2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

希望のゼミ/研究室に入れなかった人集合スレ

1 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/01 21:27
研究室配属で希望のところに配属できなかった・・・
しかも抽選で。

ウツだ・・・


2 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/01 22:18
院に行く時に移ればいいことです。

3 :直子 ◆5DO04FIQ :02/02/02 04:24
ハァ?くそ

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 11:53
age

5 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 11:54
ま、とりあえず、めしでもくってこい

6 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 16:37
留年してでも希望ラボにいくべし。一生が決まる。

7 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 17:26
留年しないと希望ラボに逝けない時点で、終わっている。
研究者はあきらめて平凡な人生を選ぶのを勧める。

8 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 17:51
院試で行きたい研究室受ければいいじゃん?


9 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 22:24
人間万事塞翁が馬。何が幸いするかわからないよ。

10 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 22:51
とりあえず行っておけ。

11 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 22:56
>>1
そういった気持ちはすごく良くわかりますが、
意図的に留年して再配属を狙っても、大抵蹴られます。
因子で行きたい研究室を死亡するか、そんな大学出てしまえばいいんでは。
学部の研究であれば多少死亡にそぐわなくても仕方ないと思われ。
何でも経験して院での生活に生かそうと思うしかないと思われ。
更に学部で終わるならどうでもいいと思われ。

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 00:12
>8同意

よほど酷い場合以外は(生化学のつもりが生態学でフィールドワークとか)
卒研で得た経験と知識が思わないところで役にたったりもする。
分子生物であるならどこからどこへ行っても知識と経験は無駄にはならない。

独創的な研究者ていうのは分野をいくつもまたがった経験から
生まれるところがおおいにあると思う。
とりあえず、学会でも見に行ってもっと業界を知ったほうがいい


13 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 22:03


14 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 22:22
まぁ、仕方ないね。それでも・・っていうなら、
自分のスタンスを決めて、それで相手を説得できるかっていう。
別に、論理的でなくてもいい。何で、そこまでして行きたいかっていう、
面白い理由が必要。そこで一流の業績があるから、とか死んでも理由にならんぞ。
はやりすたりの多い世界。そういう人を面白く思う場合もあるかもしれない。
大学院で、別の所に行ってもいいじゃん。とにかく、自己決定が基本。

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/17 11:14
院生にこだわるな

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/17 12:00
第一希望した研究室じゃなかったけど、
一緒に配属が決まったのがなんと憧れの彼女。
ものにするぞ。

17 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/17 12:01
>16
どあほ。
氏ね。

18 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/17 12:03
>16
きれいな顔しててもな、汁たらしたおまんこをまじかでみると、メスはみな同じ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)