2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夢オチってどう思う?

1 ::02/01/23 11:15
腹が立ちますか?
しかし、それなりの方法論で書けば、
可能性のあるオチだと思うんだが。。。

やっぱりダメかね?

2 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:00
>>1
思い切りはらたつよ。

3 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:20
最初に使ったのは不思議の国のアリスだっけ。

4 ::02/01/23 12:32
>>2
まあ、そうおっしゃらずに(^^;
可能性を検討してみてもらえませんか?

>>3
ああ、そうかもしれませんね。
個人的には(映画ですが)『ジェイコブス・ラダー』みたいな手法なんて、
小説にしてみれば可能性があるような気もするんですが。。。

ディテールを書きこめば書きこむほど、
夢オチだったら腹が立つんですかね?
書きこんで「夢でした」って一回落として、
そこからまた余韻を発生させるって手法もあるような気がするんですけどね?

5 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:49
夢オチの名作って何があった?


6 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:50
世の中には、詩や小説だけでなくコミックとかも含め
同人誌をつくっている人もいますが、
どんなお馬鹿なやり方でも400万もかかりません。
簡易的なものでも、500部で10万円以内でできると思われ。
当方は表紙カラーの60頁500部を7万円で出来たよ。
多少の努力はいりましたが。

7 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:50
↑なにこれ?

8 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:52
夢オチが許されるのは不条理系のみだな、自分の中では。
それなら傑作も幾つかある(ドグラ・マグラなんかも一種夢オチだろう)

夢オチに見えるが、実は本当だったのかも、というのもパターンだな。

9 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:56
うまく書けばなんでもあり。

10 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 12:56
>>6
ちゃんと確認してから書き込もうね。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/1010217019/l50
ここに書き込みたかったんでしょ?

11 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 13:03
劇中劇ならぬ小説の中の小説は
今から書くつもり・・
安易だけど
そういう展開だからいいかな、と。

12 :夢オチの傑作:02/01/23 13:06
押井守「うる星やつら2・ビューティフルドリーマー」
アニメだけど。

13 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 14:11
というか、最初から「これは夢」と規定されている話は夢オチじゃないよな。
幻想文学。

14 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 16:49
奇面組。

15 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 17:34
マンガで本秀康「夢の人」はよかったなあ。
「夢落ちです。覚悟して読んでね」とタイトルに予め書いてある(w

「夢落ち=野暮ったい手法」という考え方が通俗化してるから、
敢えて使ってみると、通俗を越えた味わいを持たせることができる。
無論、手際が悪ければ、通俗以下ということになりかねないが。



16 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 01:57
夢落ちというか、メタフィクション全般に言えることじゃない?
途中まですごい話が盛り上がってて
実は主人公が書いた小説でした、って落ち。

上手く現実とリンクさせられてたら
そういうのも名作になりうるのかもしれないけれど

17 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 05:05
正夢オチはどうなの?

18 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 07:26
>17
ホラーもの辺りじゃ常套手段かも。

19 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 08:02
>16江戸川乱歩の(メール欄)はよかった。

20 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 10:02
場合による。作中に出てきた不条理な物事を全て「夢」で説明されると腹が立つな。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 13:45
>「夢落ち=野暮ったい手法」
と意識しつつあえてそこに何か違うものを
目指す、というのなら面白いのかもしれないけれど、実際は

>作中に出てきた不条理な物事を全て「夢」で説明
という苦し紛れの夢オチが多い気がするねえ。
推理小説の「犯人は気が狂っていたのです」オチに似て不愉快。

22 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 14:28
>21二重(多重)人格オチか。

23 :21ではないが:02/01/24 15:55
>>22
それはちと違うと思うが。多重人格オチは普通驚きの部分であって、
理由には使われないだろう。もちろん理由に使われると腹立つだろうが。


24 :ぽっぽ:02/01/24 21:37
 邯鄲が良い。夢オチであればこその、秀作。
 原案は東洋文庫の「唐代伝奇集」で、謡曲では世阿弥の「邯鄲」が優れています。
 終曲、舞台を駆けてジャンプし、空中で横に寝そべった姿勢を取って、寝床に着地
するという、アクロバティックなのが良いんです。

25 :ぽっぽ:02/01/25 20:49
 だからさ、ぜーんぶ夢でした。っていうだけではなく、この世の栄華も贅沢も、
すべて一睡の夢に等しい、っていう所が、爽やかな感動を与えているんじゃない
でしょうか。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 20:56
>>25
何を突然仮想レスに応えてんだよ。

それからな、ネタバレしてんじゃネェー!
>>19の心遣いも解からんのか!

27 :ぽっぽ:02/01/26 20:13
>>26様へ
 細かいこと言うようだけど、「人間椅子」は厳密に言うと夢オチではなく、
フィクション落ちです。まあ、それも夢オチに含めて、っていう方が議論に
広がりが出ますけどね。
 何にせよ、「邯鄲」の爽やかさには及ばないのです。千年の時を越えた感動。

28 :26:02/01/26 22:41
い、いや、あのな。そうじゃない。そうじゃないんだよ。
君が感動したことは、よぉく解かった。解かったから、ネタバレ
しないでくれよ、頼むよ。お願いしますよ。

29 :ぽっぽ:02/01/28 00:03
 ごめんなさい。そもそも「邯鄲の枕」っていうのは、最初ッから生涯が見渡せるって
いうのが売りだったような。だから、ロセイ(櫨生だったか)みたいな田舎者がわざわざ
訊ねて来たっていう話。うーん、よう覚えてないです。

30 :19(イタチガイかもね):02/01/28 09:51
一応、ミステリファンです。ネタバレには反対です。
(板違いを恐れつつ)>>1さんへの回答は、
結局、最後にオチ(夢でもフィクションでも)をだすまでに、
いかにして納得させるような伏線をはっておくかってことですよね。
そこに説得力がないと、悔しがり方がちがってくる。
買って(読んで)しまったことを後悔してしまう。
オチを見抜かれないように、また、オチで本をブン投げられないように
書くのは、かなりむずかしいようです。

ミステリでは「叙述トリック」と称して、いろんなアプローチが
試されています。
虎の穴でも、(メール欄)が、そんなカンジでした。




31 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 21:12
ドラエモン

32 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 21:42
ハリポタ

33 :ぽっぽ:02/01/28 22:30
 だから、「邯鄲」に関しては、ネタバレじゃないんだってば。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 23:57
>>33
だから、このスレで作品名を出すことがネタバレってことじゃないの?

35 ::02/01/29 07:52
妄想オチってのもダメなんですかね。
ショートショートみたいなのを書いてみたくて設定は思いついたんだが、仕掛けとオチが思い浮かばない。
強引に妄想オチとかダメなんですかね…。

36 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 08:47
連発すればあるいは……
つまり
作家の狂気性に魅力がでるかもよ>35

37 :ナナシ解体新書:02/01/29 08:51
>>35
だめだめな夢落ちの見本だな。
さらにショートショートで仕掛けとオチがないなんて二重にだめだめ君だ。

ところで、ショートショートで設定ってそんなに大事か?
仕掛けとオチを考えてから、それに肉付けする形にしたほうがいいと思うぞ。

38 ::02/01/29 09:51
>>36
狂気、確かにそれ僕も思いました。
そこをうまくやれれば形に出来るかも。
>>37
僕はまず自分の頭の中のビジュアルがありきなんで、
設定の方が先に出ちゃって。
確かにダメダメです…。
逆に仕掛けもオチも無く匂わすだけで
ただ終わっていくっていうのも有りなんじゃないかとは思うんだが、
やっぱり仕掛けとそれに繋がるオチが欲しいってのはありますね…。


39 :ナナシ解体新書:02/01/29 11:04
何かを匂わせて、ただ終わっていくだけって……
ショートショート「みたいなもの」だから別にいいけどさ。
かの有名な「ヤマなし、オチなし、イミなし」だね。

一場面が頭に浮かんで、設定付けはもう終わったんだろ?
だったら、次はその設定をどう使うかだ。
その設定でどうなったら自分は面白いと思う?
それに向かって話を組み立てていけばいい。
伏線なんか最後の最後に張ればいいから。

40 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 18:41
(メール欄)も考えてみれば、夢オチの一種かも。
山田花子が怒ったのも分かる。

41 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 19:00
夢オチは読者を興ざめさせる。

42 :ぽっぽ:02/01/29 21:04
>>34様へ
 作品名を出す事の、どこがネタバレなんですか。ネタバレって言うのはですねえ、
「ロミオとジュリエット」のラスト近くで、「ああ、入れ違いになるわ」と言ってみたり、
「サイコ」のラスト近くで、「死んでるで、死んでるで。おかん、もう死んでるで」とか
言ったりする奴らの事じゃないですか。「邯鄲」の場合はですねえ、枕が、枕が先に
出て来るから、悪くはない筈なんですよ。むしろ、夢オチでありながら、さらに力強い
感動を与えるという、その特異性を強調したいんです。

>>41様へ
 だから、興ざめさせないんですよ。

43 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 01:17
>>42
だからさぁ、
>夢オチでありながら、さらに力強い
感動を与えるという、その特異性を強調したいんです。

その特異性を自分で発見しなきゃ
感動が薄れるだろうがよ。
そういう人のために気を使って、
作品名はメール欄でお願いしたいわけよ


44 ::02/01/30 01:24
>>39
そうそう、「みたいなもの」なので。あとあくまで文字数的とにいうのも。
それに今までの形とか既成概念に捕らわれるのも、なんだか嫌なので。
「ヤマあり、イミあり、オチなし」って感じですかね、やるとするなら。
"自分は"ってこの短い部分、
ちょっと自分の中ひっかかる所があって考えされられる物がありました。
いやほんと有り難いっす。
何か掴めるかもしれません(もうあと少しで掴みそうな感じで)。

45 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 04:04
ふぃくしょんはすべて作り物なの、つまり夢だな
その夢のなかで夢落ちされてもしらけるんだよな。


46 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 07:45
作家の恥!
読者を馬鹿にしているとしか思えない!
夢落ちは最低だね。

47 :34:02/01/30 08:30
>>42様へ
なにもラスト近くで結末を言うだけがネタバレではありませんよ。
普通、作中には結末以外にも、いくつもネタがあるんじゃないんでしょうか。
おそらく、>19,>26,>43の人たちは、「ネタバレ=初読の楽しみを奪う」
として考えていると思います。
例えば、ある少年の成長を描いた物語があるとして、
途中にいろんな困難に遭遇するとします。結末は「どう成長するか」とします。
「成長のしかた」がネタなら、「どんな困難に遭遇するか」もネタです。
また、「途中で、困難にどう対処するか」もネタですよね。




48 : :02/01/30 09:56
「夢だった」で終わるから、その前の盛り上がりに対する気持ちが不安定になるよね。
落とし前がつかんていう。
○○○もんのパロディーみたいに「夢オチ」っていう「ネタ」に昇華してればそれなりの存在価値はあると思えるんだけど。
まだ可能性は残されてるとは思うけど、いつでも何処でも使えるものを使うってのはよっぽどじゃないとしらけはする。


49 :26:02/01/30 14:40
>>42
34に同意。
例えば、ある小説は病弱のヒロインが最後に死ぬ物語だったとします。
しかし、あくまでも本質はヒロインの生の物語。
この小説を、ヒロインは死ぬと知っていて読む場合と、知らずに読む場合。
同じ筈がありません。

さて、ヒロインが死ぬ作品ってどう思う? というスレがあったとします。
このスレでこの小説を挙げることはネタバレではないのでしょうかね?
病弱だと最初に書いてあるからOKですか? 本質が他にあればOKですか?

再考して頂ければ幸い。

50 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 15:21
>>42
もういいから余計なことは言うな。
結局、自分の主観を押し付けて自己の正当化を図ろうとしてるだけじゃねぇか。

51 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 16:43
デジャヴオチは駄目か?

52 :ナナシ解体新書:02/01/30 21:17
>51
既視感をオチにするのは難しいが、うまくできれば面白いと思うよ。
記憶がリセットされ一日が繰り返されていたり、始まりと終わりがつながっていたりと。
ただし、世にも奇妙な物語のパクリって言われないように気を付けろよ。
他にもそういう既視感オチで終わる作品は多いからな。
ホラーの本をたくさん読むことをおすすめする。

そう言えば、記憶を失った誰かが
「あれ、なんか懐かしいな」と呟いて終わるのも既視感オチだな。
こっちはしんみりとしたハッピーエンドになりそうだ。

どちらも夢オチに通ずるところがあるな。

53 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 21:53
>42はこのスレで4つのネタバレをやらかしたってことで
いいですか?

54 :ノリスケ:02/01/31 19:42
サザエさん

55 :ぽっぽ:02/01/31 21:03
>>43>>47>>49>>50>>53様へ
 枕は知っている。枕は悪くないんです。

56 : :02/01/31 21:28
面白ければ委員ジャン!!

57 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:25
>55もういい

58 :ぽっぽ:02/02/01 22:01
>>57様へ
 それですよ、それ。まさしく、それが「邯鄲」なのですよ。

 櫨生「もういい」

59 :57:02/02/01 22:15
>58
だからもういいんだって。黙ればいいんだよ。

60 ::02/02/02 19:37
>>19
自分もミステリーファンです。
ミステリー板にも常駐してます。
ミステリーに限らず、エンターテイメントにおいて、
結末の意外性がもたらすカタストロフィというものに非常には興味があります。
叙述トリックの一環としての「夢オチ」の使い方ってのに、
可能性を感じているんですけどね。

たとえば、結婚当日を始まりに据えたサスペンス小説と思わせておいて、
そこらじゅうに伏線を張り巡らせておいた挙句に「夢オチ」する。
そうした上で、最後に結婚当日に目が覚めたヒロインなり主人公なりが、
「夢と同じ未来になるんじゃないか」と恐怖を感じる・・・とか、
「夢を見る前の恋人とは、なにかが違って見える」とか。
やりかたによってはいけるような気がするんだけどなあ。

61 :ぐらあ:02/02/02 21:36
夢を題材にしたアイデアと夢オチを一緒にせんでも良いと思うが
と、流れに反したことを書いてみる。

なんだあ、と思わせた直後に裏切るのは基本的手法。


62 :ぽっぽ:02/02/02 23:08
 十年の歓楽も一睡の夢と、邯鄲の枕によって未来を悟った櫨生は、官途による出世を
諦め、別な夢を求めるのです。それは、東の国、蓬莱へ旅立つ事。やがて千年の時を
経て、櫨生の子孫は有名女優・広末涼子となるのです。そのココロは?

 ロセエ=ヒロスエ


63 :19:02/02/03 17:40
>1
自分も、叙述トリックを模索してます。
理想としては、たった一行で作中世界をひっくり返すような
物語がいいですね。

64 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 04:58
ふぃくしょんはすべて作り物なの、つまり夢だな
その夢のなかで夢落ちされてもしらけるんだよな

65 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 11:50
>62
くだらないカキコミをする前に 
なぜ、このスレで作品名を挙げることがネタバレなのか
についてちゃんと考えなさい。

66 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 18:43
>>65
そんな酷いこと言うなよ。
奴にとって考えると言う事がどれだけ難しいか分からないの?
少しでも物事を考える事ができるなら、
最初っからこのスレに作品名を挙げるような事しないって。

67 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 20:59
ん?

68 :ぽっぽ:02/02/05 22:28
 ロミジュリとか、サイコとかですか?

 ああいうのはネタバレの内に入らないですよ。ネタバレって言うのはですねえ、
「エデンの東」のラスト。兄ばっかり可愛いがって、いつまでもかまって貰えない、
何をしても褒めて貰えない次男のキャルが、死んだ事になって美化されている母親が、
実は下品な酒場女として生きている事を兄にばらし、やけを起こした兄は徴兵志願
するという、こういうのこそ、悪質なネタバレと言うのですよ。


69 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 22:33
>>68
ようはネタバレやって
人を不快にさせるのが目的だったわけだな。
もっと健全に育てなかったのかねぇ。哀れ。

70 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 00:05
同じように育てても、同じような人間になるとは限らない。

間違いを指摘されて、
ある者はそれに気付き、それを正す。
ある者はそれに気付かず、正すことも無い。
また、気付きながらも、それを正さない者も存在する。

71 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 00:18
>>68 まあ、あせらないで。いつか、気付きなさい。

72 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 01:13
夢オチ自体に怒った事はないな〜。
あと、今まで読んでいたのは登場人物の一人が書いた作品でしたってオチも
別に「そーですか」って感じ。

そのオチにした理由がしっかりしてりゃ、理由自体に感心するだろうし。
意味もなく理由もなく苦しまぎれに使ったとしか読み取れない夢オチは嫌だけどな。
当たり前のこと言ってすまんね。

73 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 02:41
>69 途中からだね。一発目のカキコは、そういう気はなかったんだろう。
指摘された、もしくは論破されたあたりからだろうね。
退くタイミングを間違えたのか、真性なのか。
まあ、どっちにしても、

悪意があった→もちろんヒドイ奴
悪意がなかった→もちろん(それがネタバレだと気付かない)哀れな奴

というわけで。

74 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 02:45
>>73
>>55位からは騙りじゃねーかと妄想しているのだが・・・。

75 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 08:36
>>74
そうだね。その辺りから、開き直ってる。
>>68
「初めから意図的でした」と見せようとしているのは解かったから、
もう止めた方がいい。
誰も謝罪など期待していないし、君が論破された事など、気にもして
いないのだから、名無しに戻って、今後を改めてくれればそれで良い。

76 :ぽっぽ:02/02/06 21:01
>>75様へ
 名無しの方が偉いのかよー。名無しは何も生まないぞー。

77 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 21:19
コテハンで軽率なカキコして、論破されて、意固地になってるよりは良いかと。
ネタバレの定義について議論されたのは、たしかに「何かを生んだ」
ことになるのかもしれないけど、その功績は>>26様によるものだし。

ほんの少しの説明で解るべきなんだけどね。
意固地になってては何も生まないことも。

78 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 00:38
>>76
>名無しの方が偉いのかよー。
>>75で書かれている事を理解できてないぞ。
もう少し読解力をつけてくれ。

>名無しは何も生まないぞー。
名無し、コテハンは表面的な違い。
何を生めるかと言う点には全く関係ない。

79 :ぽっぽ:02/02/07 22:28
 ちょ、ちょっと待って下さいよー。だいたい、ネタバレ、ネタバレって言うけど、
そもそも創作文藝板を覗こうというような人はですねえ、ゼフェレッリの「ロミオと
ジュリエット」やヒッチコックの「サイコ」等は見ていて当然。知っていて当然じゃ
ないですか。ここは「書き専」であって、「読み専」じゃないんですから。
 そりゃまあ、広い世間には、ロミジュリやサイコ、エデンの東を知らないって人が
いるかも知れませんよ。知らなくて、知ろうと思って、それらの作品をレンタル・
ビデオ屋さんで借り込んだ。さらに、こういう時節柄ですから、コンビニで中華まんの
三つ四つも買って帰ったかも知れません。さあ、お楽しみ、中華まんを食べながら、
ロミジュリ、サイコ、エデンの東を見よう。その前にふと創作文藝板を覗くと、
余計なお節介者がネタバレをしていた。そんな人がいたら気の毒だと思いますよ。
もし本当に、そんな人がいたら、謝ります。でも、そんな人いる訳ないじゃない
ですか。
 それよりも、ここは創作文藝板なんだから、夢落ちのメカニズム、その効能について、
科学的に論じようではありませんか。


80 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 22:42
…ぽっぽ、いいからトリップつけれ。
話はそれからだ。

81 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 23:17
>79
自分の考えを説明できたつもりかも知れないけれど、
そんなことはいまさら説明しなくても、今までの君のカキコで
だいたいの予想はついてるんだって。他のみなさんはね。
そのうえで他のみんなは、君のように
「それぐらいは知っていて当然だ」「そんな奴は、この板には来ない」
みたいな排他的な姿勢ではなくて、
こういう趣旨のスレで作品名を本文に挙げるような無粋なこと
(ココが、みなさんの説明にもかかわらず、君が解ってないところ)
などせずに、「夢オチ」について語ろうと言っておられるのです。
つまり、君のいう「夢オチのメカニズムを論じる」にあたって、
不覚にも、人が権利として持っている「読む楽しみ」を奪ってしまう
ような間抜けなことは、したくないのです。
納得がいかなければ、君が新たな>1となって、十分な但し書きを添えた上で
新しいスレを建てたらどうでしょうか。

82 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 23:34
実はオフィーリアが(メール欄)だったんだよね。

83 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 00:00
もういいよ。>>79よ。君のように考えてるヤツなんて、いっぱいいるさ。
このスレだけでも、>>3,>>8,>>12,>>14,>>15 と、いっぱいいるじゃないか。
だがこいつらは反論しない。君の擁護もしない。なぜだろう? 一度、考えてみてくれ。
また、このカキコに触発されて、君は、>>3,>>8,>>12,>>14,>>15 を騙るかもしれない。そしてそれを指摘されても、
「なにいってんの? オレはぽっぽじゃねーYO! ヴァカじゃねーの?」
と、さらに騙るかもしれない。しかし、そんなことこそ何も生みはしない。
みんなは君が思っているよりも、賢明でしかも寛大だよ。それは何回もこのスレを>>1から順に読んでいけば君にも解るはず。
もし君が、この姿勢を続けようとしているとするなら、あまり賛成できない。
すでに気の短い連中が何人か、冷静さを保ちつつも攻撃的なカキコをしているじゃないか。
このままいけば、温厚な方々も君に何らかの忠告めいたカキコをするようになってしまうだろう。
仮にこの予想がまったくの愚考だったとしよう。自分としては間抜けな邪推をしてしまって、いささか悲しいが、
君にとっては、『放置』という、もっとも悲しい結果になってしまうのではないだろうか。

君がすでに賢明なる決断を下していることを願いつつ、この駄文をカキコ致します。


84 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 01:20
>>79
それは後付のいい訳だろ。
「自分はこれだけ本を読んでます」って感じで書いたら、
予想外の叩きを食らったために冷静さを欠き、
相手のレスを理解できなくなったんだろ。
それとな、「書き手=ロミジュリやサイコ、エデンの東を読んでいる」
ってーのも、「ここの住民=書き手」ってのも勝手な思い込みだ。
前にも似たような勘違いしてる奴がいたから書いておくがな、
自分の読んでいる作品を、相手が読んでいなかったからと言って
それは「読んできた作品が違った」と言う、たったそれだけに過ぎないぞ。
それとも、お前には書き手が絶対読まなくてはいけない本を決める権利があるのか?

85 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 03:09
あと残ってんのは、

>>1には「ネタバレはNG」なんてどこにも書いてないじゃないですか
・他にも作品名を書いた人いるじゃないですか
 (↑これは、>>83の冒頭で釘をさされているか)

ぐらいかな? 破天荒な反論なら他にもあるけど。
それらを主張したところで焼け石に水だけどね。
すでにほとんどそうなっているけど、人間性まで責められちゃうよ。
そろそろやめておいたらどうですか?

今回の議論は「浜崎あゆみ発言問題」と酷似しているね。

86 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 16:39
>>79
姑息な言い訳をするから、いままでの自分の発言を自ら否定するハメになっているじゃないか。

大丈夫か? 最新の君の発言によれば、君=書き手 なんだろう?
破綻した物語は、「夢オチ」よりも醜いぞ。

87 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 17:43
まあまあ。けんかはやめれ。

88 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 01:17
議論は終わったのか。

89 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 01:25
スレ自体が最初から破綻してる気もするが。

90 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 04:31
よし、リセットした。

91 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 16:49


92 :ぽっぽ:02/02/10 00:58
「エデンの東」

 やけ酒をあおった兄が、兵士達を満載した列車に乗って遠ざかって行くのです。
それこそ、心より望んだ光景。しかし、その後に家庭の破局が。尊敬する父が、
脳卒中で倒れてしまうのです。優しいお姉さんも泣き崩れています。こんな事する
んじゃなかった。悔悟の念がキャルの胸を噛みます。その時です。
「こおら、キャル、さっさと起きんか!」
「もう、お前がこんな風だから、兄さんも庇い切れないよお」
 元気な父と、懐かしい兄の声が。そうです、すべては夢だったのです。

 「エデンの東」はこちら
    ↓
http://www1.harenet.ne.jp/~sato2000/movie/monthly/1999-06/1999-06.html


93 :放置:02/02/11 01:00
終了

94 :さらしage:02/02/17 01:10
で、夢オチってどうよ。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)