2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

使うと作家っぽくて為になる言葉辞典

1 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 11:51
作品を書くに当たって、知っておくとかっこいい言葉、
お気に入りの表現や知識を教えてください。
できれば解説付きだとありがたいです。

例 静謐(せいひつ)→ 穏やかで騒がしくないこと

唐突     眉をひそめる    垣間見る  
といったかんじで一言だけでもけっこうです。





2 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 11:59
物する

これ使う奴むかつく

3 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 12:10
度し難い

4 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 13:34
「ソフィスティケイティッドな」


5 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 13:46
破願:顔をほころばせること、笑うこと

6 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 14:04
韜晦
「究極超人あーる」を読め。

うむ、板違いだな。

7 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 14:43
〜なのだ。〜なのだ。〜だから〜なのだ。

と、「なのだ」を続けると押し付けがましいので、
押し付けがましい人が使うといいのだ。

8 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 15:19
的を射る = 1.目的を達する 2.うまく要点をつかむ

よく、的を得る、と書いている人を見かける

9 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 15:31
一蹴する
まったく問題とせず相手を負かすこと
まったくとり合わずにはねつけること

<<例
煽り・アラシと決めつけられ、俺の意見は一蹴された
2ちゃんでは日常茶飯事……(笑)

10 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 16:18
とまれ

三島ヲタがよく使う

11 :猫くん:02/03/21 16:28
>>6
「あ〜る」で出ていたのは
「韜晦(とうかい)」じゃなくて「述懐(じゅっかい)」だった気がするけど。
ドラマCDでは「述懐」のほうの話が出ていたよね。

個人的には「堕落」と「墜落」の馬鹿話が好きだったけどな。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 16:31
>>1
辞書引けよ。
辞書も使えん奴に文章を書く資格など無いのだ…。
しかも使えそうな表現を他人から教えてもらおう
などと言う考えは言語道断なのだ!
>>7
押し付けがましさ出てますか?

13 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 16:39
>>12
ものごとの表面しか見ないやつだ。
どういう言葉をつかえば「らしいと思えるか?」というスレなのだ。


14 :マジレスさん:02/03/21 16:43
早い話が「ネタスレ」なんだよな。>13

15 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 16:44
しかしこの板も若い衆が増えたな…

16 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 16:46
>13
12もネタなんじゃないの?

17 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 20:17
ニガニガ
うまうま

18 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 20:52
蹂躙
懐柔

19 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 21:03
喧喧諤諤

20 :あほ:02/03/21 21:28
15みたいなツマンネー2ちゃん典型な流れ作るやつって
本気でものかきめざし…の?やめとけよ。才能ないよ。


21 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 21:47
>8さん
参考になった。的を得ると信じていた。

22 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 21:54
蓋し、僕は思います。×
こんなに毀誉褒貶甚だしい小説なのに誰も読んでくれない。×
どーもー! 僥倖の時代でーす!△


23 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 21:57
>>21
カキコして良かった

的を得るとうって変換しようとすると、うちのパソは
“「的を射る/当を得る」の誤用”と注意してきやがる
それで自分の言葉の間違いを知った……う〜む

24 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:39
ヤグディン・・・ドラクエの最強呪文と思われがちだが、フィギュアスケート金メダリスト
ロシア出身。

25 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:41
>>11
「パトレイバー」でしのぶさんが後藤さんに「韜晦してるわね」と
言った時にコマの外の注で「あ〜るを読め」とあるのです。
板違いすまそ。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:46
>>23
その手の話は言語学板に行くと山ほどあるよ。
例えば、君子豹変すの意味だとか。
勉強になるし面白いから、暇つぶしにROMってます。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:47
精神的に疲れたときに

多少の精神衰弱になっているようだ

28 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:50
面映い

29 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 00:03
『ペニスを洗うのを描写しましょう』

母性本能など当てにならない。
この黒澄んだ肉棒が視覚に飛び込む度に思い出す。
私は頬に嘲笑を添えて、ボディソープをソコに塗りたくった。
ペニスの皮が剥け、漆黒を帯び始めたのはいつの頃だったろうか。その当時の私は、何のためらいも無く、母の手で皮を剥かれて洗われていたものだ。
そう、まだ幼かった時に裏切られた、あの時までは―――


30 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 11:35
「綺羅星の如く」は「綺羅星」の如く、ではなく「綺羅、星の如く」が正しい。

31 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 11:36
「あ〜る」って結構、もの書きの方々にも有名なんだな。
と思ってみる。

32 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 13:03
えっとね
助手席の女の娘が押し黙っててね
カーラジオから何ちゃら音楽が流れてるの
あのオンライン小説めっちゃおもろかったわ
天才やね ウケケケケケケ

33 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 14:38
うちの出版社、難しい漢字使うのはペケだよ。
中学生でも分かるような言葉と漢字を使えって。
まあ、ジュニアをターゲットとしてるから、か。
ちなみにオレは小説家じゃなくてライターだけどね。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 18:32
小野不○美のライトノベルは漢字とか多い。
今読んでも、違和感なく読める。そこが大好きだ。

でも他のライトノベルは何年かたって読むと、酷い自己嫌悪に陥る。
だって、小学1年の国語の教科書みたいなんだもん。笑)

スレ違いでスマソ

35 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 20:46
ガンダムの歌の歌詞で、
♪アムロ、覚えているかい、少年の日のことを♪
などと、回想させておいて、その直後に、
♪アムロ、振り向くな、アムロ♪
と、回想をやめさせるのは、作家のバグですかね?

36 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 21:11
>35
ワラタ。

37 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 22:25
あんまり作者の知識をひけらかすような難しい語句のオンパレードは嫌だよな。
でも誰もが知ってるんだけど使うと、おぉ〜ってのがポツポツ隠れてる。

38 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 00:06
青という漢字を蒼と書く人を見つけると、
さみしい気持ちになる。

39 :sage:02/03/23 01:18
あたしは青を蒼と書く感性が
他人事ながらこっぱずかしい。


40 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 01:18
ブルーは?

41 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 01:26
やたらに横文字もいただけませんね。
漢字でも横文字でも気になった時点でアウト。

42 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 01:30
珍妙
珍しくて不思議なさま「珍妙な味がする」
かわっていておかしいさま「珍妙な姿」

使えそうで使えない言葉だと思うのは俺だけ?

43 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 21:59
揚げ足
1.足をあげること。またその足
2.柔道や相撲などで、宙に浮き上がった足。
3.おなかがすいていると、違うとわかっていても美味そうに感じてしまう言葉

44 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 22:06
「ナンチャッテ○○」

45 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 05:56
まわりくどく理解しがたい文にすればいいだけだよ。
「その薄汚れた柔らかく凹凸のある手触りに酔いしれると同時に
私の意識はまるで月光を映す湖に舞い降りた枯葉のように深いところへ
引き込まれていった・・」
→ぬいぐるみを抱っこしてうとうとする人

46 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 09:58
>45
すごい。純文学読んでるみたい。
ぬいぐるみだったのか(笑)。

47 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 11:33
>45
それは理解し難いのではなくて、意味なさすぎだと思いますが?

48 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 20:24
遅レスなのだが
なのだなのだでどうしてもハム野郎しか想起できなかった自分が悔しい。

49 :名無し物書き@推敲中? :02/03/24 21:26
>>47
大江健三郎はそういう作業が「異化」なんだと主張してるよ
読みにくい方が一所懸命読むから頭に残ると言ってる

でも、今の時代その手の恐竜みたいな文は辻何とかみたいな文学DQNしか書かないと思われ

50 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 21:27
漆黒の

51 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 21:32
だよ〜ん、とか?

52 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 21:33
>>49
かかねえな。
読み手がいなかろうな。

53 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 22:04
>>49
別にそんなに大江を読みにくいとは思いませんが?

54 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 23:20
>>53
自分以外を想定してみ?

55 :名無し物書き@推敲中?:02/03/25 07:34
効果音をいちいち入れる。

「そんなことありませんよ。ぼりぼり」彦一は恥ずかしそうに
頭をかいた。「それにしても今時風邪なんて・・もういいんですか?」
「ええ、だいぶよくなったわ。でもまだ治っていないの。スーピースーピー」

56 :名無し物書き@推敲中?:02/03/25 07:38
会話文を入れない。
もしくは会話文のみ。

57 :名無し物書き@推敲中?:02/03/25 07:41
登場人物すべてに自分のことを「俺様」もしくは「吾輩」と
呼ばせる。

58 :名無し物書き@推敲中?:02/03/25 07:42
心を砕く
(1)いろいろと力を尽くす。苦心する。
(2)心配する。

「○○は娘のために今まで心を砕いてきた」

59 :名無し物書き@推敲中?:02/03/25 13:29
漆黒の双眼と、黒よりも黒いダークグリーンの髪を〜

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 18:00
異形『いぎょう』

時代物には必須アイテム

61 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 02:52
一瞥

62 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 03:05
轟沈
1砲撃・爆撃・自爆などによって艦船が
 1分以内にしずむこと
2艦船をしずめること
とかどう?
すごい使用範囲限られるけど。

63 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 08:08
豪奢

「豪奢な黄金の髪が、肩から零れ落ちた」

64 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 04:03
>38
ちなみに青と蒼は違う色。
蒼は灰色のことだよ。

65 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 10:40
×言う → ◎云う
×楽しむ → ◎愉しむ

66 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 14:24
ペログリ

67 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 14:24
一発

68 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 14:25
男のエキス

69 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 15:16
ザー汁

70 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 16:49
>>65
「×言う→◎云う」
二重丸っていうのはどうかな?
中国語だろ? 「云」は。
日本人がの日本人のために書くのだから、(と仮定した上で)
「いう」は前にひらがなが続いて読みにくい場合を除いて
そのままひらがなで良いんじゃないかな?
 
つーか、どのあたりまで漢字を排除できるのだろうか。
「吾輩」は「わがはい」にするのは可能だな……。
ああ、「作家っぽく」か。
すれ違いスマソ

71 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 21:44
どうせなら「言う」「云う」を使い分けたほうがカコイイ

72 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:15
>>71
漢字を多用するのは、
英語や分かったようなカタカナを多用して
カコイイ! と言ってるのと同じような気がするんだが、どうよ?
本居宣長もそんなこと言ってるのだが。
意味が分からなかったらスマソ



73 :名無し物書き@推敲中?:02/04/02 06:22
堅いものを書いてる時は、「言う」と「云う」を使い分けてるよ。
意識する前に自然とそうなってた。
最近は意識して、軽目に書こうとして「いう」にしてる。
明確に「言った」とかで置き換えもできない場合に限るけど。

74 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 21:49
>>73
というか、森鴎外は明確に使い分けている
軽い・重いではないぞなもし

これに従えば
言う→言う
云う→いう
と現代語では変換されるのじゃ

わかるかなぁ〜、わかんねぇだろうなぁ〜

75 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 04:03
>74
軽いものっていうのは、俗に云うエンタメ系のこと。
森を引き合いにしてどうする。
時代の流れというものを読め。
まぁ、きみにはわかんねぇだろうけどな。

76 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 04:31
>>74
>>75
一応、突っ込みを入れておくと
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_print.cgi?MT=%8C%BE%82%A4&ID=a4a4/00808000.txt&sw=2
一般的な現代語では、全部「言う」を使っているということには、なっている。
ちなみに、俺は「云う」なんて使われると中島梓を思い出してしまい、ちょっと鬱。

あと、文章が読みやすい/やわらかいのと、
軽いというのは全く違うような気もする。
漢字をたくさん使った文章は固い、というようにイメージに引きずられてないか?

むしろ意味もいわれも知らないのに
難しい漢字を使うということ自体が、
軽くてエンタテイメント系のような気がするのだが。

77 :名無し物書き@推敲中?:02/04/09 00:52
>>76
つうか、例示されている(4)の「仮名で書くのが普通。」との解説
での用法で鴎外は「云う」を使ってるよ。

つまり言語を発する動作であるか、ないかだよーん。
って、言ってるんだけどね。
まぁ>75には分かんないだろうねぇ。

78 :76:02/04/09 01:29
>>77
突っ込み2。
>漢字表記は現代では「言」が主に用いられる。
>古くは(3)には「云」がよく用いられ、
>「謂」は「いわば」「いわゆる」の場合に用いられた。
>→いわく・いわば・いわゆる

と書かれているはずなのだが。
見ているページが違うなどということは無いはずだが、どうか。

(3)に対しての記述しかないと言うことは、
(4)の文例は「言う」と言う言葉に吸収されていて、
「仮名で書くのが普通」だが、
一応『「言う」という言葉を使っていることにはなっている』と思う。

ただ、大辞林といっても著者の間違いや勘違いはあるので、
正確なところは何とも言えないが。

79 :名無し物書き@推敲中?:02/04/14 13:55
>>78
青空文庫から鴎外の文章でも探してよく読んでごらんよ。
もっとも、鴎外以外でここまで厳密に書き分けている人がいるかは
知らないし、それが正しいかどうかも?であることは付け加えよう。
原文に当たれと云うことだ。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)