2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

coffeeを片手に

1 :名無し物書き@推敲中?:02/01/16 12:24
ソウル、香港の出張から戻り、
僕は久しぶりに本社のPCでメールをチェックしていた。
朝から長く画面を見ていた所為だろうか、
僕の目が眠るように疲れてきた。
そのとき静かにまるで春の雨のように窓の外には
小さな筋を残して雨が降り始めてきた。
だからというわけでもないけど、僕は少しばかり遊びがしたくて、
ネットをまるでガキのように彷徨い、
豊かな心の持ち主の貴女を見つけた。
掲示板に並んだ貴女の読書歴に、
まるで初恋の人にキスをされたように僕はあっというまに魅せられて
自然にPCのキーボードを叩いてしまった。

貴女が触れて読んだ作家達は僕を確かに一時的に、
或いは今も大事なビジネスを忘れさせてしまうほど
違う世界に運んだ人達だった。

宮本輝、それは錦繍から始まり、
泥の河、春の夢(これが一番かな)花の降る午後、
そして最新作の森の海の海(でもこれは彼らしくなくて
面白くなかったけど)と
僕の書斎にはデビューの頃から殆ど彼の初版本が並んでいる。

僕はしばらく家庭を離れ、シンガポールに10年ほど住んでいた。
エスニックな美味い料理にも、細い、
ミニを履いた女がいるカラオケにも飽き僕は週末は読書三昧だった。
プールサイドでも、イーストコーストの椰子の陰でも
僕はずっと読書をしていた。

村上春樹、漱石、そしてドストエフスキーから
渡辺淳一(シャトー・ルージュは官能的で僕を誘った)や逢坂剛、
そして佐藤賢一まで僕を魅了した。
本能をうまく包んだ柳美里のルージュを最近読ん
だ。

そんな僕、貴女と語りたいと
今は熱い熱を帯びて僕自身が酔っている、
それは長年住んだ熱帯の温度より激しく・・・
そして豊かに・・・・

このサイトにはうまく僕を書けないけど、
きっと何か二人の間にやがて愉快な語りが始まる、
そんな気がしている。
じっと、冬篭りした熊のような僕、
貴女はいきなり可愛い風の音色でそんな僕を起こしたようだ。

2 :名無し物書き@推敲中?:02/01/16 15:52
テケチゥMウ「・|ゥu・ソヲbクチィgスコョェコョノュヤ。Aォホウサ、WャオM、@チn
・ィナT。A、@、jケホカツ・G・GェコェFヲ霏Hオロヲヌ、g・ヒ、ッ{、F、Uィモ。C
テケチイrヲaゥオロウ「・|ゥuコu、Uァノ。Aシイ、Wタィ、。A、Sコuヲ^ィァノ
ゥウ、U。C
ィコケホェFヲ險Iュォヲaッ{ヲbヲaェO、W。Aアオオロ、SャO・ヒ、クH、ツ、C
ツ、Kヲaクィ、F、Uィモ。Aケミ、gュクエュ。C
ゥ_ゥヌェコャOィコケホェFヲ隕}ィSヲウ、ー、\ーハタR。C
テケチゥMウ「・|ゥu、タカ}。AアqヲaェO、Wキニ、FケL・h。AキニィィコケホェF
ヲ隶ヌテ茖C
。ァャOュモ、H。I。ィ
ウ「・|ゥuナ螂sー_ィモ。Aュクァヨヲaクカ}、F。Aァー_ヲロ、vェコヲ遲m。A
カ]ィタィ、。AォゥRゥケィュ、WョM。C
ヲ]ャーィコ、HチオM、篋}ウ」、wウQョケヲ。Aケウュモ、jコ熙l。Aイエキォo
チルヲbーゥクLクLツ牴ハオロ。C
テケチ、]、T、Uィ筅Uャヲnヲ扈n。AィIチnケD。G。ァァAャOスヨ。H。ィ
ォホ・~ヲウ、@ュモャXエAーハナ・ェコチnュオナT、Fー_ィモ。G。ァ・LャOュSケ遞爍A
ィクUオLァメゥホャOャqセェコゥR・OィモィアァAゥMウ「、XタY。C、隍~・L・ソヲb
オ。テ荅jエeュサ。AウQァレ・ホ、ム・Pッチョケヲ、F。I。ィ
テケチ、@ゥテ。Aヲ蟲」タ~イD、F。C
ィSヲウ、Fュサ、ィェコテケチゥMウ「・|ゥu。AヲロオMオLェkゥ隗ワエeュサェコ
ースナァ。AヲモュSケ遞狒セワェコョノセ、Sキ・ィホ。A・ソャO・Lュフィ箜。ナwョョ。C
トニトニア・Pェコョノュヤ。CオLスラィk、HゥM、k、H。Aヲbィココリョノィ雹・~ャノェコ
キPトアウ」ャO、Q、タソカwェコ。C
ュYャOィSヲウォホ・~オoクワェコウoュモ、k、H。AテケチゥMウ「・|ゥu・iサ。・イ
ヲコオLコテ。C

3 :名無し物書き@推敲中?:02/01/16 16:46
リターンと私は、久しぶりに(魂および香港の出張から?フ)
本社のPCを備えたメイルをチェックしていました。
それは、午前からスクリーンを長い間見ていた場所に向かってあるでしょう。
あるいは、私の目が眠るように、それは疲れています。
ウィンドウに加えて、それはそのときちょうど春雨のように静かです。
それは小さなラインを去ります。また、雨が降り始めています。
したがって(というわけでもな)であるが
――私は少数に関して実行し遊びたい――
それはちょうどGAKIのようにネットワークに関して歩き回ります――
あなた、豊富な心臓の所有者、
初恋の人が完全に掲示板を備えたラインにあるあなたの読書の歴史でキスされたとともに、
見つかった、私は目のきらめきで魅了されます。
PCのキーボードは自動的に打たれました。
触れて読んだ作家がまだ重要なビジネスIを確かなために一時的に忘れられたするように、
彼らは異なる世界へ運ばれた人々でした。
Teru Miyamotoおよびそれ、錦繍から始まる――午後の森の海の海
(でも、--これ--彼――それはそうではありません――――それは面白くありませんでしたが)
いつ、泥だらけの河およびスプリング夢(これは最も仮名です)の花、
来る、を下って、また最新の仕事、彼の第一版本、
ほとんどデビューの時間以来の私の研究室を備えたラインに位置しました。
私はしばらくの間家を出て、約10年間シンガポールで暮らしました。
さらに、皿を味わう人種の美に、それは薄い――
それは、さらにミニを着用していた女性がそうであるカラオケで退屈しました、
また、私は週末を読む際に吸収でした、その、プールサイド、
あるいは私が読んでいた東海岸のココナッツの陰、本。
村上春樹、Sokekiおよびドストエフスキー6月-ichi Watanabe
(城紅は感覚的で、私を招待しました)から、大阪剛、
およびケン-ichi佐藤さえは私を魅しました。包んだミリ郁江の紅、
満ちている、よく(最近)それがそうである読ん。
彼女らが私であるとあなたが言いたい場合、そしてあなた、
今、熱い熱は着用しています、また、私は私自身極度に飲まれています
(それが何年も住んでいた熱帯の温度)...
そして――豊富....私はこのサイトに上手に書くことができませんが、
いくつかの楽しい叙述は確実に2人の間にすぐにスタートします――
そのような心はそれを実行しています、それに見える、
それは冬に満たされます、また、私は、実行されたその熊およびあなたが好きです、
い?ニしい風の調子の中で私を急に熱心に起こしました。

4 :  :02/01/17 22:02


5 :名無し物書き@推敲中?:02/01/17 22:48
僕は、おしりの穴でオナニーしてます

6 :名無し物書き@推敲中?:02/01/18 10:21
何が楽しいのか、理解できません。

7 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 21:41
  

8 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 22:20
じわじわ面白い。
ぜひsage進行で続けてください。
物書きの板なんだから。

9 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 13:24
  

10 :しのはら:02/01/31 13:43
シンガポールで読書…
ちょっと意外で素敵ねえ
そういう人がこの板にもいらっしゃったのね


11 :名無し物書き@推敲中?:02/02/11 16:59


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)