2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おれさまごせんふ

1 :3ねん5くみ すずきたかし:02/01/08 22:25
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................


........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................
........................................................................................................................................................

2 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 22:29
>>1がスレッドを立てた。テーブルにこぼしたケチャップのような、
取り返しがつかない、なんの役にも立たない、悲惨なスレッドだった。
僕は女友達とそのスレッドを見ていた。僕らの間には宙ぶらりんな
沈黙が存在していた。部屋では、ビル・エヴァンスのブルー・イン・
グリーンがかかっていた。
彼女がためいき混じりに言った。
>>1は、どうしてこんなスレッドを立てたのかしら?」
僕は少し考えてから言った。
「わからない」
多分、>>1にもわからないのだろう。そういうことっていうのはあるものなのだ。
真実は、最悪の結果になってからわかるものなんだ。少なくとも僕は、何度と
なくそういうスレッドを見てきた。そして、>>1が立てたスレッドは、その中でも
特にひどいスレッドだった。真実は、最悪の結果になってから、わかる。
彼女は、テーブルの上にビールの空き缶を並べながら、>>1のことを考えて
いるようだった。
「この>>1、きっと友達がいないのよ」
僕は黙っていた。
「だから、>>1はこんな駄スレを立てたんだわ。そうじゃなきゃ、こんなスレッドを
立てられるはずがないもの……」
僕は返事をしなかった。
彼女は僕の隣に座って、肩に顔を埋めた。そして、静かに泣いた。雪原に降る
粉雪の音のような、本当に静かな泣き方だった。
>>1のために泣いているわけじゃないの」
「わかるよ。>>1のために泣けるヤツなんて、世界中探しても一人もいやしない」
「それが悲しいのよ」
そして僕らは、セックスをした。セックスが終わって、僕はぼんやりと>>1のことを
考えていた。彼女は>>1のことなんて、もうすっかり忘れているようだった。
おそらくは世界中の誰もが、>>1のことなんて忘れているだろう。僕は目を閉じて、
ほとんどレスが付かないまま、倉庫に沈んでいく>>1の哀れなスレッドのことを
思った。

3 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 22:32
過激な恋愛板を見て、好きな人に振られた。
学歴板を見て、もう二度と学校へ行くまいと思った。
家庭板を見て、母への手紙を破いた。
格闘技板を見て、世界一強い男はヒクソンだと思った。
ハゲ・ズラ板を見て、息子を一生許さないと思った。
危ない海外板を見て、旅に出た。
不倫・浮気板を見て、もう一度恋がしたくなった。
教育・先生板を見て、学校の先生をやめた。
ペット大嫌い板を見て、猫を殺したくなった。
東北板を見て、急に故郷に帰りたくなった。
ほのぼの板を見て、明日友達に謝ろうと思った。
違反の潰し方板を見て、ゴミを捨てた。
人権問題板を見て、引越しした。
不倫・浮気板を見て、離婚届にハンコを押した。
既婚女性板を見て、フラメンコを始めた。
お笑い芸人板を見て、お笑い芸人をやめた。
国内サッカー板を見て、日本のワールドカップは今回限りだと思った。
オカルト板を見て、その夜の夢でうなされた。
海外旅行板を見て、妻と旅行の計画を立てた。
最悪板を見て、憎むのをやめた。
野球板を見て、野球部をやめた。
失恋板を見て、あいつを好きなことに気付いた。
医歯薬看護板を見て、医者になる勉強をやめた。
無職・だめ板を見て、昔の夢を思い出した。
バイク板を見て、バイクの免許を取った。
議員・選挙板を見て、日本を変えようと思った。
オリンピック板を見て、3km走った。
顔文字板を見て、絵を描き始めた。
洋楽板を見て、ギターを買った。
創作文芸板を見て、日記をつけ始めた。
B級グルメ板を見て、10kg減量した。
電波・お花畑板を見て、妻の手を握った。
人生相談板を見て、自殺を決意した。
ニュース速報板を見て、テレ朝に放火した。
美容板を見て、ヘアスタイルを変えた。
ヒッキー板を見て、ケンカする勇気が出た。


今の日本、はっきり言って元気がありません。
でも、こんな時だからこそ、
ひとりひとりが、夢や希望を捨てて、何かをやってみようと
動き出すことが、大切だと思うのです。
私たちは、そんなきっかけをつくる掲示板でありたい。
2002年、2ちゃんねるは、勝手ながら、
日本を陰気にするプロジェクト、始めます。

きっかけは、2ちゃんねる。

4 :( ´_ゝ`):02/01/21 17:28
そうなの。

5 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 11:29
あーあー、マイクのテスト中。

6 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 09:17
保全 

7 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 19:00


8 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 15:46


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)