2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

KOマウスとマイクロアレーって

1 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 01:43
KOマウス作りとマイクロアレーって皆やりたがる独創性のない
力仕事だと思うけどどうよ。

2 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 01:46
>>1
そのとおりです。

========================終了=============================

3 ::01/12/20 01:48
========================再開=============================

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 03:02

         ∧_∧
        _( ´_ゝ`)つまらん
      /      )           _  /
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_  ←>>1
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ \
   | |   `iー__=―_ ;, / / /
    !、リ   =_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
     ヽ、_ヽ

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 03:32
KOマウス作りはいまや誰もやりたがらない独創性のない力仕事。
マイクロアレーもそのうち誰もやりたがらない独創性のない力仕事になる。

========================終了=============================

6 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 13:27
KOマウスとマイクロアレーは逝ってよし。

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 13:41
どちらの技術も手段であって、その先に何を求めるかだと思う。

8 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 17:40
KOマウスとマイクロアレーは同列に論じにくいのでは。
前者はなにがでるかわからん(博打)が、後者は確実になんらかのデータは
出る。要するに両方ともテクニックです。また今日、両テクニックとも
研究者が一から十まですることは少ないのでは?
独創性?なんでこんな発想がでてくるの?

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 18:02
テクニックに独創性もへったくれもないだろ。
おれは今日ミニプレプと言う独創性がない作業をした。
文句あっか!

10 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 03:25
おれは創造性があるミニプレップをしているぞ。
文句悪化!

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 03:31
>>10
ミニプレしてる間に新たなクローンが…

12 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 03:57
microarrayやりました。
さて次どうしましょ?

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 07:07
即、論文にする。

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 11:57
KO
effect of A on Bのeffectが確実になるだけ。

マイクロアレー
effect of A on BのBの数が増えるだけ。

15 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 12:04
ミニプレ
effect of A on BのAが増えるだけ。

16 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 12:06
っていうか、プラスミドが増えるだけ。

17 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 17:40
チップを使った実験系の作成で苦しんでます。
ボスがGoサイン出すようなアイデアがなかなか降りてこない。
気晴らしに細胞いじくったり2ちゃんみたりしてます。

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 20:04
>>17
新型チップを開発したの?

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 17:33
>>18
細胞株にある遺伝子を発現させてその遺伝子の機能解析をしようと。
コントロールと発現クローンの発現プロフィールを比べて標的遺伝子の当りをつけて
レポーターアッセイでもすればJBCぐらいはのるんでしょうけど、
そんな系は今日びマスターでも思いついちゃうんで。
丁度バイオインフォマティクスのスレが上がってるな。勉強しに逝こう。

20 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 20:58
>>19
まさにその一例を発見。
Mayanil CS, George D, Freilich L, Miljan EJ, Mania-Farnell B,
McLone DG, Bremer EG.
Microarray analysis detects novel Pax3 downstream target genes.
J Biol Chem. 2001 , Vol.276, No.52, pp.49299-49309.
でもマスターにこんな論文は書き上げれませんよね。

21 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 16:45
Michael J. McDonald and Michael Rosbash (2001). Microarray Analysis and Organization of Circadian Gene Expression in Drosophila.
Cell 107 567-578
はどうよ?

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 01:26
関連スレあげ


23 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 10:14
生物学自体が大して面白くないよね。目指せ宇宙の起源。

24 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 16:05
スレタイトルからして、kOマウスとマイクロアレーを組み合わせた画期的な方法論を期待させた
1についてはどおよ?>all

25 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 02:01
>24
そうだね。将来的にもそんな仕事がでるかも。っていうかもうでてるかも。
当方、アレイのデータだしてみたものの、論文にならず、あげてみました。

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 02:34
RNA binding proteinのターゲットを取るのにアレイを使ったやつがあった。
E2Fのターゲットを調べるのにゲノムのアレイを使った実験。
まあまあだね。
KOマウスとアレイの組み合わせは、
ショウジョウバエや線虫のミュータントを使ったアレイ実験と同じ。

ところで、アレイの結果はどれくらい信用おけるの?>アレイやっている人たち

27 :名無しゲノムのクローンさん :02/03/07 05:26
ほんっとにスマソなんだけど、マイクロアレーについてどういう方法か
1,2行おねがい、当方ここ4年研究から遠ざかってるもんで・・・・

28 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 16:21
>>27
高密度でDNA等を張り付けたガラス,メンブレン等にmRNAやゲノムをハイブリさせる。


29 :名無しゲノムのクローンさん :02/03/07 22:43
>>28
thanks a lot

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)