2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■ 異性キャラってどうよ? ■

1 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 00:23
異性キャラってどうも巧く書けない。なんか自分で書いたのを
あとから読んで、「こんなのいないよな〜」と思ったりする。
だけど、実際プロの作家でも異性キャラはかなりおかしい人が
多い。村上春樹に出てくる女も「こんな都合がいい女いるかよ!」
ってのばっかりだし。
太宰治の、女性一人称小説なんて、キモくて読めない。
みんなどうしてる? 気をつけてるところがあったり、コツとか
あったら聞かせてくれ。

2 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 00:34
激しく名スレの予感

3 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 00:46
俺(♂)が書く女キャラは言葉の語尾に「〜わよ」「〜のよ」を
やたらと連発するので、周囲には不評である。

でもこうしないと誰のセリフか分かりづらくなるから、どうしてもなっちゃうんだよね。
ちなみに老人は「〜じゃ」と言う。

4 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:30
あ、確かに書く時に不安になったりする。
特に恋愛ものでは。

5 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:41
俺が女キャラを書くと「ネカマ」みたいな喋りになってる。

6 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:45
このスレで女キャラのセリフ書いていってみない?

「俺もさっきからここに座って、その問題について考え続けていたところだ」
と言う風に例を挙げて、それを女性のセリフにしてみるとか。

7 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:53
女が書く男キャラも変だよな〜。
なんか、女が男書くと、バカに書く傾向があるような気がする。


8 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:54
>>6
「あたしもさっきからここに座って、その問題について考え続けていたところよ」

俺にやらせるとこうなってしまう。(藁
でも、普通の女の子ってこんな説明的なセリフは言わないよなあ。

9 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:57
「私もさっきからここに座って、それについて考えてたところ」
かな。
てか、その例文の男の台詞自体、ちょっと不自然じゃないか?
「ところだ」なんて終わりかたするか? 日常会話で。
俺なら「ところだけどさ」とか言う。

10 ::02/02/01 02:00
いまさら気づいたけど例が悪っかたわ・・・ゴメソ。

「君は本当にこの私を愛しているのか?」
でどう?

11 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:04
>>10
子供っぽいキャラだと、
「Aは本当にBの事を愛しているの?」
大人しいキャラなら、
「あなたは本当に私を愛されているのですか?」
かな。


12 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:05
「ホントにアタシのこと愛してんの?」
 子供の女はこんな感じだ。

「私を本当に愛しているのですか」
 大人の女だとこうする。

13 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:06
てゆーかさ、やっぱり異性キャラの難しさは、台詞もあるけど、
それらしさのなさじゃない?
「こんなことしねーよ」「こんなこといわねーよ」「こんなこと簡単に
してくれるわけないじゃん」っていう。
三島由紀夫の「潮騒」で、ヒロインが、自分が裸で恥ずかしい、と
言って、じゃあどうすりゃいいんだ、って男が尋ねたときに、
「そっちも脱げ、そうすれば恥ずかしくない」って言ったシーンがあったけど、
俺は工房ながらに幻滅したよ、三島に。あんたそんな都合のいいこと
考えてくれるわけないやんけ、と思ったな。
異性キャラは三島にとっても鬼門なのか?

14 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:08
「あなた、本当に私のこと愛してる?」
だな、俺は。

15 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:10
「本当に愛してる?」
「本当に愛しているの?」


16 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:11
「私のこと、好きなの?」
だな俺だ。

17 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:22
子供「愛してるって大きい声で言って! 今すぐ、ここで」

大人「二月に八歳になるのよ私の娘、それでもいいの?」

18 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 04:45
>17
それはなにか、「大人」の定義が違うような気が。

19 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 04:49
けちをつけただけでは悪いので、漏れも参加。

子ども「(目を丸くして)あたしのこと、好きなの?」

おとな「愛してる、なんてもう何年も聞いていない言葉だわ」

ちなみに子ども→12歳以下、おとな→45歳以上で。

20 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 04:52
ついでに男バージョン。

子ども「お前オレのこと好きなのかよ。バッカじゃねー?(と言いつつ真っ赤)」

おとな「参ったな。こういうことは不得手なんだ。でも…君が僕を好きだって言ってくれるのなら」

年齢設定は女バージョンと同じ。
つーか、「らしさ」なんて流れで出すしかない。単発台詞に頼んな。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 09:20
思うんだけど、ある程度年齢重ねた人間、特に男だったらそういうふうに
ストレートに問うのはプライドが許さないんじゃないか?
子供くらいだよなぁ。
だから大人の台詞を作るのなら、相手の心中に探りを入れるような遠まわし
な印象が欲しいなー。
「本当に好きか」なんて直接問う大人は中身が子供っぽい大人だと思うよ。
ねらってんならいいけど。

22 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 11:17
>>21
同感。

23 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 14:54
それは一概に言えない気も・・・・
キャラクターとしてできあがった標本が、身の回りにどれだけいるかって話に
なっちまうけど、「好きだ」ってズバリ言う大人っているしな・・・・・(w
男言葉でも女っぽさは出るしその逆もしかり。と、個人的には思うとるぞ。

24 ::02/02/01 15:53
男キャラを書くと少女漫画のなかの男だといわれる。でも、
特に美形を書いた覚えもなし、やおいももちろんなし、
過剰な友情もなし、登場人物が若いわけでもなし。
やっぱ女が男を書いてるっていう匂いが出るんですかね・・?

25 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 16:20
>>18
いや? 大人でなければいえない遠まわしなものいいが。じつにイイ。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 16:31
>>20
と言いつつ真っ赤 がツボ(藁

27 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 18:40
「お前さ、俺のこと好きだとか思ってんの?」

自分の書く同性キャラは嫌いです。女々しくて。
やっぱり異性キャラは理想が出るのかも知れませぬ。無意識に。

>>13三島由紀夫の「潮騒」
あのシーンは私もあんまり納得が行かなかった。
でも読んだ当時は、ある意味意外な展開に、感心していた覚えがある。
ごくごく普通の答えかたをする女が出ていたって面白くない。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 20:25
関係ないけど、女は「愛してる」とか言われるとスゴイ引くんですが。
「好き〜」とか言われると単純に喜ぶ。
「愛してる」って、も、聞いただけで背筋がむずがゆくなって
暴れたくなってしまう。

>>6
「私もさっきからここに座ってさ、考えてたところよ」
どうでもいいけど、会話に指示語が多いのはダサくないかい?

29 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 21:29
>28
自分女だけど引かないよ(w
駆け引き面白がる人種は言葉で遊ぶし、色々だと思う。
真顔で「愛してる」って言える恋愛はありだと思うのだ。



30 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 22:32
夜なのであげてみる…

31 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 23:04
このスレは夜向きなのかな?

32 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 23:06
>>31
恋愛話は夜の方が盛り上るので、
そのおつまみとして(w

33 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 23:14
俺は女性を書くときなるべくセリフで女言葉を使わせないように
しているよ。
その方が「らしさ」が出るかなあと思ってやっているんだけど。
でもまだ試行錯誤段階です。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 23:28
女性らしく、男性らしくって必要かな?
現実にだって、思いもよらない人は存在するだろ?
太宰の作品の女性も、村上春樹の作品の女性も、あれじゃなくちゃ物語にそぐわないし、あれが味なのでは?
普通の人にしちゃったら、つまんない作品になると思うな。

35 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 23:29
女性週刊誌の不倫マンガみれば男も女も激しくカン違いしているってことが
よくわかるよ。互いの理想がくいちがっている。だからこそホスト、ホステスが
技術職として成り立っているんだろう。読者を男とするか女とするかでセリフ回しも
決まってくるんだろうな。渡辺淳一は女の読者しか想定してないだろうな。あの
書き方じゃ。

36 :女19才まだガキ:02/02/01 23:41
>>3
語尾に「〜わよ」「〜のよ」なんてしゃべり方しないし
あまり聞かない
老人の「〜じゃ」もないでしょ〜

>>6
私もさっきからそのことについて考えてた

>>11-12
「のですか?」 ってなんかよそよそしくない?

>>14-16は不自然じゃなくていい

>>17
おおげさ





37 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 23:43
おお、若い子が来たわね。

38 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 00:02
ディフォルメによる伝えやすさも大事やね。


39 :女19才まだガキ:02/02/02 00:11
>>36につけたし。

私は「〜わよ」「〜のよ」なんてしゃべり方しないけど、
文章よんでて誰が誰だかわからなくなることもあるから
そういう語尾を使うのもいいかも。

40 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 00:11
要はディフォルメとリアリティの綱引きなんだよね。
どっちが勝っても負けても駄目。

41 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 00:34
俺的には、女の語尾として
「〜じゃない?」「〜でしょ?」っていうのが好きだ。

42 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 02:44
最近は、話し言葉と書き言葉の違いを無視する風潮なのかなあ

43 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 19:11
例えば、この板のコテハンで、
長い事女性だと思い込んでいた人がいて、
実は男性だったと知った時のショックって、
かなりあると思う。逆もまた然り。
こんなことを考えると、1の悩みなんてどっかいっちゃいそうだぜ。

44 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 21:33
どうでもいいけど「・・・じゃ」は実際言ってる人を
見たことがあるが、「・・・じゃよ」は本でしか見たこと無い。
いったいどこの言葉なんだ。

45 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 21:38
漫画ブラックジャックの「〜ですぜ」ってのも聞いたことない。
でも、美術版ブラックジャックと言われている「ギャラリーフェイク」の
主人公フジタは「ですぜ」って言う(w
異性キャラには関係ないのでsage

46 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 21:41
>>27
>三島由紀夫の「潮騒」
>あのシーンは私もあんまり納得が行かなかった。
>でも読んだ当時は、ある意味意外な展開に、感心していた覚えがある。
>ごくごく普通の答えかたをする女が出ていたって面白くない。

でもあれは都合が良すぎ。それまで普通の(っていうか行儀が良すぎる)
女が、あそこでいきなりあれかよ、って感じ。
まあ三島にとっての女性とは何かってことを考え始めると、これはこれで
別の議論になってしまうんだが(w

47 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 21:42
age

48 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 22:03
>>45
社交界にいけ

49 :ぐらあ:02/02/02 22:18
 友達と「ですます」調で話すのはおかしい。同じように「〜わよ」を使う女性もおかしい。

 特定のキャラの味付けとして使うくらいなら問題無いけど、普通は日常会話に準ずると思う。

50 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 22:33
>>49
そうか?
普通の会話から後輩とかの目下の相手にまで
「ですます」調で話す奴、何人か見たことあるけど。

51 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 23:38

ttp://www.genki.ne.jp/minemine/log/200201.html

ある対話文形式テキストサイトのログ。
女子学生の喋り方としてはこういうのもあるのか、と。


52 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 23:47
>>49
「〜わよ」は聞いた事ないけど、
「ですます」で話す奴は結構いるけどなぁ。
特徴の範に入る事をおかしいと言うのはどうかと。

53 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 00:14
>>49
「わよ」はおかしいかもしれないが、「ですます」はいいと思うよ。
何もかもリアルにすると面白くなくなるしね。

>>51
個人的にはいいんじゃないかと思う。
口調よりか、内容の方に惹かれる物を感じてしまったんだが。(w


54 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 00:44
話し言葉と書き言葉は違うって
それを分かった上で崩すのと、最初から無視するのとは雲泥の差じゃないのかな

55 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 00:49
文語で書いてるのか?(w

56 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 01:05
書けないだろ? >>55
今時「 (w 」だもんな
ライトノベルでも書いてろよ

57 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 01:08
あはは、釣れた。

58 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 01:21
>>57
「釣れた」は敗北宣言だにゃー!
気をつけるにゃー!

59 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 01:38
どうやっても56には敗北しようがないYO!

60 :ぐらあ:02/02/03 01:54
>ですます
 いやたしかにいるよ、俺の周りにもいるし。でも少数派だからキャラと特性になってる。
「〜わよ」と並べたのが悪かったな。普通だと思って使うなって意味を出したかったんだけど。
 例えば「〜かしら」を使う女性なんて滅多にいないっていうか会ったこと無い。
 だけど、お嬢様の設定があるキャラに使わせるのは問題無いと思う。
 ベタだから主役級には使わんけど(笑い)

 あと一応書いとくけど。
 日常会話に準ずると、日常会話と同じにしなきゃいけないの違いはわかるよね?


61 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 02:00
>>60
>日常会話に準ずると、日常会話と同じにしなきゃいけないの違いはわかるよね?

ですますに関していってるのなら、
あれは>>49での書き方が悪かったかと。

62 :ぐらあ:02/02/03 02:14
>>61
 ごもっとも(笑い)

 >>60では話し言葉と書き言葉は違うけど、元になってるのはあくまで
話し言葉だってのを言いたかったんだけど。
 ですますの例悪すぎだ〜

63 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 03:28
「〜わよ」「〜のよ」は、明治時代の上流階級の女学校言葉だと聞いた事がある。

64 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 03:49
>>63
だわよね言葉、ですか。

65 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 04:11
「この人女性キャラばっか書いてるんですよ」
「男キャラも居るんでしょ?」
「居るけど10代ぐらいの女性2人がメインで、男の方はしゃきっとしないの。
なんか物語を動かす道具になっちゃう感じ」
「若い女二人って私たちみたいね」
「なにが『みたい』よ。あんな変なキャラたちと一緒にしないでよ」
「変? そんなに変なの」
「変よ、変! あんな喋り方しないって絶対。きっと想像200%で適当に
書いてるに決まってる」
「個性的なんじゃないの?」
「食い下がるわねー。何そんなことにこだわってるのよ。
読者を拒絶するようなキャラがどうして個性的になるの?」
「なるの? って聞かれても読んだ事ないから分からない」
「そうやってすぐ開きなおるんだもんな、嫌になっちゃうな。
それにその作者、キャラ書き分けられないでみんな一緒なんだから
書くのやめた方がいいよ絶対」
「さっきからその口調、なんか恨みでもあるの?」
「だって、それは……(略)」
 :
 :
あぅ。キリないのでこの辺で。最近書いてないな……

66 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 09:59
りかっちと、かおりんのレズモノで誰か書いてください〜。互いの秘部を責め合うようなのが・・・

67 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 13:09
>>65
こういう80年代な文体、まだ、やっている、の、か……

68 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 16:42
このスレは童貞&処女のすくつですか?

69 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 17:22
>68
あの頃にもどりたい、というときもある。


70 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 22:35
そして不倫に走ったりする。

71 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 22:37
昔好きだった子と、同窓会で会ったのをきっかけに不倫突入。
あの頃に戻りたい的には最強。

72 :65:02/02/04 00:25
>67
そうか、知らなかった。

73 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 23:51
>65
高千穂遥のダーティペアを彷彿とさせる。

74 :65をリライトしてみる。:02/02/05 04:04
「このお人女性キャラばかり書いておられまする」
「男キャラもおられましょう?」
「居りますけれど10代ぐらいの女性2人がメインで、男の方はしゃきっとなさりませぬ。
なにやら物語を動かす道具になっている感がしますれば」
「若い女二人って私たちみたいではありませぬか」
「さて『みたい』などと申されまするな。あんな変なキャラたちと一緒にしないでくださりませ」
「変? そんなに変でありまするか」
「変も、変! あんな喋り方いたしませぬゆえ絶対。きっと想像200%で適当に
書いておられるに決まっておりまする」
「個性的なのではござりませぬか?」
「食い下がり申されるー。何ゆえそのようなことにこだわりなさるか。
読者を拒絶するようなキャラがどうして個性的になりましょうぞ?」
「なりましょうぞ? って聞かれても読んだ事のなきゆえ分かり申さぬ」
「そうやってすぐ開きなおられる、嫌になり申した。
それにその作者、キャラ書き分けられないでみんな一緒であるゆえ
書くのやめた方がよろしいと存じ上げ奉り候」
「さっきからその口調、なんか恨みでもおありになられるか?」
「さてもさても、それは……(略)」
 :
 大河ドラマのビデオ見た直後の戯れ言ってことでひとつ。

75 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 12:35
虎で、異性を主人公にした一人称小説書いてる人、
カミングアウトきぼーん。

76 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 14:36
古いけど、「呪文」は「女の子の書く男の子」という匂いがぷんぷんしたな。
江国香織の初期の作品みたいな。

77 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 16:00
ほかにも嘘っぽい異性キャラの作品ってあった?

78 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 16:21
>77
私は「青猫」の女主人公は嘘っぽいと思ったんだけど、でも作者女だって
カミングアウトしてたね。

79 : :02/02/25 18:02
書いている途中だがどうも、書きにくい。
だから、主人公とヒロインであったオンナノコの視点を切り替えて(主人公も変えて)
書いてみたら書きやすかったのだが、そうすると話しそのものが別物になっちまう。
やけっぱちで両方書いてみようかとも。
どうせ、習作なのだし。

80 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 01:22
「(相手の名前)様は―――本当にこの私(ワタクシ)のことを愛しておられますの?」
かなり特殊だが、ウチのヒロインの口調。お嬢よ。
「貴方は……本当に私を愛しているんですか……?」
サブキャラ女の場合。根暗。


まぁ、言わせたことはないんだけど。

81 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 01:46
僕は勉強ができない、の秀美くん。
あんなきれいな男はいないよ。
やはり女性は汚くなりきれないんだな、と実感。

82 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 17:10
時代背景に沿った言葉づかいは好きだ。
「帝都物語」のユカのセリフ
「大丈夫ですことよ」はツボ

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)