2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の英文雑誌ってどうよ

1 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 11:37
以下は、2000年度IFです。

GENES CELLS 4.885
J BIOCHEM TOKYO 2.116
NEUROSCI RES 1.807
DEV GROWTH DIFF 1.730
CELL STRUC FUNCTION 0.960

日本の英文雑誌を通じて日本の生命科学について語ってください。
(日本の他の英文雑誌のIFも御要望に応じて調べます)

2 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 11:43
日本植物生理学会の誇るPlant and cell physiologyが抜けてます。

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 11:50
日本動物学会の誇るZool Sciが抜けています。

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 11:58
PLANT CELL PHYSIOL 2.311
ZOOL SCI 0.969

ちなみに、GTCは日本の学会誌じゃないよ

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 15:26
栄養食糧学会&ビタミン学会J NUTRI SCI & VITAMIN
いま審査中が1つ。栄養学のちまちました内容がおおい。J Nutri, Ameri J
Clin Nutri などとくらべると、読みごたえばないが、事務の方は親切。

6 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 15:41
Journal of Plant Rearch
DNA Research
Biosci.Biotechnol.Biochem.
Cytologia

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 21:27
日本の英文雑誌に掲載するのって愛国的、それとも国辱的?

8 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 21:37
>>6
Journal of Plant Research 1.305
DNA Research NoIF
Bioscience Biotechnology and Biochemistry 1.039
Cytologia NoIF

>>7
すくなくとも国辱的ではない

9 :5:01/12/22 22:17
7
コンスタントに出せば、多くの日本人に知ってもらえる。もちろん
海外の一流誌にのせるにこしたことないが。

10 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 22:47
投稿するのも日本人、editorも日本人、reviewerも日本人、読むのも
日本人なのになんで英語で書くんかね。

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 23:05
>>5
J NUTR SCI VITAMINOL 0.653

12 :5:01/12/22 23:29
10
読むのは日本人とは限らないでしょう。大半はそうだけど、外国
からの投稿もあるんだし。英語が公用語と言うことで。

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 23:52
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY
FOR HORTICULTURAL SCIENCE
どうなの?

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 23:55
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY
FOR HORTICULTURAL SCIENCE 0.290

15 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 00:08
>>14
どうも。
 今まで出てきた中で最低点だね。
 

16 :5:01/12/23 00:23
オレは栄養学が専門だけど、農学系はどこも低い。14は果樹関係
の雑誌だと思うけど。。ちょっと残念だね。
ほか
土肥学会 J soil sci and plant nutri
応動昆 Appl Entomol and zool
なんかは伝統ある学会誌だが多分0.5くらいだろう。

17 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 00:28
>>16
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY 0.5

そーす
http://ymlib.yonsei.ac.kr/

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 00:30
甘いな、皆(フッ
その長い歴史ではおそらく日本の学会誌ベスト3にはいる解剖学雑誌を。
長い間、和英両方取り上げてきたがインパクトファクターをつけてもらえず
(交渉はしていたらしい)。ついに英文単独雑誌の刊行に踏み切った。
投稿を要請されたのは沢山いるはずだ。

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 00:30
国内出版誌でトップはPlant and cell physiologyです!!

20 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 00:31
>>16
果樹に限らず、花とか野菜とかもあるよ。
 最近やっと学会での発表に遺伝子関係のが
 入ったみたい。
 日本では農学の位置づけ低くて 残念。
 農学系でIF高い雑誌って何かな?

21 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 01:11
>5
JNSVなら、IFは悪いけど、Ann.Nutr.Metab.のほうがよくないか?
一応国外だしさ。ウチのボスは見事に却下されたことあるけど
普通は落とされないし。栄食で賞欲しいならJNSVだが

22 :5:01/12/23 09:21
21
Ann.Nutr.Metab.は初耳。どこの雑誌?オレがよく読むのは、消化器
Gastroent, Gut, Am J Gastronet, Dig Dis Sci(オレはレギュラーだったが
査読があまりにも遅いのでIF急降下), Am J Clin Nutri, J Nutri,
Clin Chim Acta (IFは低いが、査読が早い)くらいだよ。
上にもかいたけど、JNSVは意義や独創性はあまり感じられんな。
日本人研究者はJ Nutriの遺伝子あつかった研究にはよく載るけど、AJCN
にはほとんど載せられない。個体レベルでの栄養学が弱いんだろうね。
オレも投稿を考えたが、あそこは受理されるまで1年かかるらしい。だから、
やめた。でもIF5は魅力。

23 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 10:00
禁断のZooは0.9もあるのか?

24 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 10:16
>4

GTC, Genes to Cells は日本生物学会の学会誌です。

日本生物学会細則
第7章
第19条 Genes to Cells  を日本生物学会誌とする。学会はGenes to Cellsの
発展のために運営をサポートする。
第20条 Genes to Cellsへの投稿論文の採択、雑誌の編集は学会から独立して
行われる。Genes to Cellsへの投稿、採択は学会員、非学会員にかかわらず、
平等、公平であるとする。
第21条 学会員はGenes to Cellsをオンライン購読できる。

2001年4月2日、追加。

25 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 10:22
ときに,日本人の著者と校閲者間で英語によるやりとりがあるが,
何か変だよな。双方英語に疎く二重の誤解が生じて困ったことになるよね。
だから,双方日本人の場合は,校閲意見は日本語で可となってる場合が
あるんだろうね。

26 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 11:03
「日本の英語雑誌に出す人」と「英語力」には
相関関係があるのでしょうか。

27 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 11:07
海外留学中の研究者のみなさまへ:

あなたの大学、研究所の図書館でも見かけたことのある
日本の英文雑誌ってありますか。

28 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 11:10
イギリスより発信。
うちにはGTCが最初の1年だけ置いてあった。

29 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 11:23
neuroscience research の最近7年くらいはあったな。

30 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 11:31
>27
すうぇーでんより;
Plant and cell physiology 図書館とラボの両方に存在。


31 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 12:06
>27
あめーりかより;
Cytologia 図書館で発見。久しぶりに見た日本語の活字にちょっとびっくり。

32 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 12:24
すうぇーでんより;
追加です。未開封のBBBラボの図書室で数冊発見。

33 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 12:35
>>24

GTCは日本の学会誌だけど、日本で発行してないから、国内誌扱いにならないらしいです。

34 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 12:50
ごめん、BBBって何の略?

35 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 12:54
blood brain barrier

36 :34:01/12/23 13:01
>35
嘘だろ?

37 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 13:14
J BIOCHEM TOKYOを4報だすのと、
J Biol. Chem.を1報だすのではどちらが難しいでしょうか。

38 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 13:15
CELL STRUC FUNCTIONを12報だすのと、
J. Cell Biol.を1報だすのではどちらが難しいでしょうか。

39 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 13:18
DEV GROWTH DIFFを3報だすのと、
Dev. Biol.を1報だすのではどちらが難しいでしょうか。

40 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 13:19
Neuroscience Research を6報だすのと、
J. Neuroscience を1報だすのではどちらが難しいでしょうか。

41 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 13:20
>37-39
質問に意味無し。

42 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 13:22
>>41
「日本の英文雑誌」専門研究者ハケン!

43 :>27:01/12/23 13:46
Harvard University Biological Laboratoryには
J. Biochemistry
Cell Structure and Function
Plant Cell and Physiologyはありました。

44 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 14:40
Harvard Medical Schoolにいましたが、一応、義理でGenes to Cellsを購読しており
ラボのセミナールームの書架に並べておきました。

45 :32Pをマグカップでごっくん中国人@MIT利根川研:01/12/23 14:42
ラボベンチに実験医学のバックナンバーを並べていましたが、それがなにか?

46 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 21:15
>>37-39
論文を1報仕上げるというのは、論文の中の1つの図をつくるのに
比べてかなり手間、時間がかかる。内容のことを別として手間
のことだけを考慮すると、
「CELL STRUC FUNCTIONを12報=J. Cell Biol.を1報。」
というのは、CSFx2=JCBx1くらいに相当するのでは。
ただ内容のことを考えたり、実験に費やす時間(うまくいかなかった
実験も含めて)を考えるとCSFx8=JCBx1くらいなのでは。
論文発表リストに、CSFx8あるのと、JCBx1とどちらが格好よいか
というのは議論があるところだとは思う。

47 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 21:29
DEV GROWTH DIFFは、IFが意外に高いのに、海外の
図書館ではみたことありません。国内では会員に配付されて
読まれることもなく捨てられていることを考えると
とても残念なことだと思います。

48 :5:01/12/23 21:50
46さん
なかなかIFで評価することも難しいね。5年に一流雑誌1本出すより
1年に1本でもどっかに出してる方が研究者の姿だと思う。

49 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 00:11
>46, 48
日本には、例えば、CSF10報の方がJCB1報よりベターだという評価を
とる人も多いからね。特に農学系なんかは、学位の取得に「質より量」で
3報論文が必要とかある。日本の英文雑誌がそういう論文の受け皿に
なっているのも確か。
 でも教科書に載ったりして歴史に残る可能性があるのは、1流誌
に1報の方だと思う。

50 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 00:17
科学には底辺の広さが必要だと思います。
全部が全部一流雑誌に載るようなものでもまずいのでは。

51 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 01:39
>>49
どうして農学系では「質より量」になってしまうのですか?
 そこんところ教えてください。

52 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 01:49
みな、なにをもじもじしている?
はっきり言おう。

CSF, DGD, Neuro.Res.は合併。めざせIF4台。
JBはGTCに吸収合併。めざせIF8 台。

53 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 02:05
>>52
細胞生物と発生、神経には相容れない分野もあるから無理なのでは。
JBとGTCも偉い人達が権力の道具につかっているから無理そう。
とにかく既得権があるから、抵抗勢力がいっぱいいる。

むしろ全部廃止(廃止しなくてもいいけど)して、
Nature、Scienceに対抗できる日本発英文総合科学誌を
つくるのがいいのでは。IFは20台をめざす。

54 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 02:13
>>51
農学系の偉い人みんながそうやって偉くなったから、それでいいと
思ってるから。いきなり制度を変えて大学院生が1流誌に論文を
書き始めたら、3流雑誌の数で助手や教授になった人の立場がなくなる。

55 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:09
>むしろ全部廃止(廃止しなくてもいいけど)して、
Nature、Scienceに対抗できる日本発英文総合科学誌を
つくるのがいいのでは。IFは20台をめざす。

んじゃGTC残して全部廃刊。
IF20は無理。というか、そこまで高いと、「公平さ」を求められて、
「日本人のコネでスピード掲載」てのができなくなって、
存在価値が無い。
IFは8〜10が妥当。

56 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:34
つーか、日本の英文雑誌って必要なのかよ?

57 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:44
必要だよ。絶対!
日本のBiochemistry, Cell Biology, Molecular Biologyのレベルは充分に高いのだから、
お偉方が本気になって作ればCurrent BiolやEMBO Reportぐらいの雑誌はできる!

58 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:45
>57
日本語にしろよ。

59 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:47
Titleとfigure legendsだけ英語ってのはどう?
それなら、ジンガイもだいたいの要旨はつかめるじゃん。

60 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:59
日本語では意味が無い。他の国際誌より早く国際誌に出せることに、
日本発の国際誌の存在意義がある。

日本語は実験医学、細胞工学でよし。

61 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 04:03
つーか、日本人しか投稿しない雑誌が国際誌って言うのか?
英語で書いてあるから国際誌っていうのはおかしいぞ。

62 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 04:33
GTCはまだしも、CSF, JB, NRはなあ。
日本人しか出て無いじゃン。

63 :5:01/12/24 08:13
オレはマイナーな分野(栄養学)なもんで、細胞や神経の分野のことはようわか
らん。でも、雑誌が多い方が、それだけ発表させてもらえるところが増えるの
だから、都合がいいのでは?それと、審査はその時の流行や雑誌の方針
など、いろんな要素がからんでくるので、一流雑誌ほどいい論文も多いが
からなずしもそうでないものも多い。JBCやAM J Physiol みたいな電話帳みたく
分厚い雑誌にそうそう画期的な内容が発表されると思わんが。。

64 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 10:11
>>62
では、アメリカ人しか出さない雑誌というのもあるように
思うのだが、そういうのはどうか。

65 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/25 11:35
はやくGTCのIFが10くらいになるといいね。

66 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/25 13:43
研究者個人の立場からすれば要は引用されればいいんでしょ?
英語で書けば和文より引用される可能性ははるかに高くなることだけは確か
もちろん内容がともなえばの話だけど
ジャーナルの評価点云々は就職やら助成金がからんでくるので無視はできないけどね

67 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 02:55
そんな志のひくいことおっしゃらないでください。
世界に伍する戦いをするためにも、中級国際誌は必要です。

CNSに出したけど、レフリーとCompeteしていて止められた、
つまらないreviceで遅れさせられている、敵はScienceに投稿した、
そういう時の「お助け寺」がいるのです。
Nature ScienceのLetterよりも審査ー掲載の期間が早い中級国際誌を
日本がもつ意義は、そういう戦争の時のためなのです。

68 :ヘタレ助手:01/12/26 11:55
俺の生存証明のために、国産英文研究誌は必要不可欠

69 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 12:47
そうそう、毎年1st論文を1報以上書いていないと、
論文の書き方をすっかり忘れてしまうから(藁

70 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 13:11
>>67
ライバルとぶつかっても粘った方がいいよ。
二、三回そういうことやると相手から学会で声をかけてくる。
その後は、情報やり取りしながらもいい意味で緊張関係を保てている。
向こうがヘルプしてくれることもしばしば。
駆け込み寺は一度だけにしといた方がいい、そうでないと駆け込み癖が
ついて駄目になってしまう。

71 :>70:01/12/26 13:15
そういう台詞はコンスタントに論文が出ている奴の言うこと。
2−3年論文が出てない奴が、「俺は雑魚雑誌は相手にしない」と
言っても説得力がない。

72 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 13:18
>>71
2-3 年論文ないとつらいだろうね、どこのノンMD?

73 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 13:19
まあ、目標を何処に置くかでしょうな。

74 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 13:19
>71
おいおい、自分で雑魚雑誌専門て認めてどうするよ?

75 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 13:26
目標が雑魚研究者だからです。

76 :71:01/12/26 13:28
俺はJBC,MCB,ABBやJ.Bacをコンスタントに出ているが、なにか?

77 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 16:36
英語で修士論文書いている奴、いる?

78 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 16:59
俺の一学年上の代は手書きの修士論文がいた(藁

79 :名無しゲノムのクローンさん :01/12/27 23:45
DNA ResearchってどうしてIFがついていないの?

80 :名無しゲノムのクローンさん :01/12/27 23:48
遺伝学雑誌ってIF1越えたの?

81 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/28 01:30
>70

失礼ですが、そういうレベルの低い話ではないのです。
既に世界に伍しているラボです。
敵もボス同志は知った顔どうし。表の顔は仲良しです。
それでも競争はあるのです。
そしてこちらは日本で孤軍奮闘、あちらは大ボス以下ファミリーを形成している。
日本から出してもreviewは必ずアメリカのファミリメンバーのどこかに行きます。
むろんファミリーの力で我々は常に不利にされます。
完全ぶっちぎりに早く投稿しないと、なかなか勝てません。

世界の最前線にいるラボほど、
アメリカ軍に対抗できるスピードアクセプトの雑誌が欲しいのです。
のんびり粘ってなんかいたら、負けて出すところが無くなるだけなのです。

82 :アフォ私大助手へ:01/12/28 13:13
とりあえず、「俺はいま論文を書いているんだ!」とか
会うたびに言うな。いつまでたっても学会誌に公表してないだろうが。

別刷りでもくれたら研究していることを認めてやる。

83 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/28 13:23
>>81
でも負けてるわけだから「世界に伍しているラボ」とは
誰も思ってないだろ? お前さん以外は(藁

84 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/28 13:26
>>81
CNSに出してアメリカのラボと鍔競り合いしてるのなら
ともかく、GTC 出しても誰も引用しないような気がする。

85 :縞栗鼠(シマリス)の親方:01/12/28 13:32
吉祥寺にある大検・大学受験予備校の中央高等学院
ここは、完全に狂ってる。
授業料は一年分一括前払いなので、
金が入れば、生徒は要らない
金を振り込んだら、何とかその生徒を辞めさせようと
講師どもが、あの手、この手でイヤガラセをしてきますね。
セクハラはもちろん、脈絡の無い罵倒は日常茶飯だね。
酒臭い講師もいるし・・・ 人生の最果て中央高等学院
http://chs-f.com/index.html 中央高等学院福岡校
学歴詐称、経歴詐称、デタラメ授業、
http://www.chuo-school.ac/

86 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 17:35
雑用で忙しすぎるヲレにとっては毎年なにかしら業績らしきpaperをヒネリ出すための
貴重な存在。>日本の英文雑誌。

必要不可欠。みんな馬鹿にしないでくれ。>J.Biochemistry, Cell Structure and Function, Development Growth and Differentation, BBB

87 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 18:29
83は現実の深刻さをわかっていないと思われ

88 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 20:22
>>87
全くもって禿同。
日本にも留学中のコネで米国の大ファミリー入ってる人は
いるから白人vs黄色人という図式じゃなさそうだけど。

89 :63:01/12/30 21:09
2日前、栄食の英文誌J Nutr Sci Vitaminから返事が来た。Rejectだった。
始めて日本の国際誌に投稿したが、アメリカやヨーロッパの雑誌よりも
レフェリーのコメントはしっかりしてると思った。しかし、細かい指摘
が多いような気がする。

90 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 21:42
欧米のインパクトファクターの高い雑誌に投稿すれば、
きちんとしたコメントは期待できるし、科学的にも
勉強になり、なるほどと思う。
Rejectであっても論文の改編に役立つ。

IFの低い欧米雑誌に投稿すると、とんでもない
コメントがつけられてくることがある。役立たない。

一方、日本の雑誌に投稿すると、あら探しのようなコメント
が多い。それはそれでいいんだけど、本質的に役立つという
ようなコメントはあまりない。

91 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 22:37
GTCって、
分子生物学会のお偉方が集まって
かなり強気に創刊したし、
とりあえずのIFは高いけど、
結局、その先生たちもイイ結果は
GTCに出さず、もっとメジャーなジャーナルに出しているよな。

たしかにそこのラボからも発表はされてるけど
なんだか中途半端な「学位駆け込み寺」的論文ばかり。

これならIFでは劣るけど、
国際性ということでFEBSやBBRCに出すよな。

92 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 23:14
GTCって半端データなのにフルペーパーに
無理やり仕上げたってのが多い。
そして、そういうのは大抵日本の大御所ラボから
だったりする。

93 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 23:21
>63
厭味で書くのではないですが、JNSVに却下される事あるんですね。
栄食に影響力ある大学とかなら、簡単にパス というイメージ。

94 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 23:25
>90
レフリーに「本質的に役立つコメント」なんて期待するな。
そんなにレベルの低いラボにいるのか?

>92
本当の大御所ラボはGTCなんかに投稿しない。

95 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 23:28
>>93
一応専門誌だから、こうるさい専門家がいたりする。

96 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 01:06
>94
コメントのよしあしというのはやっぱりジャーナルの
レベルと関係あると思うよ。つまり、レフリーのレベルの差。
つまり、日本の雑誌は、レフリーのレベルも低いということ。
言い換えれば、「研究評価」ができない。

97 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:01
international immunology とか海外の著名研究者に
審査を廻していたらしいが、評価が落ち着いてきて
仲間うち(日本)主体で廻すようになるとガタンと落ちた。

98 :63:01/12/31 08:11
93
残念ながら、影響力が全くない。何本か論文を読んでみて、データはたくさん
あるが、独創性にかけるようなものが多かったので、余裕かなあ、
と思ったのですが。。あまってたデータをいじくって書いたので、
ショックはないですけど。。


96
日本の雑誌はレフェリーのレベルは低くないと思うよ。
細かい指摘が多いけどね。欧米の雑誌の方がもっと大雑把。
いい論文が少ないのは、日本人はいい研究をしたら、海外の雑誌に
投稿するから。

99 :93:01/12/31 09:23
>98 独創性にかけるようなものが多かった
そのとうりで、他の人が発表した内容を餌だけかえた
などのパターンが多い。

100 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 20:35
PCPマンセー。
めざせ、IF 3!!

101 :100:01/12/31 20:36
あ、、100だった。。

102 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 01:57
GTCのIFがそこそこ高いのは、91や92の言うとおり
日本の分生系の大御所ラボから投稿された「格落ち論文」を、
同じラボから出る論文で出来るだけ引用するように
強く指導しているからだよ。

IF上げるには、
その雑誌に載っている論文の質を上げるのではなく、
その雑誌に載っている論文がどれだけ引用されるかだからね。

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 10:53
>102
確かにそのやり方で5くらいまではあげられるね。
二桁とかになると苦しいだろうけど。

104 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 11:44
頑張ってるんだ みんな頑張ってるのにそんな言い方はないだろう 全て汗と涙の結晶だよ 頑張ってる人を傷つけちゃいけない

あれ?狂牛板じゃないのか?

僕は研究者じゃないけどCNS以外は論文じゃないな 一般人の普通の感覚として

税金使って研究してる奴は3年に1報CNS出さなければ強制的にくびにして下さい

特に日本の雑誌はいらない アメリカ マンセー

105 :名無しゲノムのクローンさん :02/01/01 19:40
>>104
煽るのヘタすぎ。
もう見てらんない。
104は大学紀要にでも投稿してなさいってこった。

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 20:37
>>104
CNSが全部アメリカの雑誌と思っているんかしら?
それはそうと、一般の普通人がCellを知っているんかねえ。

107 :>106:02/01/02 15:49
俺の親父はリーマンだったので生物学系英文雑誌の善し悪しなど知りもしないと思うが
自分の論文が出るたびに、仏壇に別刷りを供えていますが、、、、。

108 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/02 16:09
>>98
まさかえさだけ変えた、てことはないんでしょ?
落穂拾いも大切だからね、少しくらい独創性にかけても、
明らかにしたことがはっきりしていれば大丈夫なんじゃない?
自分でも自信がなくて、なんかこんな結果が出たんですけれど、
では採ってくれない。
わかりやすく、このような意義がある、と言うところを強調してみたら?

109 :98:02/01/02 21:17
108さん
アドバイスありがとう。肥満を扱った論文なんだけど、活動量だけで食事のことを
全く書かなかったことがミスです。他人のデータだから仕方ないか。。
栄養学の雑誌なんだから、いくらなんでも
通らんわな。Int J Obes落とされたので、すべり止めと思ったが、落ちてしまった。。
自分では独創性はあると思ってるよ。落ち穂ひろいじゃないよ。
また、健康科学のジャーナルにだします。よかったら、サマリーを送ろうか?メアド書いておくね。

110 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 13:57
栄養学やってる研究者って、女子栄養大学とかの子牛の公募とかに出すの?

111 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 14:05
>>107
新聞に紹介されるような論文書いてみそ。
俺の親父もリーマン(存命中)だが、自分が載った新聞記事のコピー
見せたらようやくこの稼業を理解してくれた。
それまではヤクザ扱いだった(藁

112 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 14:10
それよりも早く嫁を貰って墓前に報国すべし>107

113 :109:02/01/03 14:38
110
そうですよ。いまもひとつ短大に出してる。女子栄養大は名門だと
思うよ。でも、こんなところのは公募よりもコネ。管理栄養士
の先生方は近所のおばちゃんレベルの人が多いよ。

114 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 14:44
>1905年にイギリスのホプキンスが、シロネズミを三大栄養素(糖質<炭水化物>、タンパク
質、脂肪)だけの飼料で飼育したところ、まもなく全部死んでしまいました。そこで飼料にミルク
を加えてみたところ、シロネズミは体重が増加し立派に成長しました。この実験からホプキンス
は、「ミルクの中には微量の副栄養素が含まれている」と結論づけました。この研究後、世界中で
ビタミンの研究が始まりました。

>113
じつはホプキンスの実験って再現性が無かったって、本当?

115 :108:02/01/03 22:17
>>109さん
もう締め切っちゃいました?
メール出しても届かないんですけれど。
当方、捨てアド持ってないもので。
>>113にも同感。
そのうちどっかの面接で会うかもしれませんね。
>>114
実験結果自体の再現性はあるのじゃない?
ホプキンスの実験系で再現性があるかどうかは知らない。
それより、ノーベル賞をもらったのはホプキンスでも、
鈴木梅太郎のオリザニンはホプキンスより前だし、
それ以前でも海軍の高木総監による「脚気食事説」がありますよ。

116 :109:02/01/04 09:10
114さん
ビタミンの研究はもっと古いですよ。船員の多くが脚気になることは、もっと
古くから(具体的な時代は知らないが)知られてました。船員が白米を主食
にすると脚気になり、玄米を食べれば脚気にならなかったり。
森鴎外なんかもドイツに脚気の研究にいったのでしょう。当時は栄養学
は花形の分野だったろうね。現代教養文庫から出てる『エピソード科学史』
にも詳しく出てたような。

115さん
stonecoldtaka@hotmail.comです。

117 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 10:13
>>116
鴎外は脚気細菌説ではなかったっけ?
日露戦争で陸軍が大量に脚気患者を出した張本人。
栄養学軽視は昔も今も。

118 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 13:35
日本の英文雑誌にreviewを書きたいときは
どのようにお願いすればいいのでしょうか?
大学院から続けてきた仕事をポス毒まで続けて
10報ぐらい書いています。
直接の師匠は学会にあんまし顔が利かないみたいで
いまいる研究室の隣には学会誌のエディターやっている教授が
いるんですけど、なにかの機会に口頭でお願いしても大丈夫でしょうか?

いまのテーマが論文にまとまるのに時間がかかりそうで、reviewでいいから
publicationを増やしたいっす。

119 :109:02/01/04 18:02
117さん
あのころの主流はそうでしたね。鴎外もそのひとりです。ビタミンが次々と
発見された前世紀初頭は食糧難もあって花形分野だったと思うよ。それと、
細菌学も。

120 :109:02/01/04 23:28
ついでにいうと、むかしは栄養失調で脚気が致命傷になったことも多かったが、
今日の日本ではまずない。逆に飽食の時代で栄養学のキーワードのひとつは
肥満です。とくに肥満者の多い欧米では。
レプチンが発見されて、肥満における遺伝子レベルでの研究がさかんにおこなわ
れているし、肥満の治療薬なんかも開発する動きがあるようだ。医学では
ホットな分野のひとつだよ。オレは好きでないけどね。

121 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 22:21
>all

正直に答えて下さい。
あなたが投稿しても良いと思う最低ラインの研究雑誌をあげて下さい。
研究の進み具合には運もあれば波もあり、流行もあります。
でも科研費申請書には「過去5年の業績リスト」とあり、コンスタントに業績が無いといけない場合があります。

私の場合、J. Biochemistry, FEBS letterには出すのが当然だと思いますが、やむ終えなければ、BBBやProtoplasmaもよし、とします。

122 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 14:44
Cytologiaが最期の砦

123 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 15:01
いや、というか
>J. Biochemistry, FEBS letterには出すのが当然だと思いますが
このあたりって既に最低ラインじゃないの?

124 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 16:20
FEBS letterに落とされて、Physiologia Plantrumに通ったよ(藁

125 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 16:53
>121
JBC

126 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 17:12
Molecular Medicine

127 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 17:29
>126
日本語だよね。俺も書いたことあるから知ってる

128 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 23:36
少し前の実験医学のレビューって、英文要旨を付けてなかった?

129 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 20:27
実験医学の「海外ラボ独立編」を読んで、お気楽に研究留学しちゃう奴もいるんだろうな(藁

130 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 00:07
壮快

131 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 07:39
>129
ああいう特集は百害あって一利なし。
たんなるあいつらの自慢話だろ。

132 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 13:44
>>121
J. Appl. Microbiol.

133 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 18:23
http://www.iam.u-tokyo.ac.jp/JGAM/general.htm

Journal of General and Applied Microbiology

平成13年度事業計画

T. 研究助成

 分子細胞生物学研究所と共催でセミナ−、講演会、コロキウム、研究発表会

 などを 開催する。

U. 文献の刊行

  広く国内、国外の微生物研究者から寄せられる研究論文を、「The Journal of

General and Applied Microbiology」に掲載して、広く国の内外に頒布し

 微生物学研究の普及を図る。

V. 微生物菌株の受け入れおよび頒布

前年度に引き続き、微生物株ならびに微細藻株を受け入れるとともに、需要

 に応じて広く頒布する。

W.微生物菌株カタログの頒布
1998年に新しく刊行した“IAM Catalogue of Strains”(2nd Edition) の

 頒布を続行する。

X. シンポジウムの開催

  前年度に引き続き、分子細胞生物学研究所と共催で「第5回 分生研シンポ

 ジウム」を開催する。

Y.バイオテクノロジー懇談会の開催

 前年度に引き続き、分子細胞生物学研究所と共催で「第16回バイオテクノロ

 ジー 懇談会」を開催する。

Z. 若手研究者に対する研究奨励

  1)国際学会への出席費用を補助する。

  2)分子細胞生物学研究所研究発表会において、優秀者に奨学金を授与する。

134 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/20 22:38
まあ、卒業研究や修士で英語論文を出すのは学振盗るのに重要だから、日本の英文研究雑誌も悪くないよ

135 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 18:30
BBBで学位を採るのは、とてつもなく恥ずかしい。

136 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 18:47
栄養学や食品工学関係の分野では英語論文がそもそも珍しい。
IFなんてだれも知らない。

137 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 12:39
Plant Cell Physiolマンセー!

138 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 12:58
Zoological Scienceはみなさんご存知?

139 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 13:07
>>138
うーむ、しぶい。
これで学位とったやつ灯台にイパーイいます。

140 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 13:12
>139
重宝な雑誌だよね。
おれもこれで学振DC1とおらせてもらった感じだし。
コネでのし上がっていくには外せないコミュニティーの雑誌って感じ?

141 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 13:20
そ。結局みんなCNSとか言ってるけどさ
けっこうZだけでも助手になれちゃうんだよね。

142 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 13:25
そう考えると質より量も重要ってことにもなる
0はどうがんばっても0だが
10あれば10あるっていえるからな

143 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 17:35
大学院に10年もいて1報もない奴って、どうよ?

144 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 17:43
もっと早く気づけ!
 って感じ?>143

145 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 19:05
Zool Sciに出すってことは、皆さん理学部2号館ですか?

146 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 19:20
・・・いちお、ZSは国際誌だから・・・・
2号館って事はないんじゃない?

147 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 19:20
Genes Cells で博士とった、皆に慰められた(陰でバカにされてる)
とてもむなしい・くやしい・やるせない
一生の恥だ、絶対に業績集には入れない

次は必ずMCB以上の雑誌に出す!!俺は心に誓った

148 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 19:24
学生のうちの業績なんて、研究生活のうえではあまり大きなものではない。
学生のうちに得たことは糧になるとは思うけど。

149 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 20:42
ねえねえ
GenesCellsッテそんなに簡単にacceptされるの?
BiolPharmBullやJBより簡単ってこたあないだろ?

150 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 20:52
Genes Cellsって何学会の雑誌?

151 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 21:11
>>150
分子生物学会


152 :最近の若い者は、、、:02/02/06 23:16
院生の間に1報しか書かずに、博士号取得というのは実に不幸だ。

153 :東犬烏賊研:02/02/07 01:31
え?博士号を採るのに査読誌に論文を出す必要あるんですか?

154 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 03:01
>>147

Plant Cell Physiolで学位を獲る奴より、いいだろ〜

155 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 09:12
>149 GenesCellsッテそんなに簡単にacceptされるの?

載ってる論文のレベルで判断すべし(抗体作り、電気泳動、in situだけで載ってる)

FEBS・BBRC・Mech Dev・Gene以下なのは確か DGDやJBより少しましな程度
(日本人の生化学者や発生学者ならJB・DGDの方を選ぶべき)

第一、まともな外人が「載せない・読まない・引用しない」の3拍子そろってる
日本人・アジア人・3流欧州国人の名が並ぶのは糞雑誌の証拠
科学の世界はアメリカ・イギリス(アングロサクソン)が全て 他は全て糞
一流ラボではMCB・JCB・JBC・Developmentクラス以下の雑誌は引用の対象外
これは世界の定説です

JCRで調べてみたら?

156 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 12:58
155
少し言い過ぎでは?というよりも、無知。
画期的な「抗体作り」なら、あなたのいうような雑誌にも載るだろうね。
それと、コッホ=ドイツ人、パスツール=フランス人、フレミング=スコットランド人
ちょっと、思い付いただけでも、偉大なアングロサクソンでない科学者がいるよ。
他にも、アインシュタイン、ボーア、ラマルク、キュリー、シュレディンガー
ライプニッツ、ベルナール、メンデル、ガリレオ、コペルニクス、デカルト
(以下多数)といます。




157 :156(追伸):02/02/07 13:02
155さん
たぶんあんたが尊敬してやまないと思われる「ノーベル」先生は
ご承知だろうけど、スエーデン人だよ。

158 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 13:09
でも、G2Cが糞なのは当っている。

159 :155:02/02/07 14:08
156=157さんへ

現時点での科学の中心はアングロサクソン!!!
ノーベル好きなあなたは自分の論文をScandinavianなんたら言う雑誌に載せたいか???
Americanなんたら とか Britishなんたらの方がいいに決まってる
Japaneseなんたらは、全く評価されない
ウソだと思うならCanadianなんたら、Korean何たらとか Indian何たらとか African何たらにCell級の仕事を投稿してみな
たとえIFがいくら高くなろうとアングロサクソン由来の雑誌は全て糞
最近のNature・Cell姉妹紙の繁栄を見よ!!科学のアングロサクソン支配は永遠だ!!!

160 :155:02/02/07 14:13
159の”アングロサクソン由来の雑誌は全て糞 ”

”アングロサクソン以外の雑誌は全て糞”
に訂正
アメリカ・イギリス万歳 !!なんでもしますからCNSに載せてくだせえ!!

161 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 14:32
しかしpeer reviewという点から見るとG2Cは確かに
Impact factorではEJBを上回っているけど、EJBよりも
簡単に通るので論文のレベル(質)はしたかも知れない。
だが、JB(日本生化学会)よりましなのではないか?
誰かコメントしてくれ。

162 :158:02/02/07 14:36
そう熱くなりなさんな。「現時点での科学の中心はアングロサクソン」
かもしれんけど、「科学の世界はアメリカ・イギリス(アングロサクソン)が全て 
他は全て糞 」ってことはなかろう。
それに科学ってもんはもっと心に余裕と遊びもってするもんだよ。自分の
研究に自信があれば、別にCNSと叫ぶ必要はなかろう。他人からチヤホヤ
されたいがためにするもんじゃないしね。
自慢じゃないが、5年ほど前Scandinavian J Gastroenterolに落とされたよ。
北欧の雑誌は特徴があっておもしろいのがいくつかある。あと、
Analyst (フランス)、Eur J Physiol (ドイツ)なんかはいい雑誌だよ。


163 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 14:42
JBは遙かに厳しいよ
G2Cは根本的に査読無し(日本人のEditorにナシつけるだけ)
噂では採択率限りなく100%
(投稿論文自体集まらないのでなんでも載せる)
今は薄々だけどIF=4の効果で卒検レベルの論文で電話帳化
IF=1以下に急降下→投稿激減→てこ入れもむなしく廃刊
まあもって5年だな

164 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 14:49
162>科学ってもんはもっと心に余裕と遊び

そんな余裕はない 競争的環境の整備 任期制・ポスドク制による流動化 大学発ベンチャー

今我々に要求されていることはCNS出すか新産業を生み出すことだ!!!
それ以外の研究者は必要ないというのがグローバル化であり、国家の方針だ

CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!

俺は必ずCNS量産して教授になってポスドクを顎でこき使い
凄い成果を上げて科学の歴史に名を残してやる!!!

CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!

165 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 14:57
G2Cそんなに査読甘いの?採択率高いの?
それならいまのうちに論文だしちゃおうかな?


166 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 14:58
でもJBのほうが厳しいと言うのもなんか符に落ちないものがあるな
どうせ糞ならずぼずぼ通してくれればいいのにと心から思うぞ





167 :158:02/02/07 15:01
そういう懐のない連中が主流だから、日本の科学は「職人の世界」
でいつまでたっても欧米に勝てないんだろうな。まあ、164さんが
「CNS量産して教授になってポスドクを顎でこき使い
凄い成果を上げて科学の歴史に名を残す」ことはないだろうけどね。


168 :163:02/02/07 15:18
>G2Cそんなに査読甘いの?採択率高いの?

実例:

院生XX「2年間掛かった成果なんですし、何とか欧文ペーパーにしたいです」
中ボス「わかったとりあえずM&Mとかまとめてね」(こんな二番煎じ、どこに出すんだよ)
院生XX「出来ました」

中ボス「XXくんの論文ですが一応XXに投稿しようかと・・・」
大ボス「あれは無理だろう・・・知り合いがG2CのEditorやってるからG2Cでどうだ」

中ボス「G2Cにしよう」
院生XX「嫌です」
中ボス「学位審査も迫ってるし、リジェクトされると大変だよ」
院生XX「嫌です」

中ボス「G2Cは嫌だそうです」
大ボス「XXくんよんでもらえる」

大ボスとXXくんの面談

涙くんでるXXくん、2週間後に「G2Cて以外にいい雑誌だよね、
日本人が日本の雑誌に出すのは変じゃないし」
誰も聞いていないのに必死に自分に言い聞かせるXXくん

優秀院生「G2Cて俺もいい雑誌だと思うぜ」
XXくん「ありがとう」

XXくん帰宅

優秀院生「G2Cって糞雑誌だよな、XXもこれから苦労するぜ」

分子生物学会

中ボスの知り合い「G2Cだしてたね」
中ボス「まあ分生にもちょっと貢献しとかないとね」

XXくん「ポスドクか就職先の紹介お願いできますか?」
大ボス「うーんG2C1報ではむずかしいなあ」

XXくん「二度とG2Cなんかに出すものか!!! 今に見てろ」
---------
けっこう、人を育てるいい雑誌(反面教師)のような気がしてきた

169 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 15:23

誤り:涙くんでる
正しい:涙ぐんでる

170 :158:02/02/07 15:26
163さん
分子生物の分野のことはわからんのですが、学会誌というより、
紀要の世界ですね。

171 :163:02/02/07 15:39
158>でも、G2Cが糞なのは当っている。
170>分子生物の分野のことはわからんのですが

158=170???
理解不能

まあG2Cが紀要とは言い得て妙です。
みんな本音では出したくないのに持ち回りで無理して載せてるんです。
完全な国内誌です。
自分は1stではBBA・BBRC・Geneクラスがメインのダメ研究者ですが
G2Cにだけは出したくない 明らかにレベルが数段低い
IFが上だからといって、鼻ふくらませてるバカには
「ちゃんと国際誌に出せ」と言ってやりたい

172 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 15:47
168>
誤り: 以外に
正しい:意外に

173 :166:02/02/07 15:50
166>163(=171)

いままで私はJB研究者といって馬鹿にされて来ましたが
JBでも通そうとするといろいろどうでもいいいちゃもんが
ついてフラストレーションがたまってました
そんな私をG2Cの人が馬鹿にするのは我慢ならなかったのですが
IFが倍近く上なので我慢していました。
でも生か学の分野でJB一報でも、いい内容の論文なら就職は
なんとかなることもあります。私がそうでした。

174 :158:02/02/07 16:02
171さん

158=170で間違いないよ。5、63も私。ここのスレにたくさんカキコ
してるよ。分子生物学の世界は医学部よりも拝IF主義ですね。オレ出は、農化
だから。別にG2Cに目くじらたてる必要もないんじゃない?

175 :163:02/02/07 16:05
166=173さんへ
分子生物学の世界ではG2Cでは国内ポスドクもいいとこへは行けません
なぜならいい論文が載らないからです。
JBにあわやJBCと言うレベルが載るのとは大違い
G2Cは逆立ちしてもMCBやG&Dなんかにはのらない論文であふれてます。
G2C載せて威張ってるのはアホ馬鹿間抜けですね
心配無用、再来年にはJBのIFの方が上になりますよ!!
雑誌自体無かったりして(藁

176 :166=173:02/02/07 18:07
166=173 > 163 (=175)
なんかJBを少し誉めてくれてどうもありがとう。
でもまあだからといってJBのIFが3や4を超えることは
なかなかありえないとは思うのですけど!
peer reviewを厳しくしていてもそれだけで雑誌の質が
良くなるわけではないですが、日本の雑誌で質が高いものが
できるといいと心から思います
でも、今度は国際雑誌にちゃんと出そう!


177 :158:02/02/07 19:39
176
一流雑誌でもIFが3-4って多くない?思い付くだけでも(化学も含む)
J Bac, J Nutr, Am J Physiol, Appl Environ Microbiology, Clin Chem,
Am J Epidemiology, Am J Geriaristic SocietyJ Chromat, J Org Chem,
Tetrahydronなど、その分野のトップ雑誌もある。

オレもあなたのいうように、IFをあげることが目的で仲間内で引用をしあう
雑誌より、少しくらい低くとも伝統がある、その雑誌の論文を読んで自分も
いつか載ってみたいところに投稿するよ。余計かもしれんけど、オレの目標は
Lancet, JAMA(査読まではいった)、Gutだよ。

178 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 19:45
>一流雑誌でもIFが3-4って多くない?

そんな雑誌一流とはイワーン
生態だろうが微生物学だろうが疫学だろうが
一流の研究なら全てCNSに載るはず。分野のせいにしてはイかーん!!!

CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!

>IFをあげることが目的で仲間内で引用をしあう
これこそIF=3台の糞雑誌の正体!!!

CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!

179 :158:02/02/07 21:34
178さん
もちろんギャクですよね?それともちょっとおかしいのかな?

180 :元合成屋:02/02/08 00:55
>>177
専門雑誌は時代の流行り廃りでインパクトファクターが
動き易いから、一流誌でもIFが低くなることもあるだろうね。
それと、細かい突っ込みで恐縮だけど、
TetrahedronとJ.Org.Chemを一流と思っているケミストは
いないと思うよ。
生化学、分子生物学に例えると、J.Org.Chem.はBiochemistry、Biochemical J.
EJBくらい、TetrahedronはBBAクラスだと思う。
J.Org.Chem.に出せたら、それなりにウレシイけど、
「オ〜、スゲエ」って感じでもないと思う。
Tetrahedronだとまあ、いいかって感じ(笑)。
もともと、合成屋は速報誌でいくつか出しておいた物に、
ほんのちょっとデータを継ぎ足してフルにして論文を稼ぐ
というのが当たり前なんだけど、Tetrahedronは、まさに
そのために存在するような雑誌だった。
長文失礼

181 :158:02/02/08 09:13
そうですか。尊敬してた天然物有機の先生(故人)が、よくTetrahedronに出してたもので。
でも一流の定義を厳しくすると、この分野ではJACS位しかないのでは?


182 :180:02/02/08 10:03
>>181
JACSは間違いなく一流誌。あとは、Angew.Chem でしょうか。
JOCを一流誌にしてしまうと、日本の半分以上の有機のラボは
一流誌に載せたことがあるという感じになってしまうので、
自分自身を振り返っても、やや抵抗を感じる(笑)。
化学分野でも、ナノチューブとかではN、Sに載せているところもあるし、
化学人口はどんどん減って来ているので、化学の一流誌(特に有機化学)は
JACSとAngewで十分ではないかと思う。


183 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 10:15
化学屋さん来ないで

184 :180:02/02/08 10:16
今は生物屋ですよ

185 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 10:19
>180
「生化学、分子生物学に例えると、J.Org.Chem.はBiochemistry、Biochemical J.
EJBくらい、TetrahedronはBBAクラスだと思う。 」

この解釈の根拠は?


186 :158:02/02/08 10:33
Biochemistry、Biochemical J、EJBは一流誌にいれてもいいのでは?
少なくともコンスタントにこのクラスに出してる人に対して二流とは
呼べないだろう。したがってJOCも一流と私は判定。
TetrahedronはBBAクラスというのは同意。1.5流だな。
どっちともELSEVIERの速報誌だったかな。
残念ながらBBAの論文を読んだことがない。オレは分析関係はよく読むよ。

187 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 10:37
>>185
もちろん、絶対的な根拠はないけど、
合成屋の場合、まずJACS(ものすごい全合成や反応触媒を
開発したときはN, Sも考える)を目指し、蹴られたら
JOC、それでもダメならTetrahedronという流れがある。
分子生物や生化学で、専門誌で一流誌がなければ、まずJBCを
基準にして、だめそうなら、Biochemistry、Biochemical J.
EJBを考え、ここで留まりそうもなければBBAという流れがある。
少なくとも、自分や自分がかつて所属したラボではそうだった。
もちろん、生物系の場合は、中堅所の専門誌が多いから、
分野によってはオレの考えているようにはならないかもね。


188 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 11:01
>186
それは同意できんな。
生化学分野で言うと、JBCは一流紙(80年代までは最高ランクだったけど、今は衰退の一途)
Biochemistryは物理化学っぽい内容だとまあ一流紙にカウントしても許す。
しかし、Biochem J & EJBはやはり二流紙だよ。
ま、JACS=JBCっていう評価はある意味当たってるとは思うがね。

189 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 11:05
179>もちろんギャクですよね?それともちょっとおかしいのかな?

有機合成でも考古学でも科学で一流ならCNSに載るはずだ

CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!

BBRCやEJBを10000報出そうがCNS1報には勝てない

CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!
CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!CNSが全て!!!

190 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 11:26
CNS1報のみより
EJBクラス100報のほうがいいでしょう・・・

191 :180=187:02/02/08 16:14
>>188
そうだよね。EJBやBiochemical Jを一流誌にすると、
JBCが超一流になってしまう。
EJBやBiochemical Jは、昔からJBCの受け皿という役割だと思う。

>Biochemistryは物理化学っぽい内容だとまあ一流紙にカウントしても許す。
これはどうだろう?オレの知ってる物理化学や生物物理系のところは、
JACS or JBC(内容がどちら向きかによる)、
蹴られてBiochemistryかBiophys. Jというのが一般的だった。
物理化学や生物物理系でも、Biochemistryを一流って考えてる人は、
結構少ないんじゃないかと思う。

>>189
>有機合成でも考古学でも科学で一流ならCNSに載るはずだ
Cは無理だろ。畑が違う。



192 :158:02/02/08 16:30
オレは分野が違うので、口をはさむのはおかしいかもしれんが、一流の
基準をどこに置くかだと思う。野球選手でも3割、10勝を一流とするか、
松井、イチロー、佐々木クラスのみが一流とすると、
その他多くは二流以下ということになる。

193 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 18:06
考える限りの上限、5%くらいが1りゅうかな?


194 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 18:25
>193 考える限りの上限、5%くらいが1りゅうかな?

インパクトファクターの対象誌が約9000誌とすると
一流は450誌

そんなにあるか?

とりあえず生物系では

CNS以外は一流ではない

CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!
CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!
CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!
CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!
CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!CNSがスケベ!!!

195 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 20:13
生物に限れば、CNSが1竜だが・・・
それがまぐれの1本じゃ駄目だろ?
CNS以外に出して論文稼ぐことも研究者としては必要だし。
そりゃぁ、がんがんCNSに出せればそれが一番簡単な1竜だけどよー

196 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 21:57
上の方でずいぶんけなされてるG2Cって
弁護する人が出てこないって事は
くそ雑誌決定ですか?

197 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 22:07
要するにハズレくじ引いた日本の院生を成仏させるところだよ。
糞というのは気が引ける・・・その種の雑誌の中ではトップだから。

198 :名無しゲノムのクローンさん :02/02/09 01:13
最近はJACSも落ちぶれた。何しろJACSはアメリカ人の糞論文を優先させて載せるから。
あまり化学系雑誌に詳しくない人は気をつけて。
Tetrahedronは漏れも論文載せたことがあるが、これは確かにBBAクラスだな。
数を稼ぐためにある印象が否めない。化学屋なら最低JOCクラスの論文は持っていたい。

199 :180:02/02/09 03:10
>>196
上で誰かが言ってたけど、G2Cは学術ジャーナルというより、
紀要という性格。仲間内で引用しあうから、インパクトファクターも
高くなる。JBは、まだ学術ジャーナルの役割を果たしていると思う。
双方とも出したことがないけど、自分が目を通した限りでは、
JBの方が仕事としてきちんとしているのが多いって感じがした。
だから、G2CはJBよりも下って意識がある。

>>198
JACSについては、昔からアメリカ人優先だったよね。
最近はマジメに目を通さなくなったから、自分の目で
全て確認したわけではないけど、weeklyになってから、
アメリカ人優先傾向に拍車がかかったって聞いたことがあるよ。
それに比例して、ヘタレ論文も増えていったってね。
そういうところも、JBCやPNASに似ているかもしれない(笑)。


>化学屋なら最低JOCクラスの論文は持っていたい。

その通りだと思う。これをコンスタントに出していれば、
「有機化学の研究やってます」って言える。

200 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 09:21
興味深いスレ発見。
オレが知ってる日本の英文雑誌(出したことはないが)。
JBとG2Cはこれまでに語り尽くされているので、それ以外ものについて書く。

Chem Pharm Bull(日本薬学会のジャーナル)
しょーもない医薬品化学(構造活性相関とか薬理)関連の研究が主。
合成とかもある。
日本人以外は、中国やアジアの国から投稿。
薬学系の学位に切羽詰まったらここ。
製薬企業の論博の御用達。
昔は薬学会の会員でないと投稿できず、投稿すると
姉妹誌のBioi.Pharm.Bullとともに購読を強制された
(今は違うらしいが)。
仲間内で引用しあうので、インパクトファクターが1もある。
Bioi.Pharm.Bullはそれすらされないので、インパクトファクターは
生物系であるにもかかわらず0.7くらいである。
<実例>
TL×→Chem.Pharm.Bull
J.Med.Chem.×→Chem.Pharm.Bull

BBB(日本農芸化学学会)
農芸化学の学位取得の際の駆け込み寺。
今の時代でも、ホモロジーを利用したクローニングで
出て来たcDNA配列だけで載せてくれる、貴重な存在。
<実例>
EJB×→FEBS×→BBA×→BBB(2本)→学位:ウマー
J.Bacteriol.×→JB×→BBB
JBC×→Biochemical J×→BBRC(2本に分けて、1本通る)
→BBB(残りの1本)→学位:ウマー

Zool.Sci.(日本動物学会)
何でもありの雑誌。
オレが理解できる範囲(生化学・分子生物)だけで話を進める。
雑誌の特徴ゆえか、組織染色のキレイな図は多い。
しかし、使っている抗体が5残基のペプチド(!)に対して
作った、しかもポリクロで免染して、特異性がイマイチとか、
ノーザンでバンドが明らかに複数あり、それがダンゴのように
見えるにかかわらず、「バンドは一本」というのがあって、
データの信頼度はあまり高くないものも多い。
それと、対象とした意義が全く不明な動物(本文にも言及されてない)が
わんさか出て来るので、そういうのが好きな人は読んでて
面白く思えるかも(オレがそうだ)しれないが、言うまでもなく
投稿したいかは別問題。
職人芸的なデータの多いジャーナルだと思う。
インパクトファクターは0.7以下。
<実例>
Biochemical J×→BBA×→BBRC×→某専門誌(IF=2.0)×→Zool.Sci.
FEBS Lett.×→BBRC×→Gen Comp Endocrinol.×→Zool.Sci.
J.Neurochem.×→FEBS Lett.×→Brain Res.×→
某専門誌(IF=1.5)×→Zool.Sci.
→前に出してたBrain Res.を足して学位:ウマー

アナタはどの日本の英文雑誌が好き?


201 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 09:51
>>200

なかなか生々しい実例ですな。
念のため聞いておきたいんだけど、
>JB×→BBB
のJBは、JB、それともJBCか何かの打ち間違い?
(J.Bacteriol.×→JBとなっているから、JBCとかではないと思うけど)。

202 :200:02/02/09 09:55
>>201
JBです。
日本の英文ジャーナルにも序列があるんだと(当たり前なんだが)、
あらためて教えてもらえた事例だった。

203 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 09:59
でもG2CはIF=4あるから公募なんかでの足し算ではJBより有利かも
簡単に載るらしいし
おれG2C量産目指して見ようかなあ?
10報だしたらIF=40稼げるじゃん(= Cell,G&D*2, PNAS*4, JBC*5, or JB*20)
けっこう ウマー??

204 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 10:11
>>203
単純なIFの足し算で判断が下される公募は少ないと思われ。
しかも、G2Cのウサンクサイ実態は誰もが知っているし。
たとえば、10報のうち、3報くらいをG2Cで押さえ、
2本をJBC、MCBクラス、残りをBJ、EJBクラスなどで埋められている方が
アクティビティーが高く、日本の学術ジャーナルの発展にも
貢献しているとみなされて有利なのでは?

205 :203:02/02/09 10:44
G2Cたまに読むけど、データは甘いが発想的におもしろい仕事は載ってる気がする。
生化学と分子生物学の性格の差はあるけどG2CもJBも共に伸びて欲しいと思う
(日本の科学発展のためにも)

私感だがアイデア勝負では欧米人の土俵に持ち込まれると勝てない気がする。
体力勝負・丁寧な仕事・勤勉しか評価されないのは科学者として少し悲しい。

例えば分野のトップジャーナル跳ねられたら3流の国際ジャーナルでなく
潔く日本のジャーナルに出す(例:JBC→EJB→JB をやめて JBC→JB)
これだけで日本の雑誌はかなり伸びるはず(公表までの時間の無駄も減る)。

206 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 12:22
>>200
Chem Pharm Bullって、なるほど、そういうものだったんだ。

>>205
>例えば分野のトップジャーナル跳ねられたら3流の国際ジャーナルでなく
>潔く日本のジャーナルに出す(例:JBC→EJB→JB をやめて JBC→JB)
>これだけで日本の雑誌はかなり伸びるはず(公表までの時間の無駄も減る)

理想はそうだが、実際に自分が論文を出そうとすると、
どうしても日本のジャーナルに出すのは腰が引けてしまう(笑)。
ペーパーにするのを急ぐ場合は、JBC→JBかG2Cってする人も
それなりにはいるみたいだけど。
実は、学生のときは205と同じことを、漠然とだけど、考えてた。
でも、助手になって、学生がそれなりにがんばって
形にしてくれた成果は、少しでもいいジャーナルに
出してやりたいって思うし(その学生が修士で出て行ったとしても)、
自分の成果でももそう思ってしまう。
もちろん、学生の希望とレベルのギャップが
あることはしょっちゅうだけど(笑)。
だから、JBCは無理そうって思ったら、BJかEJBに出して
しまっているよ、オレは。
やっぱり、名前がある程度知れ渡っているジャーナルに
出しておく方が、なにかと都合がいいような気がするし。
オレみたいなのが、日本のジャーナルが育たない原因の一つに
なっているんだろうとは、何となく思うんだけどね。




207 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 13:24
Analytical Siencesはどうよ

208 :158:02/02/09 13:55
日本分析化学会誌だね。オレは日本の雑誌にしてはまずまずかなと思う。
方法論なんかはしっかりしてるよ。しかし、意義については疑問符が
つくものがおおい。そもそも分析化学は化学系の会社ならどこでも必要で、
何人かの専門家がいる。大学の先生よりも、凄腕の人がたくさんいるよ。
だから、雑誌のレベルは低くないと思う。
IFは1くらいでは。

209 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 14:26
日本育種学会の Breeding Science はどう?
和文と英文を分けたけど、良い方向に向かってるのかなあ。
園芸学会も、園芸学会雑誌をやっと和文と英文を分けるみたいだけど。

210 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 14:51
IFと内容が伴ってないのはあるよね。
ジレンマだなー

211 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 16:56
210さんへ
そういうときはIF気にしない方がいいです。
教授選(足切り・同レヴェル対決)くらいにならないと単純なIF合計は意味無いです。
いつも採用人事関係でIF集計係やってるので本当です。
必ずしもIF値が高い方が採用されるとは限りません(むしろ少ない)。
ちなみに私は技官なのでIFに興味ありません。

212 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 18:46
ここは脳について話せる掲示板だよ
http://jbbs.shitaraba.com/study/18/

213 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 23:12
>>200
Chem.Pharm.Bull.はひどい。内容が著しく低レベル。
それ、このあいだの××に載ってたじゃん!てな感じの、激しく銅鉄実験な結果
だけでも平気で載っている。見る価値「ほとんど」なし。数を稼ぎたい人向け。

ところで、PNASは相変わらずコネがないと論文載せてくれないの?


214 :>213:02/02/09 23:20
確かにChem. Pharm.Bullは酷い。でも、これ一本で
学振とれたやつ知ってるよ。

215 :200:02/02/10 01:01
>>213
PNASは、最近はcommunicatorなしで投稿できるように
なってるよ。どれくらいの確率で通るかは知らないけど。

>>214
オレはChem. Pharm.Bullの1st1本(セカンド以降では
ほんのちょっとマシなのが2本)で助手になったヤツを知ってる。

216 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 09:16
>>200
そういうレベルで学位を取った連中のその後はどうなるの?
サクサクとポスドク先をゲットできるのか?

217 :210:02/02/12 09:54
サンクス>211
おっし!いい研究するぞ!!!
運がよければCNSも狙ってみよう。

218 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 09:27
211 がイイこと言った。

219 :トーヘンボク:02/02/27 09:09
最低でもJBCじゃろー。JBCくらいにのっけておかんとグラントがあたらん。
うちでは、nature->J.Cell Biol.->PNASって順序で最後にJBCにいく。
JBCにも蹴られたらそのプロジェクトは中止。意味ないもん。ちなみにここは
アメリカ。

220 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 09:54
PCPやJBでも教科書に載ってる研究はあるけど。。まあ、アメリカだからね。

221 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 21:14
やっぱりPlant Cell and Physiology!!

222 :懺悔:02/03/06 09:28
またBBBに投稿し、アクセプトされました。
EJBには見向きもされませんでした。
FEBS Lett.にもフラれました。
某DQN専門ジャーナルには、さんざんオアズケを喰らったあげく、
捨てられました。
やっぱり、ボクの気持ちをわかってくれるのは、
BBBだけです。

やっぱり、君のことが大好きだよ、BBB!
もう他のジャーナルには見向きもしないって誓う!
だから、だから・・・・一度でいいからCNS、イヤ、
JBCに微笑んでもらえる喜びを味あわせてくれ!!

223 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 11:16
>222 その気持ちもわからんでないが、やっぱその程度の研究だと謙虚に思うべし

224 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 11:38
>>222
心配するな灯台にも兄弟にも、君のような仲間はたくさんいるぞ。
どうせなら、年間最多BBB投稿数を目指してみよ!

225 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 12:01
おいらもBBBに投稿中
でも、今書いてる論文はSに出す

226 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 12:56
灯台鏡台農芸化学ご用達雑誌BBB
除守になるには必須の雑誌

227 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 14:40
コレスポンディングオーサーってなに?

228 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 15:45
論文がねつ造データを含んでいる時に責任を取る人です

229 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 16:18
別刷や論文で使った試薬の請求が来た時に対応する人です

230 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/10 02:33
とりあえずいけてないっしょ

231 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/10 04:19
 Reviewre's commentの質はJBCよりJBの方がましという気がする。

 JBは細かいけちを散々つけてくるけど、読み違えはあまりない。
 JBCは、reviewerの読み違え(というか読み落とし)によるけちが多すぎ。
初めのうちは英語がまずいせいかと思っていたが、米国の共同研究者(native)と
一緒に書いた論文でもやはりそうなので、適当に読んでるのではないのかという
気がする。だから、JBCは、初めにpendingになればJBよりもacceptに持っていくのが
楽なような気がしている。
 
 Natureなんかはいつも門前払いなのでわからん(w

232 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 06:24
Zool.SciとBBBとChem.Pharm.Bullに名前の入った論文がある
私はDQNでしょーか?
共同研究の都合でこうなりました。
1stで最高はBiochemistry (JBC落ち)。
あとはBBRCが一つ、JBが一つです。
こんな私は、4月からアメリカでポスドクです。


233 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 06:34
>231
時間がないと(ほとんどの科学者はないわけだが・・・)、いい加減に
読んでるよね。日本人がfirstだと、ほとんど必ず語学面のコメントが
あるよね。たとえ1行も自分で書いてなくても。漏れの例では、その
コメントの文に5カ所の英語の間違いを見つけたことも!

234 :200:02/03/12 13:54
>>234
バラエティーに富んでいてよいかも

235 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 16:35
>>232
結構な数の論文もってるんですな。

236 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 18:00
たとえば
細胞を用いた生化学的な糞論文を書いてしまった時に
JB か CSF か ZS かで迷いませんか?
所属学会で決めるのかな。

237 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 07:53
>>236
JBに出せるならJB。あとは所属学会に属するものかな?
DQNなデータをDQN雑誌に論文にする作業も、
割と重要な作業ではと感じる今日この頃。
もちろん、いいジャーナルに出せるのが全然いいけど。

238 :232:02/03/13 12:02
>>235
そ、そうですか?あ、ありがとうございます。
我ながらレベルは低いと思います、ハイ。
でも、論文を書く基礎力(英語力とか論理展開とか)はそれなりに
身につけられたとは思います。
当初(今も大したことないけど)、DQNな英語力しかなかった僕を
粘り強く指導してくださったセンセー方には感謝です、ハイ。

239 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 09:41
日本の英文雑誌に蹴られた人っている?

240 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 07:46
日本科学界のために age

241 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/19 14:36
age again

242 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 12:26
祝:Zool.Sci.、Medlineへ登録!

243 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 14:37
再登録じゃ?

244 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 03:21
>242
数年前から登録されているやつはされているんですけど

245 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 04:13
>>244
それは自分で登録したやつです

246 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 04:47
>245
違いますよ。数年前まではZool.は全ペーパー取り上げられていました。

247 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 05:37
ま、とにかくこれで、Zool.Sci.のIFが1.0を越える日が
近付いたということで。

248 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 05:52
で、いつからなの?
まだみたいだけど。

249 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 06:00

動物学会会員各位


このたびNIHの1部門であるNational Library of Medicine(NLM)から動物学会に、
Zoological
ScienceがIndex MedicusおよびMEDLINEにインデックスされることが決定した旨の連絡が
ありまし
た。これによって、今後(第19巻1号から)出版されるZoological Scienceはすべて
MEDLINEで検索
可能となるばかりでなく、現在インターネット上で最もよく使われているオンライン文献
検索の
PubMedにおいても検索可能になります。すなわち、他のオンラインジャーナルの文献にお
けるリン
クからZoological Science掲載論文の書誌事項が見られるようになるわけです。動物学会
ではかね
てよりNLMに申請をしておりましたが、NLMのLiterature Selection Technical Review
Committee
によって論文の内容・質、編集の質、カバーする分野・地域などの多くの項目で厳しく審
査をされ
た結果30%以下の採択率という難関をくぐりぬけてこのたび採択されたわけで(この辺
の事情に
ついてはhttp://www.nlm.nih.gov/pubs/factsheets/に詳しく書かれている)、このこと

Zoological Scienceが大変高く評価されたことを意味しており、喜ぶべきことだと思いま
す。これ
はひとえに会員の皆様から多数の質の高い論文投稿をしていただいているおかげです。イ
ンパクト
ファクターも、1998年0.862、1999年0.864、そして2000年0.969、とここ数年上昇を続け
ておりま
すが、PubMedで検索可能になったことにより今後より一層インパクトファクターの上昇も
望むこと
ができます。また、Zoological Scienceのオンライン化によりインターネットを介して世
界中の多
くの利用者への便宜も図られることになり、購読者、投稿者の増加も望めます。我々は動
物学会の
活動にZoological Scienceの充実は欠かせないものと考えておりますので、会員の皆様方
には
Zoological Scienceを論文投稿・情報収集の場として、今後もこれまで以上に有効利用し
ていただ
きたいと願っております。

250 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 07:31
Medlineで引っ掛からない英文雑誌ってあるのか?


251 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 08:28
Cell Struct Functは前からindexされてるけど
IF 1切ったよね。

252 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 12:25
紙媒体のZoological Scienceは時々表紙の写真で盛り上がる。文鳥とか。
”いろんな研究してるんだねー”とか。研究内容は勝手に推測してるけど。

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)