。これだけ地位が悪いと宣伝が行き届いている
にもかかわらず、あいかわらずみんな大学院に来る。どうにかしているのでは。
例えば、独立法人化したら、どこかの大学が試験的に導入してもいいかもしれない。
定員30人にたいして、30倍くらい集まったら、ほんとうによい人材をセレクション
できるから、大学院の研究レベルはあっというまにあがるだろうとマジ思う。

ちなみに洩れの個人的な経験では、出来る大学院生と出来ない大学院生の生産性
の差は最大でほぼ3倍。これが情報系だと、10倍以上だと聞いたことがある。

33 :24:02/04/11 15:18
>>32
「大学院生が他の世界に行っちゃう」っていうのは
別に「海外」ってわけじゃないんだけどな......

生産性という点ではより理論に近くなるほど
本人の能力による差が大きくなるのは確かだね。
数学なんて、できない連中(それでも一般の人に比べれば
頭の作りは違うけど。)は本当に新しいことはできないよね。

その点ラボワークの比率の高い生物系はできない大学院生でも
十分結果を出せることもあるし、実際数打たないと当たらない
実験もある。で、講座制の話にもどると、院生を
ただで働かすことができる日本は、PIには天国?

34 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/11 18:05
どこでもいいから、
俺を教授にしてくれ。

ところで、教授の基準は?

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/11 19:27
ドイツみたいに教授の資格試験制度を設けてほしい。
専門分野についての基礎知識、業績(インパクトファクター、被引用回数など)を総合的に判断する。特に、本人の実力が伴わないのに
人脈だけで論文数が多いような人は実力を厳しく査定することが必要。


36 :DQN教官くずれ:02/04/11 22:52
32 >>24
「院生をただで働かすことができる日本は、PIには天国」

そうでもないとおもう。
院生に給料を払っている国では、逆に生産性の悪い院生、
態度の悪い院生、マナーの悪い院生などを、ボスが責任もって
放逐できるので、ラボの中には「よくできる熱心な院生」しか
残っていない。地方に行けば行くほど、そんな感じだ。
「給料でボスの言うことを聞かせる」というのは資本主義の原則に
則っているので、良いと思う。

日本は確かに院生はタダかもしれないが、「タダほど高いものは
ない」ということわざも真実に近い。一人いるだけで、周り3人
くらい巻き込んで生産性が落ちる院生というのもいる。しかも
「漏れは授業料を払ってるんだ」とのたまう。別に悪気があるわけ
ではないのだろうが、院生室でだべっているうちに毎日が無為に過ぎて
行くみたいだ。卒業していなくなってくれるまでおとなしく首を
すくめて待つのみ。巻き込まれた3人の同期生、君らは災難だったね。

37 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 11:17
確かに日本の院生、スタッフ、研究室のおしゃべりで時間を
無駄にしていること多いかも。おしゃべりが全部わるいわけでは
ないけれど。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)