2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

走れヒッキー

1 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 12:11
ヒッキーが2chで親友の危機を知り助けに向かう。
そんな感動巨編をみんなで作りましょう。

2 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 14:05
ヒッキーは激怒した。

3 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 15:29
走った。

4 ::02/01/06 15:59
妹の結婚式に出席した。

5 :名無し物書き@推敲中? :02/01/06 16:03
ヒッキーだから体力が無い。
だから、家に帰った。

6 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:18
家で特殊な自慰行為をした

7 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:19
家全体が揺れた

8 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:25
行為の後、畳には小さな穴が穿たれていた

9 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:35
階段をかけあがる音が聞こえてくる

10 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:39
ヒッキーは下半身を晒け出したまま、ドアを開いた母と向かい合う

11 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 20:31
「おかあさん! おちんちんに白いブツブツができたよ!」

12 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 20:57
負けるな!

13 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 21:20
母は驚いて、急いで一階に降りていく。
しばらくし、またドタドタと階段を踏み鳴らして戻ってきた。
手には包丁が握られている。

14 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 21:31
「ほら、ボウヤ、ブツブツ取ってあげるからオチンチン出しなさい」

15 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 21:36
ブツッ!

16 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 22:04
「うまいことやるね!」下半身から血が噴き出ている

17 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 11:39
母が言った。
「そういえば、あんたの友達のモナー君が、ご祝儀を
ぬすんだ疑いで取調べを受けているんだって」
「なんだってぇ〜!」
これはいい。僕の代わりにモナー君がタイホされるとはね。
このまま知らんぷりしてやり過ごそう。
母がまた言った。
「モナー君はあんたがご祝儀を盗んでいくのを見たって言ってるんだって」

18 : :02/01/07 11:56
メ−ル受信で儲ける金額が大きいのはミントメール!
詳細はこちら。早ければ早いほど得するよ〜
1通のメールを読むだけで1250円!
メール1通を読めば1250円を差し上げます。下記を参照して下さい!

ミントメールとは?
ミントメールでは月10ドル分のメールが届きます。
確認すれば10ドルが積立てられます。
そして会員を集めてその会員がメールを確認すれば、その
会員を推薦したあなたには6ドルが積立されます。そしてその会員がまた会員を集めたとしたら、あなたには上位の上位の会員として4ドル積立されます。(その関係は2段階まで) もしあなたが会員を20人を集め、またその会員が20人ずつ集めたとしたら
10ドル→1250円 (あなたの積立金)
120ドル→15000円 (1段階下位会員よりの積立金:20人 × 6ドル)
1600ドル→200000円 (2段階下位会員よりの積立金:20人 × 20人 × 4ドル)
1730ドル→216250円(総額)
※1ドル=125円で換算
このお金は下位会員がいる限り固定的に入ってくるんです。
このお金は毎月10日に支給されますが、外国には50$以上で送金してくれます。
銀行口座の番号等は必要ありません。
50$に満たなかった場合は自動的に次月の積立金に繰り越します。

まずは入会しなくては始まりません。
入会はこちらから
http://www.MintMail.com/?m=1884174

画面の中ほどにあるFREE Sign-Up pageと書いてあるリンクをクリックし、次に初期画面の入力です。ローマ字で入力します。
First Name →姓 (例)田中 → TANAKA
Last Name→名 (例)正夫 → MASAO
Company Name→書かなくていいです。
Street Address→市区郡以下の住所
(例)港区虎ノ門1-2-3スマイルマンション407号
→MINATOKU TORANOMON 1-2-3 SUMAIRUMANSYON 407
City→都道府県名 (例)東京都 → TOUKYOUTO、JAPAN
State→そのままにして下さい。
Zip→郵便番号
Phone→電話番号 日本の国家番号(81)+地域番号の前0を除いた電話番号
(例)03−1234−5678 → 81−3−1234−5678
Country→国名  Japanを選択。
Fax→書かなくていいです。
E-mail→メールアドレス
Confirm E-mail→確認のためメールアドレスをもう一度入力
Year of birth→出生年 西暦で入力
Gender→性別 Male(男性)、Female(女性)
Password→暗証番号 6文字以上で任意に決めて下さい。
Confirm Password→確認のため暗証番号をもう一度入力
How do you want to receive commissions that you earn?
→プレゼントの選択  cash(現金)を選択。

最後にSubmitをクリックすれば画面に thank youというメッセージと一緒にあなたのID番号と暗証番号が出ます。控えを取っておきましょう。これで加入完了です。
そして5分以内にあなたのメールアドレスに加入完了のメールが届きます。

会員募集方法
http://www.MintMail.com/?m=1884174
ID(番号)部分をミントメールより付与された自分のIDに
変えてインターネットの掲示板等で広報するとよいと思います。

是非やってみて下さい

19 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 23:10
「モナーって親友だっけ?」
本当は友達が一人もいない事に気づき、ヒッキーは寝た。

20 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 23:11
目が覚めるとモナーが枕元に立っていた。
手足は縛られ、自由がきかない。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 23:24
「ある意味、おまえにとってのドラえーもんとしてやってきたモナー」

22 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 10:59
今、自分に出来る最大の抵抗をするために、ヒッキーはもう一度寝た。

23 ::02/01/08 12:15
当然のごとく夢精した。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 12:40
「きみはいったい、何に対して抵抗しているモナ?」

25 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 21:30
※告知※
これまでの内容を整えてうpしたモナ
http://www2.yi-web.com/~moji/tora/an/antho2.cgi?action=html2&key=20020111160802

26 :名無し物書き@推敲中?:02/01/09 20:31
ヒッキーの精子は塩素臭かった。
モナーはおもわず三歩下がった。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/01/09 23:22
そこにはなんとヒッキーが作成した地雷が!!
モナーは地雷を踏んだ。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 00:20
モナーは跡形もなく吹き飛んだ。

29 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 20:38
バラバラになったモナーの肉片がピクピクと動き出し、
やがて一つにまとまった。
モナーは復活した。スーパーモナーとして。

30 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 20:54
親友だと思っていたヒッキーに裏切られたモナーは、
ご祝儀袋と血まみれのパンツをその場に残して帰っていった。

31 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 21:01
「へんなやつ」
ヒッキーはあたまがわるかったので、どうしてモナーが
おこったのかわからなかった。

32 :名無し物書き@推敲中?:02/01/11 01:36
(わからないから、ヒッキーなのかな・・・)
(でも・・・)
(どうしたらヒッキーでなくなれるのかがわかんないだから、しょうがいない・・・!)
(・・・・・・)
(世間のほうが間違ってるんだ、って言ってくれるかな、こいつ)

33 :名無し物書き@推敲中?:02/01/11 22:52
ギコが仲裁しに来た。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/01/11 23:42
「ギコハニャーン。逝ってよし!」

35 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 20:29
「ウツダシノウ」
ヒッキーはますます引きこもってしまった。

36 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 22:51
その頃モナーは御祝儀を片手にキャバクラで呑んだくれていた。

37 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 15:46
いい気分のモナーに二人の男が声を掛けてきた。
手には黒い手帳を持っていた。

38 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 16:29
「CIAの者だ。ペンタゴンにハッキングしたのはお前だな。」

39 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 20:22
モナ−は返事より先に懐から拳銃を取り出すと
CIAに向かって発砲した。

40 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 21:14
胴体に弾丸が突き刺さる。しかし、CIAの男は平然としていた。
「イキナリハポーウ! ワル! カコワルイ!!」
男の身体はダミーであり、その本体は頭部のジサクジエンだった。

41 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 23:43
「オマエモナー」
モナーは衣服を脱ぎ捨てると八頭身に変身した。
「カカト落しダッ!!」
八頭身のモナーから繰り出されるカカト落しはジサクジエンを
グチャグチャに粉砕した。

42 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 00:18
その頃ヒッキーは就寝前の自慰に挑んでいた。
加護で抜くか、辻で抜くか、吉澤という手も捨て難い。
悩みは尽きない。

43 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 08:04
ヒッキーが絶頂に達した時、脳裏に浮かんだのは
(●´ー`●)
だった。

44 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 08:17
「ウツダシノウ」

45 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:29
一方その頃
モナーはCIAの血まみれのパンツの中から財布を抜き取ると、
キャバクラを後にした。

46 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 23:04
ぼったくりだった。

47 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 23:34
「もうこねえよ。ウワアアアン」
モナーは泣きながら歌舞伎町のネオン街を駆けた。

48 :名無し物書き@推敲中?:02/01/16 05:44
 場末の飲み屋の前には、ヒッキーが膝を抱えてモナーを待っていた。
「ドコニイッテイタノサ・・・」
 顔を伏せ、上目遣いに自分を見つめるヒッキーに、モナーは恐怖すら覚えた。
「ち、ちがうモナ・・・やめるモナーッ!!」

49 :名無し物書き@推敲中?:02/01/17 11:34
気がつくと、モナーは羽交い絞めにされていた。
ヒッキーはモナーを拘束する屈強な男に向かい、命令した。
「モナーヲ 犯シチャッテ イイヨ・・・」
男はニヤリと淫猥な笑みを浮かべ、ヤニで汚れた歯を剥き出しにした。
一方モナーは力を振り絞って八頭身化しようとしていた。しかし、既に
CIAとの戦いで八頭身力(ヂカラ)は残っていなかった。
モナーの口元がД形に歪んだ。

50 :生意気なモナーをシめてやるッ!:02/01/17 22:22
ヒッキーが見守る中、制裁は行われた。
既にモナーの口にはおにぎり1のサオがねじ込まれている。
「おにぎり2、コマしたれ」
ヒッキーがいうと、おにぎり2はビキニパンツの横から一物を取り出した。
ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、モナーはぶるっと震えた。
しかし、その恐怖とは裏腹に──いや、モナーにとってはその恐怖こそが色欲を沸き立たせるものだったのかもしれない……。
モナーの花らっきょうのような小振りの一物は痛い程にそそり立っていた。
その「花らっきょう」の皮をおにぎり3が唇でちゅるんと器用に剥く。
おにぎり3の口中にアンモニア臭が広がる。
そして、おにぎり3の一尺竿がモナーの菊門にねじり込まれていく。
マッチョおにぎりワショーイたちによるド迫力の4Pファック。
それは幕が開いたにすぎない。悦楽はここから始まる。
夜はまだ終わらない……。


51 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 00:41
「モナーーーー!」
モナーは汗だくで目覚めた。
「ゆ、ゆめだったモナ?」
隣にはスヤスヤと眠るヒッキーの小憎らしい寝顔があった。
キャバクラの安酒に悪酔いしたらしい。
どうやってここまで帰ってきたのか知らないが、
モナーはもう一度横になって眠りについた。

52 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 00:53
今度の舞台はエアフォースワンだ!

53 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 01:35
ヒッキーは子供の頃の夢を見ていた。
ヒッキーは、自分の心に嘘をつくのが何よりも嫌いな少年だった。

思ったことはすぐにでも口に出した。クラスで飼っていた
インコが死んだ時は誰よりも大きな声を出して泣いた。

そんなヒッキーをクラスメート達は時には滅茶苦茶に叩きのめし
時には徹底的に黙殺した。

ヒッキーの閉じた瞳には今うっすらと涙が滲んでいた。

54 :名無し物書き@推敲中?:02/01/21 21:53
「復讐してやる」
ヒッキーは改めてそう思った。

55 :名無し物書き@推敲中?:02/01/21 22:41
復習する前にクラスメイトを陵辱してオナニーしようと思った。
ヒッキーは卒業アルバムを取り出した。
そこにはヒッキーの憧れだった伊藤さやかの姿が映し出されていた。
運動会のスナップ写真で、ほっそりした足とツンと張りのあるお尻が
ブルマーに隠れて、もうそれだけでヒッキーの股間は怒張した。
「さ、さやかタン。ハァハァ」
進歩のないヒッキーであった。


56 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 19:10
しかし、この間同窓会で会ったさやか嬢が、ぶくぶくに太って豚に近い生命体に変化していた事を思い出し、しかもその瞬間にフィニッシュしてまったので、ヒッキーは鬱になった。
ヒッキーのくせに同窓会なんかに行った事をひたすらに後悔しながら、ヒッキーは気分直しに再びチンコをしごきはじめた。

57 :(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル:02/01/25 00:08
朝一番の発砲を終えると、ヒッキーは
まだイカ臭の硝煙をあげているチンコから
ゆっくりと手を離した。

そして、ひとつ小さなため息をついてから机の引き出しをあけ
その鉄製の武器を握りしめた。

58 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 00:16
駅前のドトールで新しい吉牛コピペを考えていたモナーは
銃声を聞いた。

「まさか、あいつがやったのかモナ!?」

モナーはカップも片づけずに、駆けだした。





59 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 01:21
ヒッキーは鉄製の、武器にもなる筆箱を
うんこ色の鞄へと終い、家を出た。

この筆記試験に通れば、俺も大学生なんだ。

60 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 07:44
でもヒッキーだから、人ごみは苦手だった。
受験会場はまさにヒッキーにとっての生き地獄だった。
「ウツダ‥‥」
「鬱・・・」
ヒッキーは同じ言葉を呟いた人物を振り返った。
そこにはダンボール箱に包まったしいちゃんの姿があった。
「‥‥ケコーン‥‥?」

61 :(┐´∀`┌):02/01/28 04:35
実際、ヒッキーはテンション下がりまくりだった。
しかし、スレはそれ以上に下がっていた。

62 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 23:06
gannbare


63 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 00:48
このままではやばい。
そう思ったヒッキーは、がんばってみることにした。

64 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 01:17
でもがんばったことなんて今まで一度もない。
がんばらないのがヒッキーの美学なのだ。
そして美学という漢字がわからなくてビ学と書いてしまうのがヒッキーのヒッキーたる由縁である。
「鬱だ氏のう」

65 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 02:58
鬱という字もうろ覚えなのだ。

66 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 04:10
自分の名前さえまともに書けなくて困るヒッキー。
そこに一人の名も無い試験官がやって来た。
男は親指を立てると、こう呟いた…。
「名スレの予感」

67 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 03:44
しいちゃんも親指を立ててみた

68 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 13:17
み、みんな……。
ヒッキーは感動した。
いままでバカにされ蔑まされてきた人生に一条の光明を見た。


69 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 21:34
感動していたら試験の終了を告げるチャイムが鳴った。

70 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 22:59
その頃、ヒッキーを追ってドトールを飛び出していたモナーは…。

71 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 23:00
食い逃げしたので、ドトールの店員に追いかけられていた。


72 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 14:40
「コーヒーゼリーはいまいちおいしくなかったモナー」

73 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 15:02
ウェイトレスのお姉ちゃんは巧かったモナ」
抜群のフェラテクにモナーは3回昇天したほどだった。


74 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 17:03
しかし、今モナーを追いかけているのはごついアニキ系の店員だ。
「どうせならおねえちゃんに追いかけられたかったモナー」

75 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 18:23
「アニキ系ということは捕まったらもしかしたら貞操の危機だモナ」

76 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 18:27
「ここはいつから801板になったモナーーー!!!」
モナーは自分の考えてしまった内容に、思わず立ち止まって空を仰いで叫んだ。
ところがそれがまずかった。
「つーかまえたっ♪」

77 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 21:00
アニキは満面の笑みでモナーを後ろから抱きしめた。
「モナーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
モナーの絶叫が凍るように冷たい冬空に響いた。

78 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 22:11
http://teri.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1013098290/l50

79 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 22:17
ブラクラかも、などと考える間もなくモナーはアニキと共にそのURLへ…

80 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 22:23
騙された!!!
この怒りをどう表現すればいいのだろうか。
モナーは悔しいので記念カキコすることにした。


81 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 22:34
「お前ら!!素晴らしい情報だ、此処に某アイドルの個人情報が書かれてるぜ
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/male/1012914562/l50

よーしこれで完璧だモナ」

82 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 22:35
一方、試験がうまくいかなかったヒッキーは帰宅してPCを2ちゃんに繋ぎ…。

83 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 19:07
また騙されちゃったのね。
貴方良い人ね・・・。

         ∧_∧
        ( ´∀`)
        /,   つ
       (_(_, )
         しし'


84 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 19:07
ヒッキーは激怒した。


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)