2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新人賞に応募したくない

1 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:31
ヒマつぶしに小説を書いてみたら、信じられないくらいに良い。
かと言って別にどうしても小説家になりたいわけでもない。
だって、必死になって新人賞に応募するのって、
ちょっと格好悪いじゃない?
誰かどうしてもうちで出版させてくれってトコないかな。
どうしてもっていうなら発表してもいいんだけど。
まあ、金額にもよるけどね。

2 ::01/12/26 17:32
いや、これマジなんだよ。

3 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:36
投稿しなきゃいい。
あなたの小説一つが世に出なくとも、
別に世界が変わることはない。

4 :1:01/12/26 17:40
世界は変らんかもしれんが、
日本文学にとっては損失かもわからんよ。

5 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:42
やっぱ、個人的には嫌だけれど、
日本の文学の将来を考えて投稿しようかな。

6 ::01/12/26 17:45
>>1の書き込みから、
まったく文の教養が読み取れないのはいかがなものか。

7 :1:01/12/26 17:48
俺教養なんてないよ。高卒だし。
だけど、書いたものは凄く良いんだよ。
そういう事ってあるんじゃないの?

8 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:48
文芸社に送ってみなはれ

9 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:50
教養だけで文章が書けないことは認めるが、
>>1の書き込みには才能の片鱗の見られない。

10 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:50
1はタコですな

11 ::01/12/26 17:52
最初にきちんと値段の交渉から入ってくれないとねえ。
俺の作品を出版すれば、きっとそこの出版社
新しいビル建てちゃうよ。

12 ::01/12/26 17:54
悪いんだけど、煽りは下げでやってくれる?
自作自演みたいに思われると心外だから。

13 ::01/12/26 17:58
じゅうえんならいいよ
いや、まじで。

14 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:58
三番煎じ、つまんなーい。
とりあえず、どこかでだれかに作品を見せなよ。

15 :1:01/12/26 18:02
友達に読んでもらったら、凄く良いっていうんだ。
俺の友達、本とか読んだ事のある奴いないから(俺もだけど)
あんまりアテにならないかもしれないけど、
そういう連中が
「小説なんて読んだ事ないけど、これは凄く面白かった」
って口を揃えて言うんだよ。
どう思う?

16 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:10
>>15=1
俺もそう思うよ。うん。

17 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:12
れみ感の2番煎じ。

18 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:14
れみ感は、こんなに嫌らしい尋ね方はしない。

19 ::01/12/26 18:21
って言うか、普通、物書いてる連中から見てどうなの?
俺みたいな高卒に凄く才能あるってのは。
嫉妬を感じる?

20 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:23
全然。
才能に学歴は関係無い、と私は思ってる。

21 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:25
>>19=1
そういうのは才能といわない。
思い込み。勘違い。
高卒かどうかなど関係ない。
「おまえ」は駄目な奴だ

22 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:27
じゃあここにのせろよ。

23 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:27
読んでもいないのに、嫉妬など感じる訳がなかろう。
ばっかだなあ。お前。よーし、お前のコテハンは「タコに感謝」だ。
ワンダーボーイの父であるワシが命名してやる。歓喜せよ。

24 ::01/12/26 18:29
中卒作家

25 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:31
読者のいかんを問わず、面白いと言わしめる文章を
書けるのは素晴らしいことだと思う。才能に関しては
肝心の文章を読まないことには判断つきかねる。
できればあなたの作品を読ませていただきたい。

26 :1:01/12/26 18:31
つまらない強がり言ってごめんなさい。
本当は僕、寂しいんです。
高卒で仕事は毎日現場、冬は特にきついんです。
友達はいないし、彼女もいないし、
親父は飲んだくれ、母親は違う男とトンズラ。
そんな辛い日々の慰めに小説を書いてみたんだけど、
僕の周りに漢字読めるやつなんて一人もいない。
誰かに読んでもらいたくてこんなスレ立てちゃったんです。
許してください。許してください。

27 ::01/12/26 18:34
>>26
ははは、あんた誰だよ。俺友達も彼女もいるよ。
まあ、親父とお袋のところは似たようなもんだけど。

ここに載せてもいいけど、
パクられる可能性があるのと、金になんないじゃん?
まあ、別にパクられてもいいかな。

28 ::01/12/26 18:36
って言うか、もし俺がここに作品書き込んで、
それを誰かがパクって飯のタネにしたら、
あんた達責任とってくれる?
そいつのこと糾弾してくれる?裁判とかで。

29 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:38
自分が書いたって言えばいいだろうが。
あと、全部のせなければいいだけ。

30 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:40
早く書け。さあ。さあ。

31 ::01/12/26 18:43
すみません、すみません、
僕が本物の1です。
sage進行で行きますんで、
きつい言葉は勘弁してください。
僕って本当に駄目なやつなんです。
もうすぐ30なのに、今だ素人童貞。
日雇の給料が入ると、
一目散になじみのソープに駆けこむんですが、
給料全て注ぎ込んだ
ソープ嬢にすら臭い汚いと罵られ、
もう生きてゆく寄る辺もありません。
駄文を綴ることだけが日々のなぐさみ。
そんな僕をどうか見捨てないでください。

32 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:44
>>30
ボウズボウズ、それはあまりにも幼稚だ。

33 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:45
ネタじゃないならこんなところでウダウダやってないで
アメリカンドリーム目指して出版社に持ち込み逝けって
誰も止めないから

34 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:45
おい!もっと盛り上げろよ!

35 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:46
投稿しちゃえばいんじゃん。
賞金と名誉までつく。
ポストにいれるだけで手に入るんだから簡単なもんだ。
よかったな。

36 ::01/12/26 18:47
>>31
うっとうしいよ。
じゃあ、最初だけね。パクるなよ。

しばらく後部座席でぐずぐずと泣き続けていた麗子がいつの間にか静かになった。
眠ったのかと思ってバックミラー越しに覗き込むと、顔は影になっていたがノース
リーブのシャツの下で大きな胸がゆっくりと上下しているのが見えた。達雄は冷房
を少しだけ彼女のために弱めてやって、それからカーラジオのヴォリュームも下げ
た。麗子とどちらが助手席に座るかで激しく揉めていた梨奈も、窓に額を付けたま
まさっきからずっと黙っている。彼女は自分の体を抱くように両腕を組み、ラジオ
から流れる局に合わせて時々小さな口笛を鳴らした。梨奈の口笛は殆ど唇を動かさ
ずに音を出す。舌先を歯の裏側につけて溜息のようなかすれたメロディを漏らすだ
けだ。いつもなら耳障りだからやめろと文句を言うところだったが、口を聞くのも
面倒なので達雄は黙ったままでいた。
深夜の国道沿いにはカラオケボックスやファミリーレストランの明りが立ち並び、
その看板を眠気醒ましにいちいち目で読み上げながら、二人の若い女を連れて真夜
中のドライブ、これが普通の旅行か何かだったら満更でもないんだがな、と達雄は
馬鹿なことを考えた。

37 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:51
最初じゃないだろ。

38 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:52
その文章を、普段小説を読まない奴が、面白いと、言ったのか?
暗い粘着逝って良し。
駄スレ沈没鮫の餌。
最低だよ、あんた。

39 ::01/12/26 18:53
いや、これが書き出しなんだよ。
ここから物語が始まるの。

40 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:54
↑あんたもしかして「れみ感」じゃないの?

41 ::01/12/26 18:55
とりあえず、皆が読みやすいようにキチンと改行をしようね。

42 ::01/12/26 18:57
>>38
言ったよ。
俺の友達、はっきり言ってみんな肉体労働者だし、
俺の偽物が言ってる通り漢字もきちんと読めないけど、
一生懸命読んでくれて面白いって皆言ってたよ。
あんた、高卒でも判るモンが判らないって、馬鹿じゃない?

43 ::01/12/26 18:58
で、結局どうなのよ。
本当に良いんで、皆びびってる?

44 ::01/12/26 19:01
文章は書けてるほうなんじゃない?
全部通して読んでみないと、小説としての評価は難しいけど。

だから、じゅうえんでかうって。まじで。

45 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:02
読解力もねぇときたか。
まぁ、でもこの文章はいいね。
あんた天才だよ。

46 :1:01/12/26 19:02
何だよ、載せろって言うから載せたら放置かよ!!
やっぱ金にもならねえとこに書き込んだ俺が間違いだったな。
言っとくけど、おまえらパクるなよ。

47 :文芸社:01/12/26 19:04
素晴しい!
既存の文学にはない新しい才能のひらめきを感じます。
是非ともうちで協力出版してください。

48 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:07
おまえがどっかからぱくったんだろ。

49 ::01/12/26 19:09
>>46
たったこれだけじゃパクリようがないよ。
自分で作った方が早い。

50 ::01/12/26 19:10
って言うか、全部出百枚くらいあるし、
そんなの全部載せられるわけないじゃん。
全部読みたいかもしれないけど、
本当に良い物は最初だけでもその良さが見えるもんでしょ?
それが判らない奴は駄目だよ、はっきり言って。

51 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:10
逆バンジーでもしてろ。

52 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:13
最初で分かる程度のものしかかかねえ野かてめえは。
ところで出来上がってんの?
出来上がってんならどっかに送るか出版社に直接持っていけば。

53 ::01/12/26 19:13
>>50
ぶっちゃけ俺の方が上手いし。
それに百枚?
随分中途半端な枚数ですね。

54 :1:01/12/26 19:14
何だよ、何だかんだ言っておまえら結構好感触じゃん。
じゃあ、次ね。一応改行したから。
何度も言うけど、パクるなよ。

途中梨奈がトイレに行きたいと言い出したので、
達雄は目についたコンビニの駐車場へ車を停めた。
車のドアを開けると、熟れたような真夏の風がTシ
ャツにまとわりついて息苦しかった。大きく伸びを
したあとで、ポケットの中の汗で湿った煙草に火を
つけた。梨奈の後ろ姿がコンビニの中へ完全に消え
て行ったのを見届けてから、達雄は咥え煙草のまま
車の後部座席の窓を叩いた。目を覚ました麗子は子
供がむずがるような顔で達雄を見上げながら窓を開
けた。
「着いたの?」
「いや、コンビニに寄っただけ。トイレ行きたいな
ら行っとけよ」
 まだ寝ぼけているのか、足取りのしっかりしない
麗子の背中を支えるようにしながら達雄は一緒に店
に入った。華奢な背中の汗ばんだ体温が手の平に伝
わってきた。少し腹が減っているような気がしたの
で、ツナサラダと烏龍茶と煙草を買って一人で先に
店の外へ出た。ガードレールに座ってそれを食べて
いると、梨奈がやって来て隣に腰を下ろした。彼女
が自分の事をじっと見つめていることが判ったが、
わざと気付かない振りをしてサラダを食い続けた。

55 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:15
>大きな胸
つうのが浮いてるような……。エロなのかな。

56 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:16
>>36
短いからコメントするのは難しいが、わりと上手い文章だな。
この前、一次選考を通過した人の原稿を読んだときに感じたような頭痛はしなかったよ。
本当に君が書いたものなら投稿してみな。
「角川NEXT大賞」はどうだ? どうやら三ヶ月で結果が出るらしい。
本当に投稿歴はないのか? 文章だけなら一次を通過できる実力はあると思う。

57 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:18
だからこんなもんパクんねえよ。てめえがパクんな。自信があるならど
っかに持っていけばいいだけの話だろ? おまえアホか。

58 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:20
文章はまあまあだな。プロットは? プロットを教えろ。
もしくは梗概。

59 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:21
上手い文章だと思います。
続きが気にならないと言えば嘘になる。

60 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:24
>>54
いい感じだ。ただ言葉の遣い方が幼い感じがする。
個人的には直した方がいいと思うが、それを「若者感覚」とか「個性」と
評価してくれる人もいるだろうね。
読みやすい文章ではある。

61 :1:01/12/26 19:25
まあ、完成してるけど、全部はさすがに載せない。
って言うかね、ぶっちゃけた話、俺の友達が皆良いっていったから、
知り合いの(って言っても他人のツテだけど)、文章書いてる人に見せたのよ。
そしたらさ、まあ俺も作業着とかで言って常識欠けてたとこはあるけどさ、
そいつが偉そうに読みもせずに突き返してきたわけ。
それで、まあ俺もほんの少し自信がゆらいで、
しかもそいつに思いっきり学歴のこととか馬鹿にされたしさ。
あんまコンプレックスのあるとこ見せるの嫌なんだけど、
やっぱきちんとしたもの書けてるんだと判っただけでも安心した。

62 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:27
誰もそんなこと言ってないのにおまえって思い込み強いな。

63 :1:01/12/26 19:27
ってことで、調子に乗って続きを。しつこいけど、パクんなよ。

「食欲あるんだ」梨奈が責めるような口調でそう言った。
「あるね。これ食ったら余計に腹が減ってきたよ」達雄は
空いた容器をビニール袋に乱暴に突っ込んで、代りに取り
出した烏龍茶を半分くらい一気に飲み干した。
「あんた、自分が何したか判ってんの」
「俺は何もしてない。あれは事故だ」
 事故だと言ったあとで、自分が言いたかったのはもっと
別の言葉だったと達雄は気が付いた。だがそれをどんな風
に言い直せば良いのかは判らなかった。「運命」と頭の中
に思い浮かべてから、それでも少し違うような気がした。

64 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:28
何でわざわざここにスレ立てたの?

65 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:28
きちんとしていると思うよ。
かんばれ

66 ::01/12/26 19:30
パクるなよ。

物事の責任が誰にあるのか追求してゆくと、大抵は枝葉が広がり
絡まりもつれあって面倒臭いこと極まりない。だから世の中の出
来事の多くは結局のところ避けようがないなのだと思うことにし
ている。それは運命論とか何とかそんな大仰なものではない。何
か不都合が生じたときにその原因を探って思い悩むよりも、「仕
方がない」と割り切ったほうが話が早いからそう考えるようにし
ているだけのことだ。苦悩は何の足しにもならない、と達雄は思
う。悩んでいる暇があるなら、さっさと事後処理のために体を動
かしたほうがずっと現実的だ。
 国広が死んだのだって、あれはつまりは事故だったのだ。多少
は驚いたが自分を責めたり悔いたりはしなかった。原因や経過が
何であれ死んだからには仕方がない。国広はすでに死体になって
しまったし、悔恨が奴を生き返らせるわけではないのだ。
 頬に感じる梨奈の視線がうっとうしいので、達雄は店に戻りカ
ップラーメンを買った。レジの脇で湯を注いでいると、トイレか
ら出て来た麗子が寄ってきて「あたしもお腹減った」と寝起きの
声を出した。達雄はガードレールに再び腰掛け、麗子は道路にし
ゃがんでラーメンをすすった。彼女が足元にしゃがみ込んだとき、
達雄はほんの一瞬だけその豊かな胸を盗み見た。

67 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:31
ジャンルは何なの? 純文学? 大衆文学(それっぽいが)?

続きなんかいいからプロット教えろよ。
もしくは梗概(書いてないとかいいそうだが)。

68 ::01/12/26 19:31
>>61
安心しろ
その文章を書いてる奴が糞なだけだ
お前はお前の人生で天寿をまっとうしろ
こんなところで小説なんか書いて寄り道してはいけない。
とりあえず、どっかの新人賞に応募して、
あとの事は忘れるんだ。そう忘れるんだ……。


それがお前の為。

69 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:31
文芸板の法則:例え文章がうまかろうが、アイデアがよかろうが、とりあえず揚げ足、文句たれてけなしまくれ

70 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:32
>>61
そんなことがあったのか!
君にはっきりと好感を持ったぞ。
ブルーカラーというだけで馬鹿にするようなDQNは放っておけよ。
投稿生活に入れば、もっと辛い思いを味わうことになるだろうが、
いつか芽が出るかもしれない。
「角川NEXT大賞」は一つ一つに編集者のコメントがつくそうだ。
挑戦してみろよ。

71 :ジョン・ダイトン:01/12/26 19:34
 素晴らしい、助手席に女を積んでいるというのが、実に素晴らしい。
俺の運転するワゴン車が、職人や土方以外の人を乗せた事は未だかつて
なかった事であり、これからもまた無いであろう事だ。
 往きも帰りも、コンビニに寄れ、コンビニに寄れとうるさい連中だ。
しかも、「酒・たばこ」と書いた店で無いと、怒鳴られるのだ。

72 ::01/12/26 19:36
ジャンルなんて知らないよ、俺本読まないし。
揚げ足、文句は上等だね。それと、パクるなよ。

梨奈とは何度か一緒に寝たことがある。それは彼女達が
達雄のアパートに転がり込む前の話で、三人で暮らすよ
うになってからは一度もからだの関係は無い。お互いに
特に相手のことが好きなわけでもなかったし、晩飯のお
かずや燃えないゴミの日や電話料金の中へ肉体関係を持
ち込むことを警戒する気持ちもあった。生活とセックス
が同居すると生臭すぎるし後々面倒なことになるのでは
ないか、そんな気がしていた。とにかく一緒に暮らして
いる女とは寝たりしない、そもそも寝たいという気持ち
が起らない、達雄はいつもそんな風に思っていたのだが、
そのくせ梨奈が連れてきたもう一人の女を眺めるとき、
彼の頭の中にはその柔らかそうな尻を掴んで後ろから激
しく責め立てる自分の姿が浮かんできてしまう。
 梨奈と麗子は高校の同級生だという触れ込みだった。
高校時代は大して親しいというわけでもなかったが、田
舎で偶然再会したときにアパートが近所だということが
判って以来、東京に戻ってからは一緒に買い物に出かけたり
合コンに参加したりしている。

73 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:36
>>67にも答えろよ。核心に行くと逃げるな。
あとレス付けてんのほとんど俺だから。

74 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:38
だからプロットと梗概でいいって言ってんだろ。
そっちの方が簡潔じゃねえか。コピペしないで自分で書いてみろ。

75 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:38
確かに書き出しはいいかもしれないが、この調子でずっと続くとなると・・・だと思う。

76 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:38
一応これで終わりにしとく。
角川のそれ、金はいくらもらえんの?
それと、パクるな。

 彼女達はそれぞれ別の大学に通っていて、達雄の仕事は
日によって出勤時間がまちまちだから、時には昼間からア
パートにどちらかと二人きりになる場合がある。一度でも
寝たことがある女は気が楽だ。万が一何か起ったとしても
言い訳のしようが幾らでもある。ところがいつか寝るかも
しれない女が暮らしているのは非常に健康に悪い。可能性
は一度生まれてしまうと、その確率が高かろうが低かろう
が、実現しないことには可能性のままでいつまでたっても
収まりが付かない。だからといって、達雄は麗子のことを
積極的に誘ってみたりする気にもなれなかった。梨奈に対
する遠慮も多少あったし、それ以上に自分の行動で物事に
決着を付けるのが億劫だった。起ることは起るし、起らな
いことは起らない。

77 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:39
俺もかなり長文でレスしてるぞ。

78 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:40
俺はかなり短文でレスしてるぞ。

79 ::01/12/26 19:40
プロットって何?あらすじ?
高卒だからって馬鹿にすんなよ。

80 ::01/12/26 19:40
俺はなんか、まったく頭を使わずに適当に書き込んでるぞ。

81 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:41
角川書店では、職業作家を目指すこれからの才能に広く門戸を開放すべ
く、本賞を創設します。ミステリ、ホラー、ノワール、冒険小説、恋愛
小説、SF小説……ジャンルにとらわれず、"新しい物語"を産みだす情
熱と瑞々しい感性を持った書き手の登場を期待します。
● NEXT賞とは? ●
1 本賞は、選考委員が応募作の相対評価で受賞作を決定するコンペティ
ションではありません。編集者が一作一作丁寧に目を通し、絶対評価で
出版を決定いたします。
オールジャンルで小説を募集しております。ジャンルの良否は評価の対
象になりません。オリジナリティー溢れる作品であれば、どのようなジ
ャンルのものでも公平に審査いたします。


2 締切りの期日はありません。常時原稿を募集します。

3 全応募作品に対して、原稿が到着してから3ヶ月以内に、その作品の
評価を書いたコメント用紙をお送りいたします。

4 優れた作品は、「カドカワエンタテインメントNEXT賞」として、
小社より刊行いたします。

● 応募規定 ●
● 【原稿規定】200枚以上(400字詰め原稿用紙換算)。はじめにタイ
トル、著者名を書いた扉をつけ、800字程度の梗概と20字程度のキャッ
チコピーをとじ添え、その末尾に氏名、生年月日、出身地、略歴、住
所、電話番号を明記する。ペンネームを使用する場合にも本名を記入
し、どちらにもふりがなをいれること。原稿には必ず通しノンブルを
入れ、右端を2ヶ所で綴じる。 原稿の末尾に”了”の字を入れること。ワープロ原稿の場合は必ずフロッピーディスク(ワープロ専用機の場合、機種は問わない。パソコンの場合はファイル形式をテキスト、MS WORD、一太郎に限定)を添付すること。


● 【原稿送り先】
〒102‐8177 千代田区富士見2−13−3
角川書店書籍事業部「カドカワエンタテインメントNEXT賞」係


● 【電子メールによる応募について】
応募の仕方は上記に準じますが、字詰行詰の体裁は自由です。いずれの
ファイル形式も添付ファイルにすること。
メールアドレス:e-next@kadokawa.net


● 【出版と二次的利用】刊行決定作の出版権、雑誌掲載権、二次利用
権(映像化、ゲーム化など)は角川書店に帰属し、規定の印税が支払われ
ます。


● 【注意点】応募原稿の返却はいたしません。他の文学賞との二重投
稿はご遠慮ください。審査結果に関する電話でのお問い合わせには応じ
られません。

・・・規定の印税がもらえるようだな。

82 ::01/12/26 19:42
二百枚以上じゃ1はダメじゃん

83 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:43
ちなみに、俺はまだ高校すら出ていない。(現役)
ヒマなんでちょっかい出させてもらうぜ。誉めるときゃ誉めるけどな。

84 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:43
新潮新人賞   250以内100枚前後 (純文学)新潮社   3/31
すばる文学賞  50〜300     (純文学)集英社   3/31
文藝賞     100〜400     (純文学)河出書房新社 3/31

85 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:43
それだけ書けるなら長編だってできるだろう?

86 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:45
>>81
ふーん。賞金とかってないんだね。印税かあ。
でも、ありがとう。
ただ、俺の奴100枚くらいしかないから、
もっと長いの書かないと駄目だなあ。
あとさ、プロットって、まじ何の事?

87 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:45
いや、おれい外に二三人居るのは分かってるけど
今日は3分に1回はリロードして粘着にレスしてたからな。

88 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:45
女の中に男1人って時点で俺的にはすでにNG。

・・・偏見ですハイ。逝ってきます。

89 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:46
プロットは筋、構成ってこと。だいたいの筋ね。骨組み。

90 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:47
>>87
まだいたのか!(藁

91 :プロットの意味をここで始めて知った奴:01/12/26 19:48
 

92 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:50
そうか……百枚だったか。
前の方のレスにもそう書いてあったみたいだな。すまん。
でも>>84を見ろ。受け入れてくれそうなところが三つもある。
ただ多重応募は厳禁なので、どれか一つにしか応募できないぞ。
賞ごとのカラーが俺にはいまいち分からないので、誰か説明してやってよ。

93 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:50
一日中この板に貼り付いていた。基地外そのもの。
その証拠となるようなスレ捜そうと思ったけど見つかんなかった。
まあいいや。なんか寝てないし。

94 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:50
>>91
で「文字が隠れてるのかな?」とか思って空白部分を選択しちゃった奴手を上げろ。

95 ::01/12/26 19:52
1のカラーもイマイチよくわからん
これからどう物語が発展していくんだ?

96 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:52
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/972837264/129-134

97 ::01/12/26 19:53
>>96
何の意味もねー

98 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:53
FU-!

99 ::01/12/26 19:54
やっぱ、あらすじで良いのか、プロットって。
あらすじはね、達雄って主人公のところに
女が二人転がり込むの。
そのうち一人とは寝たことあって、
もう一人とは寝たいと思ってんだけど、まあ寝なくてもいいかって感じ。
そこに国広って達雄の友人が来るわけ。
で、達雄は一応国広の友達なんだけど、あんま彼が好きじゃないんだよね。
で、ある日その国広が梨奈って、これは達雄が寝てもいいかなって思ってる女だけど、
その女を好きだって事に達雄が気が付くんだ。
それで達雄は見せしめにわざと国広の好きな女とやっちゃうんだけど、
それを見て逆上した国広と喧嘩になって、
間違って国広が死んじゃうわけ。
で、それを真夜中に男一人女三人で車で捨てに行くって話。
面白そうだろ?でも、パクんなよ。

100 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:55
ttp://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
応募するなら原稿の体裁をきちんと整えないとまずい。
このサイトへ行けばどうやればいいか分かる。
一次選考の審査員が運営しているサイトだ。
あと応募する賞の要項を必ず調べておくように。

101 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:55
これからどうなるか?
それをダイジェストで教えてくれ。
それだけで俺はお腹一杯になるだろうよ

102 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:55
>>96
君はもしかしてあのときの・・・このスレの129と130のいかにもほかにすることが
なさそうなのが俺。

103 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:57
なんて救いようのねえ話しだ!

っつうか、かなり凡じゃん。
誰でも思いつくような。
よっぽど達者な文章じゃないとヤバイぞ。

104 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:57
おお、なんかよさそうだな。あとはちゃんとしたとこで認められるだけ。
パクリじゃないことを証明しろ。

105 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:58
>>99
ミステリーなのか
ホラーなのか

106 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 19:59
>>96
131と133が俺。
ヒマなんだよ。俺もな。

107 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:00
>>99
よくあるタイプの話だから、そのストーリーをパクられる心配はしなくていい。
それをどう見せるかが勝負だよ。
パクられるとしたらそこだから、どう展開するのかとかは絶対書き込むなよ。

108 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:00
1こそパクリだと思う。

109 :1:01/12/26 20:00
これって凡なのかあ!?
俺が出た高校の先生にも読んでもらったんだけど、
夏目漱石(だと思う)の、心だか気持ちだか、
そんな題名の話に似てるとは言われたけど。

110 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:00
それはないと思う。

111 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:02
しかしれみ感っぽいやつだな。

112 :予想:01/12/26 20:03
>>99続き

死体を湖に捨てた4人。
この日のことは4人だけの秘密にするという誓いを交わす。
そして次の年の夏。
事件に関わった人間が次々に殺され始める・・・。
あの時、湖に沈めた死体が蘇り、復讐を!?

ネタバレ:犯人は父親です

113 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:04
いいともー!

114 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:04
話が凡でもなんとかなる。どう読ませるかの方が重要だよ。

115 ::01/12/26 20:05
そうか、良くあるタイプの話なのか…。
まじショックだ。
参考に、似てる話の本とか知ってたら、教えてくんない?
それ読んで本当に似てたら、この小説はもう世間には出さない。
あと、これをどう見せるかって、もうそのまんまだよ。
男女三人で死体を捨てに行きながらぐだぐだ喋ってるだけ。

116 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:05
みんな夕飯は食べたの?

117 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:06
>>115
それだよ。そのグダグダの内容が大切なんだって。
それをここには書き込むな。それをパクられたらやばい。

118 ::01/12/26 20:06
ラストはどうなるのさ

119 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:07
>>111
本人だろ(w

120 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:07
その喋りの部分がミソってことね。

121 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:07
んでそっからどうなんの。
細かい諍いが続いてキレた女同士が殺し合って、止めに入った達雄がまちがって死んだりすんの?
死体が発見されるも犯人の特定には繋がらずに、時効ギリギリまでドキドキビクビクしながら生活して、結局捕まったりすんの?
死んだはずの国広が何故か姿を現して四人に復讐したりすんの?
あ、112と被ったか(w

122 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:07
>>114
>>1にそこまでの文章力が・・・?
まあ、可能性はないとは言えんが・・・。

っつうか、これで1が賞でもとろうものなら、俺は泣くぞ。間違いなく。
これまでの俺の努力は一体なんだったんだと。
ヒマ潰しに書いた小説に負けるのかと。

123 ::01/12/26 20:09
>>122
力を抜いた作品の方が
いい出来だったということは多々あることであろう。

124 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:09
122さん……

125 :112:01/12/26 20:09
知らない人のために言っとくと、
>>112は「ラストサマー」っつう映画のストーリーです。

126 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:10
1はえらそうな割にはこんなところにスレ立てて行動には移さないね。
ネタくせー。
自分で書いたんなら新人賞にでも送ればいいだけじゃん。
とくに自信があるんだから。

127 ::01/12/26 20:10
あ、そうなんだ。
そこがミソなの?何だよ、おまえらよく色々知ってるなあ。
でも俺としては話が斬新だと思ってただけに、
凡だと聞いてかなりショックだよ。

128 ::01/12/26 20:10
1はどんな本読むの?
好きな作家とかいる?

129 :112:01/12/26 20:11
知らなくちゃネタとして成立しないんだよな・・・。
「ラストサマーかよ!」ってなツッコミ期待してたんだが・・・。
スレ違いか。スマソ

130 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:12
拙者、映画は素人で御座る。

131 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:12
正直れみ感がかたちを変えてまた現れたようにしか思えない。

132 :38:01/12/26 20:13
逝ってきます。
あんたが若葉マークだとはまだ信じられないけど、もし本当にそうだとし
たら、申し訳のないことを言ってしまった。
軽率でした。
お詫び申しあげます。
才能のある方のようなので、がんばってくださいね。

133 ::01/12/26 20:14
本は全然読まない。たぶん4年くらい読んでない。
でも、国語の成績は良かったよ。
読書感想文で市長賞もらったし。
一番最後に読んだのは、えぶりまんしの何とかってサラリーマンの本。
そん時つきあってた彼女の親父がくれた本。

134 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:14
>>129
分かってたよ。あれに出てた女の子は可愛かったな。

135 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:17
何か勿体無いな。
ライトノベルでも何でもいいから何冊か小説読んで文法作法とか勉強したら?
市長賞もらえる文才があるのに。

136 ::01/12/26 20:18


 (´‐`). 。o O(えぶりまんしってなんだろう……?)

137 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:18
実況板にでもいってくる。

138 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:20
>>1
1:年齢
2:性別
3:友達の数(だいたいでOK)
4:趣味
5:好きな映画
6:好きな曲
7:好きな小説
8:好きな漫画
9:好きな芸能人
10:好きなテレビ番組
11:好きなゲーム
12:一日当たり抜けるチン毛の本数
を記入してください。

139 ::01/12/26 20:22
あのさあ、ここに書き込んでる人色々知ってるみたいだから聞くけどさ、
本ってどういうの読んだら良いわけ?
俺なんか高校でも、小説とか読んでると馬鹿にされるような学校だったんだよ。
俺も本読みたいなとは思うけどさ、もうわかんないよ。どれから始めたら良いのか。
前に書いたそのえぶりまんしだってさ、面白かったけど、
仲間の前で読んでると笑われるから、
「これ彼女の親父が読めって言うから仕方ないんだよ」とかいってさ、
隠れて言い訳しながら読んだんだよ。

140 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:24
大丈夫だ。
俺もこの3年間、一冊も本を読んでいない。
小説はもちろんのこと、漫画も・・・。

141 :1:01/12/26 20:25
>>138
なにそれ、占い?

142 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:26
「どう読んだらいいのか」
質問の意味がわかりません。

143 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:28
ビクトル・ユーゴー
『死刑囚最後の日』
おすすめ

144 ::01/12/26 20:28
自分の好きな本とか面白い本とかは
いっぱい読まないとわからないものなんです。
読んで「つまんねぇ」
読んで「こりゃオモシレェ」
その繰り返しで本に対する嗅覚を鍛えていくものなんです。

仮にここでお薦めの本を紹介しても、この場では叩かれたりして
正当な評価が得られないでしょう。

でも貴方は読まなくても書けるタイプの人っぽいから、
無理して読む必要もないと思うよ。

145 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:28
>>141
興味本位だ。
あと、スレをのばすため。
書いとけば少しぐらいはレスのつきがよくなるぞ。(たぶん

146 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:28
本屋に行って適当に立ち読みして、気に入ったら買ってじっくり読むとか。
図書館の方が金かかんなくていいかな。
なんでもいいんじゃない?
ミステリーでも時代小説でもノンフィクションでもファンタジーでも。
あんまり参考にならない無責任な意見だとは思うけど。

147 ::01/12/26 20:29
>>142
どう読んだらいいかなんて聞いてないよ。
俺高卒だけど、ある程度漢字読めるし。
どういう本を読んだら良いか知りたいんだよ。

148 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:30
すごいね、天才だね













失せろ

149 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:30
>>1が本を読むようになったら落ちそう(又は変な方向に走りそう)で怖いです。

150 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:31
本を読んで損することって無いと思う。

151 ::01/12/26 20:32
>>147
読むより書いた方がいいと思うよ。
小説家になりたくないなら、別に今のままの生活を送ればいいだけで。

152 :142:01/12/26 20:33
>>147
ゲームや映画と同じ感覚でいいんじゃねえの?
パラパラと見たり、紹介文とか読んでみたりして、面白そうだと思ったら買う。
んで、結果、後悔したり満足したり。その繰り返しだべ。

153 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:34
あんまり読んだことないからわかんないけどね、
えぶりまんしは面白かった。題名おぼえてないけど。
あと、これは彼女に借りたんだけど、
修道院っていうの?
そこに育ったハンサムな男が殺人する話。これも面白かった。
映画もゲームも興味ない。漫画も読まないな。
テレビもあんま見ない。
何だよ、これじゃあ、俺が典型的な高卒の趣味のない貧乏人の息子みたいじゃん!

154 ::01/12/26 20:35
>>153
暇つぶしに小説書く奴はそういねぇよ。

155 ::01/12/26 20:37
って言うかさあ、本屋とか図書館とかって恥ずかしくない?
何か人に見られたら嫌だしさ、
面白そうな本教えてよ、インターネットで買うから。
ユーゴって、どんな話?

156 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:37
好きこそものの上手なれ?

157 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:38
小説書くのは知的(あるいは恥的)な作業。
典型的な高卒の趣味のない貧乏人は小説書かんはな。

158 ::01/12/26 20:39
>>155
読む暇があったら、書いた方がいい人種だと思うよ。
読みたい話があったら、自分で書こう。

159 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:41
>>157
現役工房はどうでしょう?
論外?

160 ::01/12/26 20:41
何か結構言い奴ばっかりだなあ。
高卒がこんなに馬鹿にされないのって初めてかも。
でも、俺自分で言うのも恥ずかしいけど、
大して趣味もないし貧乏人の息子だよ。
だからって別にひがんでるわけじゃないけど。

161 ::01/12/26 20:42
俺、なんかやる気になったわ。
まじで200枚書いてみる。

162 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:43
死刑囚最後の日
『自然から享けた生命を人為的に奪い去る社会制度=死刑の撤廃のために,
若き日のユーゴーが情熱を傾けてかきあげた作品.死刑の判決をうけてから
断頭台にたたされる最後の一瞬に至るまでの,一死刑囚の肉体的・精神的苦悶を
まざまざと描き出して,読者の心をも焦躁と絶望の狂気へとひきずりこむ.』
というお話(↑コピぺ)。でも、死刑廃止とかはどうでもよくて、話としてイイっすよ。

163 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:45
ここの1はよっぽど辛い人生を歩んできたみたいだねえ。
ちょっと言いすぎかもしれないけど、そういう映画あったよね、
ロビン・ウィリアムスが出てるやつ。

164 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:45
趣味も所詮は自慰行為だぜ。
体を鍛えるとか勉学に励むとかも一貫してオナニーだろ。
自分が満足できりゃ、それでいいんじゃねえの?
少なくとも、不満ばっかりたれて死んだ奴は人生の敗者だ。

165 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:46
グッドウィルハンティング?(俺は観てないけど)

166 ::01/12/26 20:47
>>161
がんばりや〜ヽ(・∀ナ)ノ

167 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:48
>>165
そうそう、それ。
でも、ここの1が本当にそれだったらやだね。
暇つぶしに書かれてさらっと賞なんか獲られた日には、俺は泣く。

168 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:49
167さんもがんばれ〜

169 ::01/12/26 20:50
俺的にはむしろ取って欲しい。

170 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:50
グッドウィルハンティングは、
「天才なんだけどその能力を役立てずに、なんとなく生きてるだけの青年」の話しだぜ。
主人公の青年は不幸・・・とは違うと思う。

171 ::01/12/26 20:50
ありがとう、面白そうじゃん、読んでみるよ。
隠れてだけど。
だけど、俺アメリカの小説なんて読んだことないや。
たぶん俺の周りにもいないと思うよ。
おまえら皆そんなの読んでんの?凄いね。

172 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:50
いいスレだったな。

173 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:51
不幸というよりは不遇か。

174 :48:01/12/26 20:52
1が受賞したらおれはあやまってもいいね。

175 :167:01/12/26 20:53
このさい、俺ぱくるかもしれん。

176 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:53
>>1
自信を持つことはいいけど、気をつけろよ。
しくじった時の反動は自信に比例するぞ。

177 ::01/12/26 20:53
>>175
いや、この話をパクっても……。

178 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:54
>>175
ラストサマーをか?
悪いことは言わん。やめとけ。

179 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:55
因みにユーゴーはフランスざんすよ。
アメリカならポール・オースターがおすすめ。
(時代、ジャンルめちゃくちゃでごめんね)

180 ::01/12/26 20:57
だからパクるなって!
俺、書くのは適当に書いたけど、
友達に読んでもらうのはかなり勇気が必要だったんだから。
最初さんざん馬鹿にされたし。
それでもどうにか読んでもらって皆褒めてくれたんだから、
俺の仲間に悪いからパクらないでくれ。

181 ::01/12/26 20:58
>>180
冗談だと思われ。

182 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:58
いつも厨房に見えて仕方ない人達がちょっと輝いて見えました。
全スレこんなんだったらいいのにな・・・。
いつもの低レベルな会話は見る影なし。

183 ::01/12/26 20:58
あ、フランスなんだ。
恥ずかしい、俺ってまじ何にも知らねえな…。

184 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 20:59
>>183
大丈夫。俺なんか「あくたがわりゅうのすけ」って漢字で書けないぞ。

185 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:00
>>184
そりゃただのドキュソだ

186 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:01
人生は結構長いらしい。
こつこつ行きましょう。

187 ::01/12/26 21:01
じゃ、俺今日からさっそく書き始めるんで、
賞獲るか本出したらまたスレ立てるから。
どうもありがとうな、皆!
ばいばい。

188 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:01
お互いにね。

189 :でもドキュソはマジ:01/12/26 21:02
184=185
( ・∀・)ジサクジエンデシタ!!

190 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:02
ばいばい。がんばれよ〜

≪!良スレ認定!≫

191 ::01/12/26 21:03
ゴクウでした。

192 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:04
>>187
そんなことがあった日にゃあ、モニターの前で泣きじゃくりながら全裸で受け身50回やってやる・・・。

193 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:04
192さん……

194 :48:01/12/26 21:04
またなんかのかたちで戻ってくるぜ。

195 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:04
終了ですか?
これからこのスレどうすんですか?

196 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:05
う〜ん。sage?かな?

197 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:07
ですか?

198 :再利用は不可かな:01/12/26 21:08
 

199 ::01/12/26 21:09
とりあえず

200 ::01/12/26 21:09
200get!

201 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:10
遅レスですまんが、>>153は花村萬月かな?

202 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:13
本人逝ったらしいからsageるけど、
実際のところあの文章じゃデビューは無理だと思わん?

203 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:15
悪くはない。
それだけ言っとく。

204 :ちゃちゃ:01/12/26 21:15
いいセンいってると思うが、ストーリーは平凡すぎる。
このセンスのまま長いもの書くとなるとちょっとキツイね。

205 ::01/12/26 21:21
あれだけで小説の評価をするのは無理。
文法的にはおかしくないから、あとは(204とは別の意味での)センスだと思うが。

ストーリーが平凡なのは、別に悪くないよ。

206 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:23
なんだよ、終わりか。会社でこのスレ見て、会社からじゃかけないから
急いで帰ってきたのに。
1よ、お前才能あるぞ。世の中にはクズみたいな小説はたくさんあるが、
お前のは少なくともクズじゃない。
ただ、ちょっと大味だな。毎回点の入ってる野球の試合みたいな文章だ。
ちょっとした間みたいなものを駆使できるようになるともっと良くなると
思うぞ。あと表現があまりにストレートすぎて、著者の頭の中が透けて
みえるような感じがするのもマイナスっちゃーマイナスかな。
いずれにしても、かなり(・∀・)イイ!!
いつか賞とか取ったら報告しろよ! 待ってるぜ。

207 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:23
あ、sage忘れた。ゴメソ。

208 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:25
見せてくれなかった“喋りの部分”が気になる。
文章は個人的には好み。これから次第でもっと上手くなるんじゃない?

209 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:28
続きもっと読みたいな。

210 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:53
なんか感動した。1にもこの板の住民にも。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/5686/bin/haratai.swf
…っていうか良スレだった。

211 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 21:54
これがネタだった日には咽び泣く。

212 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 22:13
俺は良いと思うよ。
ちょっと北方謙三の「真夏の葬列」を思い出した。
乾いたタッチのアウトロー小説なんか書けばいい味だすんじゃないかな?

1は教養だの学歴だの気にせず、自分の生きてる世界、自分の知ってる世界
を書けば良いと思う。
壁に突き当たったらたくさんの本を読めばいい。
期待してる。

213 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 01:47
さて、、、このまま沈むのも勿体無いので、オナニーでもするか・・・。

214 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 01:48
では早速、「シュールに使える単語」について語りたいと思う。

215 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 01:51
(俺自身、シュールの意味をあまりよく分かってないので、そのへんは愛嬌で)

シュール、意味不明ネタで最近話題になったのは、ボーボボ、、、じゃなくて、「すごいよマサルさん」が真っ先に思い浮かぶ。
”ヒゲ”や”メガネ”など、「なんでヒゲなんだー!」「なんでメガネなんだー!」とツッコミどころ満載である。

216 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 01:55
このように、その1つの単語はなんてことないが、使う状況によってとても面白くなる言葉は数多く存在する。

217 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 02:03
今、スゴイことに気がついた。

このスレ、今は終わってるだけで、>>1が帰ってきて、再び活動を開始することになるかもしれないじゃないか!

218 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 02:05
ヤバイ。これは非常にヤバイ。
どのくらいヤバイかっていうと、合併号だということに気付かずに、ジャンプを2冊買ってしまった時ぐらいヤバイ。

・・・俺は寝る。もう来ねえよ。バカ野郎

219 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 02:23
218さん……

220 ::01/12/27 10:27
コレやるよ>218

                 ┌─┐
                 |も.|
                 |う |
                 │来│
                 │ね│
                 │え .|
                 │よ .|
      バカ    ゴルァ  │ !!.│
                 └─┤    プンプン
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎

          ヽ(`Д´)ノ モウコネエヨ!!
            (  )   ウワァァン!!
            / ヽ

221 :3:01/12/27 13:08
育たないスレだと思ったらこんなに育ってやがった……
ハッテン した折れは置いてけだよ((((;´д`)

222 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 13:55
>>218 (*´∀`*)

223 ::01/12/27 21:07
なんだよ、あのあと結構レス増えてんな。
しかもかなり好感触じゃん。それだったら、もっと直接褒めろ。
て言うかさ、あれからテンションあがっちゃって、
昨日今日で一気に60枚くらい書いちゃったよ。
だけど、夜更かしするとさすがに仕事がキツイね。
小説なんて、片手間にふふんと書けると思ってたのに、
いざ書こうという気になると、時間ってないもんだな。
まあ、正月休みにでも書くけどね。

224 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:11
一気に60枚!?スゲーナ!

225 ::01/12/27 21:12
ちなみにさあ、今回は時代劇って言うかさ、
アクション映画みたいな奴、まあ映画じゃないけどさ、
俺小さい頃から忍者とかチャンバラとかまじ好きだしさ、
そういう話だとすげえ長くなりそうなんだけど、
今のところかなり面白いよ。
自分でも、読んでてまじこれ面白いじゃんって思うよ。
ただ、時代のこととか歴史とか判んないから、
細かいところは全部出鱈目なんだけどさ、
こういうのって皆いちいち調べたりして書くのかね。

226 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:16
人によるのかもしれないけれど、一応調べるんじゃないかなぁ。
まぁ、わからんことがあったらネットでこそこそ調べるが良し。

227 ::01/12/27 21:19
もう調べるのとか面倒だから、このまま勢いで行っちゃおうと思ってるんだけどね。
だけど何だよ、今日あんまり人いねえなあ。
俺一人でテンション上げてて馬鹿みたいだな。

228 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:24
そうだなぁ。その方がいいのかも。
しかしホント過疎板だよなー

229 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:26
つうか今俺と1だけじゃん。サムイ

230 ::01/12/27 21:27
せっかく、書いたもの少し読んでもらおうと思ったのによー、
これじゃあ誰も読んでくれねえじゃん。
まあ、いいか。
どうせ角川何とかってのに送るつもりだから、そのうち本になるし。

231 :名無し物書き@推敲中? :01/12/27 21:28
いいかげん駄スレってことに気付け

232 ::01/12/27 21:29
>>229
まあ良いじゃん、上げ下げで話しようぜ。
俺がーって小説書いて凄くいま良い気分なんだよ。

233 ::01/12/27 21:30
スレは駄目でも、俺はかなり才能あるよまじで。
何度も言ってるけど。

234 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:31
タイミングむずかしいよな。
お!やっぱ送るのか。すげーなー
俺は趣味でこそこそ書いてるだけだから尊敬するぜ。
やっぱちょっと恥ずかしいよな。小説書いてるのって。
誰にも教えられんぜよ。正味な話。

235 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:32
駄スレかぁ?
少なくとも俺ぁ楽しいぜ?

236 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:34
過疎板って気が付いてんのならこれ以上オナニー話に花咲かすな
余計人が減る

237 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:35
>236
人が減るのはオメーみてえなのが多いからじゃねぇか?

238 ::01/12/27 21:36
恥ずかしいっていうかさ、俺の場合小説とか書いてると、
すかしてるっていうか、仲間からあんま良く思われないんだよな。
でも、前に書いた奴は皆面白いって言ってくれたし、
ちょっとは馬鹿にされたけど、今度はもっと面白いよって言わせようと思って、
忍者の話にしたんだけどね。
あと、ここに載せた奴の話が凡だって言われたショックもある。

239 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:41
>>237
こういう板にくる人はたいてい他人の意見を取り入れたり、相談したりする人
「すごいですね、がんばってください」で済むような話は雑談スレですればいいこと
少なくともここのスレは1の煽りと周りの人の応援でしか成り立っていない

240 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:42
>1
その感じわかるぜー
俺の仲間も脳ミソ体育会系なのが多いからな。
おお、忍者かぁ。俺も忍者ものは好きだな。
1は知らんかもしれんが、白土三平って漫画家サイコー
忍者漫画の巨匠だ。ちっと左翼がかってんのもあるけどな。

241 ::01/12/27 21:44
>>239
本当に、こんな話を雑談スレでしていいのか?

242 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:46
>239
そうかぁ?前半1が作品読ませてくれたじゃん。
ああいうのってスゲー勉強にならねぇ?
みんなも批評してたじゃん。俺は1の読んで
「お、この表現ナイスじゃん?」とか思ったよ。
それに今回1は新作ちょろっとお披露目する気でいたみたいじゃんか。
俺は素直に読んでみたいと思ったね。まぁ、もっと人が集まってからの
方がいいんだろうけどさ。

243 ::01/12/27 21:48
いや、別に人がいなくても作品載せるよ!
減るもんじゃないし!ただしパクリ厳禁だぜ。

244 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:49
お、いいねぇいいねぇ。
うん。パクリは現金ってことで。

245 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:50
>>239
批判は結構だが、このスレを最初から読んでみろよ。
空気読めてない横やりはウザイぞ。

246 ::01/12/27 21:57
まあ、ぶっちゃけた話、
自分的にかなり面白いから誰かに読んでもらいたかったんだけどね。

247 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 21:59
>>245

>批判は結構だが
>空気読めてない横やりはウザイぞ。

どっちやねん 大体、このスレは一応最初から読んでるよ


どうもこのスレは自分の考えに合わないみたいなのでもう去ります
ただ、同じ創作者として1のことはリスペクトしているつもりなので
がんばってほしい 本当にやる気があるのならば

248 ::01/12/27 22:00
じゃあ、まあ冒頭だけ。パクんなよ。

 大根のうまい季節になると、足が自然に新橋の「むさ利」へと向く。
 まるまる太った大根を豚の背肉と炊き合わせた角煮は店ご自慢の一品
だが、この時期にしか食べることが出来ない。「むさ利」の主人は新潟
の産で、当地の珍しい地酒を樽で置いているので勿論これも一緒に頼む。
ねっとりと舌の上で溶けるほどによく煮込まれた豚の脂身が辛口の酒に
よく合う。飲んだ後で出してくれるおろし飯がまた良い。大根おろしと
刻んだ大葉を飯に乗せてだし汁をかけただけの、料理とも呼べないよう
なしろものだが、こういう何気ない味にもこの店の魅力がある。
 ところで、むさ利という屋号は主人の本名からとったもので漢字では
無佐利とかく。あまり聞かない名前だが新潟のほうでは良くある姓なの
かと尋ねたところ、実は本家は京都だということだった。
 そう聞いてふと思い出したのだが、確かに京都にはムサリとかムサと
かいう変わった苗字がある。しかも京都のムサリといえば、おそらく主
人は導理講の遠い末裔にあたるのではあるまいか。

249 ::01/12/27 22:03
1はホントに本を読まないのかなぁ

250 ::01/12/27 22:03
続き。パクんなよ。
あと、247、そう言わずにちょっと読んでってくれよ。

 戦国時代の末期、京都の山科地方に導理講と呼ばれる奇妙な教団があった。
 奇妙、と言うのは導理講の集団としての性格のこともあるが、なによりもま
ずその風体が異様であった。導理講の導師達はみな黒の袖長服を身につけ、か
ねの杖を引きずって道を歩き、家々を祈祷をして回る。この黒衣というのが唐
風でもなければ南蛮風でもなく、一体誰の意匠によるものなのかは定かではな
いが、当時の人々にしてみればよほど珍奇に目に映ったようである。言わば黒
づくめの山伏、と言ったところであろう。彼等は数人で連れだって歩くことも
あれば、一人きりで祈祷へ赴くこともある。呼ばれて出かけて行っては、厄災
除けのまじないを施す。と聞けば宗教団体のようだが、厳密には彼等は宗教団
体ではない。当時の人々にとっては、宗教とは死後のあれこれを取り仕切って
くれるもののことである。つまり、墓をこしらえ先祖の例を奉ってくれるもの
が京都の庶民にとっての宗教であり、この点から言えば導理講は単なるまじな
い師の集団に過ぎない。もっとも、この時代のまじないは現在の感覚でいうよ
うな怪しげなものでは決してない。むしろ、それは医術の一つとして立派に認
知されていた。
実際に導理講は、病人の家に呼ばれたときには祈祷と共に独自の調合による薬
を与える。格好は怪しげではあるが、京の庶民の間ではそれなりに親しまれて
いた存在であったらしい。

251 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:03
>>247
だからお前

252 ::01/12/27 22:04
あ、俺本当に本読まないよ。
言い忘れてたけど、新聞は毎日読んでる。
中学のときから。

253 ::01/12/27 22:06
>>252
納得しました。

254 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:07
良い!良いぜ!
俺には書けねーよ。こういうの。
しかも忍者ものアクションなんだろ。ナイスだぜよ!
つうか、前の文章からそうなんだけど、映像が目に浮かぶんだよなぁー
みんなはどーよ?

255 ::01/12/27 22:09
どうよ、いい感じじゃない?
続きね。パクリ厳禁だかんな。

 導理講は、まず第一に思想集団であった。残念ながらその思想を体系的に
記した資料は存在しないのだが、教団の始祖である無佐利法成と弟子の導師
達との問答を集めた「導理講問答」にその性格が伺える。
 世界はプラスとマイナスの力によって成り立つ、というのが導理講の基本
思想である。全ての事象には、このプラス(本)の力とマイナス(失)の力
が存在する。通常、二つの力は互いに引き合ってバランスを保っているが、
何かをきっかけにこのバランスが崩れたときに、災害が起こり、草木は枯れ、
人は病に苦しむ。ここで面白いのは、マイナスの力が増えたときにばかりそ
のような厄災に見舞われるわけではない、という彼等の考え方である。導師
は何を原因にどちらの力がバランスを狂わせてしまったのかを見極めなけれ
ばならない。彼等の術には大きく二つに分けて、プラスの力を込める本魂入
れとマイナスの力を込める失魂入れとがある。この二つの術によって、どち
らかの力を補いつつ、物事を元来のバランス状態へと導くのが彼等の仕事と
いう訳である。
 思想集団であると同時に、導理講はまた、先に述べたような医療行為も施
していた。人々にとってはこの医者としての顔が最も親しみ深いものであっ
ただろう。
 そして更に、導理講は武装集団でもあった。教団という性格上、異なった
思想で統治する為政者達からの弾圧を受けないとも限らない。事実、導理講
は彼等がまだ山里の修行者の集いに過ぎなかった時代から、度々土地の豪族
達から手痛い目にあってきた。自衛の必要からやむなく武器を手にとった訳
であるが、戦国末期のこの頃になると教団の発展と共にその数は何と二千人
以上の大軍となっていた。俄には信じ難い数字だが、これが本当であれば山
科地方のちょっとした軍事勢力である。しかし、この軍隊として導理講の一
面が、やがて彼等にとっての悲劇を招くこととなる。

256 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:10
>252
俺も納得した。新聞効果恐るべしだぜ。

257 ::01/12/27 22:11
まあ、ここまでは結構説明臭いんだけどさ、
このあと話がはじまるんだよ。
たぶん漢字一杯間違ってると思うけど、無視してくれ。

258 ::01/12/27 22:12
>>254
同意やね
描写が結構上手いなぁ
意外と知識が豊富というか。

>>257
うん、わかった。
カタカナ英語も無視する。

259 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:13
1さあ。
本読まない人間がそういう文体や、独特な言い回しを書くことは
難しいっての。
みんなに褒められて悦に入りたいんだろうけど、あんまり調子こ
くと寒すぎるぞ。
別人格で何かを作る実験でもしてるのか?
見当はずれの意見だったらもう何も言わん。好きにやってくれ。

260 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:14
すげーよ。陰陽道まで出てきたぜ。
ここに載せんのもったいねーよ。
はよ完成させて送っちめー送っちめー
(でもアクションシーン読みてーな)

261 ::01/12/27 22:16
あと思ったんだけど、
「わけ」って、訳っていう漢字でいいのかな?

262 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:16
俺はおもろい文章読めれば何だってかまわん。

263 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:18
>261
俺もそういうので悩むんだよなー
漢字があってても平仮名の方がいいってのあるじゃん。
どうすりゃええの?って感じ。

264 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:18
>>259
毎日新聞読んでんなら、
それも不可能ではないと思われ。
連載小説とかあんべや。

1は何新聞読んでんの?

265 ::01/12/27 22:19
>>258
歴史の話でプラスというの浮いてるかね?
>>259
高卒が文章書くとおかしいとでも言いたいわけ?

266 ::01/12/27 22:20
>>263
流れで決めればいいのでは?
新聞記事じゃないんだから、画一化する必要もないし。

267 ::01/12/27 22:21
>>265
書いたこと無いんで、時代もんのセオリーはわからんが、
ツッコまれどころだとは思う。

268 ::01/12/27 22:21
うちは読売。
社長のうちは産経とスポーツ新聞。
今は3つ全部読んでる。

269 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:22
>266
にゃるほど。やっぱり画一化する必要はないのか。
ありがとうござんす。悩み一つ解消〜

270 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:22
やっぱ複数か。
そりゃ、そうだよな。

271 ::01/12/27 22:25
やっぱここの奴らは色々知ってるな。
あと俺昨日気付いたけど、にんきとひとけって同じ漢字だね。

272 :259:01/12/27 22:25
だから高卒だの学歴のことは言ってない。
新聞だけでそれだけの文章力をつけたのなら、たいしたものだ。
すまんな。余計な横やり入れて。

273 ::01/12/27 22:29
調子こくなって言われたけど、調子こいてあと一回だけ載せる。
ここから話(アクション)に入るんだ。
パクんなよ。

 森の中を、影が動いてゆく。影は風となって暗い木々の緑に溶け込み、
音も立てずに移動してゆく。青葉が強く匂う。もったりと重く立ちこめ
たその匂いを嗅ぎながら、影は駆けてゆく。
「右へ回れ」
 松蔵は隣をゆく加助に向かって目で合図を送った。加助は無言でうな
ずくや、下草を蹴ってぱっと横跳びに飛び退いた。と、今まで彼のいた
場所を轟音と共に鉄砲玉が打ち抜いていた。追手は馬上にある。馬に乗
りながら鉄砲に玉を込め火縄に着火し、狙いを付けてそれを発砲するに
は当然ながらかなりの技術を要する。それを、その男は苦もなくやって
のけた。納賀義明、明智軍の鉄砲隊長である。
「外したか」
 獲物が二手に別れたのを見て、義明は馬を止めた。走りづくめでたっ
ぷりと汗をかいた栗毛が、苦しげに息を吐いた。
(この先はおそらく奴らの里であろう。深追いしても詰まるまい)
 義明は鉄砲を鞍に戻すと、手綱を引いて馬の向きを変えた。先ほど打
ち放った火薬の匂いがまだ辺りに立ちこめている。
(導理講とは念仏行者のような連中と聞いていたが、存外すばしっこい
奴らよ)
 早足で馬を駆けさせながら、義明は愉快そうに頬をゆるめた。逃げお
おせた相手を褒めるような気分になるのは、それだけ自分の腕にも自信
のある証拠であろう。実際、納賀義明といえば明智の軍勢の中でもとり
わけ鉄砲上手で知られていた。

274 ::01/12/27 22:32
>>272は遠回しに俺のこと褒めてんのか?
それともまじ面白いんで引いちゃった?

275 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:33
俺こういうの好きじゃーーー
白土三平を思い出すんじゃーーー

276 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:34
ふははははは

277 ::01/12/27 22:34
1がどんな小説の書き方してるのか、
凄い興味が湧いてきた。
いきなり文を書き出してんの?
文章の筋とか書き出したりしないで?

278 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:35
>>275
もしかして、こういう話も結構凡なのか!?

279 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:36
>1
いや、凡じゃないっしょ。
小説でも漫画でも忍者活劇は廃れていると思う。多分。

280 :1:01/12/27 22:37
>>277
あんまり先は考えてないなあ。
でも、ここで敵が出てくると面白いなあとか思うと敵を出したりしてる。
今のとこ。

281 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:38
俺もプロットとかよくわかんねーんだよなー
大体のあらすじみたいのは考えるけどさー

282 ::01/12/27 22:39
じゃあこの文は最初の書き出しのまんま?
読み返して直したりはするの?

283 ::01/12/27 22:39
>>279
廃れてるんじゃ余計駄目じゃん!!
やっべー、これ全部なしで西部劇とかにしようかな。
俺別にパクリとかするつもりないからヒントだけ教えてくんない?
どういう話が廃れてないの?
って言うか、どういう話が売れセンなわけ?

284 ::01/12/27 22:41
まだ書いたばっかりだから、読み返しはしてない。
一応漢字はさっきここに載せる前にチェックしたつもり。

285 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:43
>1
まったまった!おめーさんのはこのままでいい。
おもろい忍者活劇書ける(&描ける)奴がいなくなっただけ。
んで、おめーさんのは何だかいい感じだぜよ。
書く奴いねぇってのはチャンスじゃねぇか?多分。

286 ::01/12/27 22:43
>>283
今の売れセン知っても、
本が出た時には廃れてるかも知れないっしょ?
そういうのは自分で時流を読むしかないよ。
時代小説だってこれから流行になるかも知れんし。


前の文はどうやって書いたの?

287 :272:01/12/27 22:43
褒めてるよ。
本は全く読まない新聞の知識だけで、それだけのものを書いたのな
ら。
かなり才能もあると思うよ。
しかし、世の中は広い。
時代小説や伝奇小説ならいくらでも、先人たちが書きまくっている。
それらに比して1の小説が群を抜いて面白いかどうかは、また別の
問題だ。だから引きゃーしない。
まあ、頑張れよ!
お前みたいな元気がいい自信の固まりみたいな奴、俺は好きだぜ。

288 ::01/12/27 22:48
>>287
何か良い奴だか嫌な奴だかわかんないけどまあいいや。
俺の先輩みたいだ。
>>286
前の文って昨日載せた奴のことならヒマだったから書いた。別に普通に。
主人公が女と二人でドライブっていう最初だけ考えてて、
じゃあ何でドライブしてるんだろうとか思いながらどんどん付け足してく感じ。

289 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:50
>1
おめーさんの書き方に親近感湧くぜー
でもやっぱこれじゃまずいんっしょ?

290 :287:01/12/27 22:51
おいおい、褒めてくれるだけが良い奴とはかぎらんだろう?
俺もお前が後輩のような気がしてきた(笑)

291 ::01/12/27 22:52
そっかー忍者でもいいのか。
嫌、俺小さい頃凄いちゃんばらばっかり遊んでたし、
こういうのなら書けるかなと思って書いたんだけど。
もし駄目なら、西部劇かロボットの話とかにしようかなと
思ったんだけど、ロボットだと一応科学とか知ってなきゃ駄目そうじゃん?
俺国語は成績良かったけど、理科とかは全滅だから。

292 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:55
>1
ますます親近感湧くぜー
俺も国語は良かったけど理数系最悪だった。
あ、作家評と作品評は別モンだから安心してくれ。

293 ::01/12/27 22:56
>>289
これで満足のいく作品が書きあがるならいいと思う。
1の場合、下手にやり方変えても失敗しそうだし。

294 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:57
おいおい
いつのまにかスゲー時間だな。
もう11時かよ。びっくらこいたぜ。

295 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 23:00
>293
まぁ、たしかにそんな感じっすよね。
俺も行き詰まったときに調べりゃいっか〜

296 :1:01/12/27 23:01
あ、本当だ。
じゃ、俺続き書くから。
明日また、書いた部分少し載せるから読んでくれ!じゃあな!
でも夜更かしすると仕事まじきついよー、
俺高い場所の作業とかあるし。気を付けよう。

297 ::01/12/27 23:01
死ぬなよ。
生きろ。

298 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 23:05
お〜がんばれよ〜
・・・さて、俺もちろっとモチーべーションアップだわ。
部屋の掃除して風呂入って執筆して寝よーっと。じゃね。

299 :298:01/12/27 23:07
モチベーションね。恥ずかすぃー

300 :300:01/12/27 23:17
何気に300げっとお

301 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 01:20
本も読まず、上の学校にも行かず、投稿に興味もなかった>>1に、こんなすごい才能が
埋もれていたなんてな。
>>1、君はかなりのもんだよ。文章力も構成力もアマチュアとは思えない。
忍者物の書き出しを読んだだけで引き込まれたよ。
早く本になるといいな。デビューしたら必ず本を買って応援するよ。
俺も、俺のまわりの奴らも、君ほどの文章を書けないよ。
これでも俺は三次選考に二回進んだ経験があるんだが、とても君にはかなわない。
どうか天狗にならないで、そのままの気持ちで賞に挑戦して欲しい。

302 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 01:22
301だが興奮して変な文章になってしまった。
それだけ驚いたんだよ。

303 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 01:45
>だけど、夜更かしするとさすがに仕事がキツイね。
>小説なんて、片手間にふふんと書けると思ってたのに、
>いざ書こうという気になると、時間ってないもんだな

こんなにもすばらしい発想力を持った文を書ける人が
素人だなんてとても思えない。
特に二行目のくだりは賞賛に値する

304 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 02:48
だんだんと褒め殺しスレになっとるな(ワラ
しかし、まあ1は最初っから天狗になってるという気もするがな。

305 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 02:59
あら探しもした方がいいんだろうけどよ、
ぶっちゃけおもろいんだわ。マジで。
俺ぁ忍者モノ好きだし続きが気になるぜ。
でもやっぱ誰かがちゃんとした批評をした方がいいんだろうなー
俺の批評眼じゃあしょーもねーからよ。オラオラ、批評家いませんか〜

306 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 03:03
ここの1むかつく。
荒しは困るが、叩き希望アゲ。

307 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 03:07
つーか俺は白土ファンなだけか。
忍者小説は読んだことあらへんな。
司馬遼太郎がなんか書いていたよーな・・・

308 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 05:24
最初のやつと次のやつともにタイトルはなんですか?
まだ決めてないのかなあ?
だとしたら何か適当につけて教えてください。

どんなタイトルをつけるのか気になる。

309 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 14:53
このスレ超キモイなあと思ったら、その理由が分かった。
>>1をほめている奴らは結局のところ高卒の割には、
無教養の(本を読まない)割には、という視点から評価している。
全く同じ文章を東大卒という触れ込みでカキコしてたらもっとコキ下ろされたんじゃないか?
しかも>>1が少しその出自に甘えてる感じさえする。
私は芸術や芸能は作品(モノ)が全てで、そのバックグラウンドは
全くの無関係だと思っている。

310 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 15:20
>309
俺も無関係だと思っとるよ。
ところで1の文章どうよ?
おもろくねぇ?忍者だぜ?

311 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 15:33
今日も1が来るか期待age

312 :309:01/12/28 15:50
確かに>>1の文章はかなりこなれているし、
この板で見る他の文章と比べても高レベルにあることは認める。
ただこれは他の住人にも言えることだけれど、結局は「素人としては」
うまい、という事でしょう。仮にも一応職業作家を目指しているなら、
デビューしてようがしてなかろうが意識の上ではプロとしてのレベルを
保っていなければいけないわけでしょう。
それに加えて、>>1の言うことが全て真実であると仮定しても、
それをわざわざ言いたてているところに甘えが見られる気がする。
まあ>>1の言うことを額面通り受け取るなら、これまで社会の中で学歴差別みたいなことを受けて、
その反動がここで出ているのかもしれないが。

313 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 15:58
>>309
あんたがその理由を意識できたのは、あんた自身がそう考えているからだ。
自分の考えを人に押し付けるんじゃないよ。
執筆作品の出来不出来に関しては
『東大、医者、教師』や『中卒、土方、アダルトビデオ店長』
のどちらであっても背後のシーンは無関係だ。
俺は、1が今まで執筆活動に興味がなく、暇つぶしに書いた作品にしては
文章中の肉付けがしっかり出来ていると思えたまでだ。

314 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 16:09
>312
にゃるほど。そういう見方もあんのかぁ。
たしかに人によっては癇にさわんのかもね。
でもまぁ、俺ぁ彼の経歴とかプロ意識云々とかはどうでもいいや。
つーか忍者の続き読みてーし。作品読ませてくれる1にサンクスって感じ?

315 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 16:17
おまえらはさげマニアなの?

ところでどんなタイトルなんでしょうか?
教えてください。

316 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 16:23
アハハ、なんかageると怒られんのかなーなんて思ってさ。
題名は今夜彼が来たら教えてくれんじゃない?俺も興味あるわ。

317 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 16:25
サゲマニアではないが、このスレは1が口だけでなくきちんと作品を上げてるし
下手に荒されるよりは下げ進行で行った方がいいんじゃない?
作品のレベルとか経歴がネタかどうかとかではなく、
きちんと作品上げてるところで俺は評価するけどね。

318 :期待アゲ:01/12/28 17:02
どうした1よ!
俺たちはお前を待ってるぞ!!
つっても2〜3人みたいだけど。

319 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 17:14

 初めてこのスレ見たんだが、たしかに1の書く文章は素人の
ものではない。これで本当に彼の言うことがすべて事実なのだと
したら、私には1の才能を賞賛する以外にない。一気に60枚っ
て、(このレベルの文章では)ふつう書けないぞ。
 忍者アクションにも興味あるが、冒頭の『むさ利』の描写には
池波正太郎にも通じる良さがあった。じっさい『むさ利』に行っ
てみたいと思ったものな。

 ……しかし本当に小説読んだことないのか? そこだけが信じ
がたい。

320 ::01/12/28 17:35
ういーっす、仕事終わったぜー!
何か色々言われてんなー。
でも、何か俺を応援してくれてる奴もいてすげえ嬉しいよ。
風呂から出てから、昨日までの途中経過を発表するぜ!
しっかし、まじ疲れたー。

321 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 17:37
残念ながらネタだけどな。
>>1
>だって、必死になって新人賞に応募するのって、
>ちょっと格好悪いじゃない?

高卒で友達からも馬鹿にされてた奴が今更こんなこと言わないよ。
昔、新人賞に送ったやつの再利用してるんだろう。

322 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 17:44
>>321
ネタかどうかって議論はここまで来たらもうどうでもいいよ。
これだけの文章書けるやつが世間に埋もれてるって事実が驚きだし、
ネタだとしてもこれだけ書けても世に出られないなら文筆の世界は甘くないなって思うね。

323 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 17:47
いや、だから落選したやつの再利用だって。

324 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 17:53
分かってるよ。俺が言ってるのは、これだけ書けても受賞出来ないのかってこと。
このレベルじゃプロとしては通用しないのかと思うと、ウツにならんか?
それともおまえは、絶対こいつ以上のもの書けるって自信あるわけ?

325 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:05
文章が書けても物語が書けるとは限らない。
自分の作品に自信を持てない者に創作する意味などない。

326 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:09
ウツにならないし自信もあるけど。324はもうやめればぁ?

327 :743:01/12/28 18:11
お、帰ってきたな。お疲れさん。
続きを待っちょるぜ。俺もその間にダンボールつぶしでもするか。
もう28日だもんな。ああ、風呂の掃除もせにゃあかん。師走だねぇ。

328 ::01/12/28 18:14
色々言われてるみたいだけど、文句言ってる奴は高卒で本も読まない奴は
こんな文章書けないって半分褒めてるみたいな感じだから、まあいいや。
あと、題名なんだけど、凄いタイムリーだよ、俺今日ずっと題名どうしようか考えてた。
前に書いた奴は題名ない。忍者のは、導理講っていうのをどりこうって読むことにして、
どりこう奇たん(漢字あやふや)っていう風にしようと思ってる。
中学のとき、おろしやこく何とかたんて言う映画見て、
たんって話って意味だけど、それを思い出してつけた。別にパクリじゃないよ。
何か、漢字と読み方が少し違うって歴史って感じじゃん?
月をガツって読んだりするじゃん、歴史って。

329 ::01/12/28 18:19
昨日は眠かったんで、10枚くらい書いて終わりにした。合計今70枚。
明日仕事収めで、その後飲み会で、正月は彼女の実家に行くから、しばらく書けないけど、
昨日は一昨日書きかけてた戦いの場面書いてて凄い良い感じだよ。

330 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:20
で、君はこれからどうしたいの?

331 ::01/12/28 18:22
どうしたいっていうか、一応仕事で一人前になって彼女と結婚するよ。
で、小説書いて、それを結婚資金にして、あと車も買う。

332 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:23
ageとsageのエクスタシーだな、このスレは。

333 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:25
>>331
ささやか〜。

334 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:25
結婚してから結婚資金稼ぐの?とかは別にどうでもいいとして。
このスレのこと聞いてんだけど。

335 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:26
>おろしやこく何とかたんて言う映画
大黒屋光太夫の話だっけか?ちがうかもしれんけど。

336 :1:01/12/28 18:29
いや、映画の内容はよく覚えてない題名しかって、題名もあやふやだけど。
スレは、一応途中経過を報告していこうと思ってるけど、まずいのかな。
ここの連中色々知ってて教えてくれるし。

337 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:35
俺ぁ何も知らねーでぺラ回してっからそう言われると恥ずかしいぜよ。
でも他の連中ホントいろいろ知ってんみたいだよなぁ。投稿の事とかさ。

338 ::01/12/28 18:36
って言うか、今日あんまり人いないみたいだし、
続き書きたいからもういくね。
一段楽してからまた来る。ビールも飲みたいし。
じゃ!

339 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:38
うぃーす。がんばってね〜

340 ::01/12/28 18:40
あ、一つ言い忘れてた。
前に忍者の漫画のこと書き込んでくれたの、仕事場で聞いても誰も知らなかったけど
社長が知ってた。
何か古い漫画らしいね?
あと、しらつちじゃなくてしらど(しらと?)って読むんだな。
参考に読むかもしれない。

341 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:41
さげ

342 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 18:46
白土はマジで良いぜー
たしかに古い漫画だけどよ、
忍者モノ書くなら読んで損は無いはずだ。
最近のアホくせー漫画とは一線を画すぜ。
おすすめは「サスケ」「忍者武芸帳」「カムイ伝」あたりかな。
どれも文庫サイズで売ってるはずだからお暇なときにでもドーゾ

343 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 19:58
最初のやつもタイトルきめなよ。面白そうじゃん。
どうせプロになるんならあとペンネームも教えて。多分なれるって。
持ち込みなよ。

344 :1:01/12/28 22:09
あー、一応合戦の場面が終わったんで一休み。
ちゃんばらは書いてて面白いねえ。
草丸、加助、熊市、松蔵、玄馬っていう5人の忍者が
明智軍相手にあっちこっちで戦ってて、
こっち書いたらまたあっち書いてって感じで、
皆たぶんこういうのが楽しくて小説書いてるんだろうな。

345 ::01/12/28 22:15
忍術を説明するところが少し嘘臭いっていうか、作り物ぽいかなって思うんだけど、
自分じゃ判断付かないから意見求む。抜き書きするけど、パクんなよ。

 大兵の武士が刀を振り下ろしてきたのを、熊市はとっさに近くに転がっていた大石を掴んで
受け止めた。よほど豪胆な男である。刀は石に食い込んではずれない。熊市はそれを握った石
ごと引き寄せると、空いた手でもって武士の胸の辺りめがけて喝を入れた。武士は一瞬後ろに
のけ反ったが、すぐに力を失って熊市の体の上に覆い被さってきた。熊市は倒れてきた武士を
下から蹴り上げてよけた。これが導理講の術のひとつ、失魂入れである。失と呼ばれるマイナ
スの気を送ることにより、相手の体にある負のエネルギーを増幅させ、一瞬のうちにその魂を
奪ってしまう。しかも武士の体から放出された負のエネルギーは、そのまま近くにいた他の武
士の体に伝達し、ちょうど核融合が起こるときのように次々と周りの者達を倒していった。

346 ::01/12/28 22:18
上の続き。パクリはなしだぜ。

一人の失魂は背後の二人から命を奪い、更にその後ろにいた四人から命を奪った。
目の前でばたばたと倒れてゆく武士達の姿を見ながら、明智軍は一気に浮き足立っ
てしまった。彼等にすれば、目に映らない亡霊か何かの手によって味方の軍勢が次
々に首を刈られているような錯覚に陥ったことであろう。誰もが慌てふためいて、
その場から逃げようと必死になった。逃げ切れぬ者は背中から失魂を浴びて地面に
つんのめり、倒れたときにはすでに息はなかった。まるで背中から大津波が迫り来
る程の恐怖であった。ある者は刀を振り回して目に見えぬ敵を追い払おうとし、ま
た別の者は錯乱のあまり前を走る味方に向かって切りつけようとした。
 義明は丘の上からその様子を遠望して息をのんだ。戦場には自軍の兵士の亡骸が
累々と重なり、しかもそのどれを見ても刀傷ひとつなかった。
(導理講とはこれ程までに)
 恐怖とも怒りともつかない感情が義明の顔を赤黒く染めた。
「わしの馬を引けえ」
 大喝するなり、彼の手はすでに傍らの大鉄砲を鷲掴みにしていた。

347 :1:01/12/28 22:29
何だよ、放置かよ。
まあいいや、続き書こっと。

348 ::01/12/28 22:33
やっぱり時代物にカタカナ英語は激しく違和感が……。
何とかならんか。

349 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 22:39
ペンネームは? あと最初のやつのタイトル。

350 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 22:44
ワリーワリー。過疎板はタイミング命だかんな。
えーと、もう技術的なことは問題ねーらしーから、
俺ぁ感想オンリーってことで勘弁ね。
うん。ズバリあんま忍者っぽくは感じられねーな。
俺の場合はやっぱ火薬とか毒薬とか使ったりすんのが好きだからよ、
超能力チックなのはちょいと苦手なんだわ。
でも逆にこういうのが好きって奴も多いと思う。ま、好みの問題だな。
つーか白土好きの俺は多分かなり時代遅れかもしれねーから気にすんな。

351 ::01/12/28 22:52
絶一という名を上げよう。
ゼツイチ。


>>350
そうか……それか……。
俺が覚えた違和感の理由は、カタカナ英語だけじゃなかったのか……。

352 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 22:53
今ってさ、マクロビオティックって言うんだっけか、
陰陽道みたいなのが流行ってるらしいじゃん。
プラスとマイナスで説明するとわかりやすいんだよな。
食いもんにもプラスとマイナスがあってプラマイゼロだと健康ってヤツよ。
んでもっていわゆる五穀は限りなくゼロに近いから超健康食なんだとさ。
歴史モノだから違和感あるかもしれねーけど、ご時世的にはこのままでもOKかもよ。
まー俺にゃあ小説のセオリーとかわからねーんだけどさ。参考までに、な。

353 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 22:56
あ、俺の知識は鵜呑みにせんでくれよ。
ホンマに気になったら自分で調べてくんな。

354 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 23:08
陰陽道だったら陰と陽だろ?
見たところ、時代ものつーより、伝奇ものだな。

355 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 23:17
ちなみに白土も作中に時々カタカナ英語を使っていた。
そのせいか知らんけど、俺はあんま違和感覚えなかったな。
関係ねーけど下記に忍術をちょこっと紹介するぜ。
「微塵隠れ」「おぼろ影」「空蝉」「猿飛び」「変移抜刀霞斬り」
「微塵隠れ」は火薬を利用した術(爆発だ)。
「おぼろ影」はランプみたいなのを利用して襖とかに自分の虚像をつくる術。
「空蝉」は自分の居場所を知られないために敵をかく乱する術。
(石を遠くの茂みになげたりしてな)
「猿飛び」はただのスゲー体術。猿みてーに木々を移動する。
「変移抜刀霞斬り」は忘れたぜ。「カムイ伝」にでてきた。
な?かっこいいべ?他にもいろいろあるぜよ。忍者サイコー俺サイコ

356 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 23:26
最初は何だこのスレとか思ったんだけど、いいスレだね。
丁度今「忠臣蔵」見ながら読んでたから、
世界観がそんなに違ってなくて、相乗効果でさらによい感じ。

私は長編書いたことないんだけど、読むのは結構好き。
>>1の文章は好きなタイプの文章だな。売ってたらまじ買う。
変な感想かもしれないけど、バックの音が聞こえてくる文章って好き。
音が全く無いという音とか、実際に鳴っている音とか。

関係ないけど何か絶さんかっこよい。

何か私も書きたくなってきたなぁ…。
大卒の馬鹿はたくさんいるよ。
高卒ってことを恥じることは無いと思う。
リアル工房のセリフじゃないなぁ。生意気御免。

357 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 23:57
つーか、そっか、伝奇か。
『導理講“奇譚”』だもんな。
んじゃ全然OKってことじゃん?
あとはカタカナ英語の是非だけか。

358 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 00:20
しかし、新聞読んでてああいう文章力ってつくものかね。

359 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 00:33
ちゃんと読んでりゃ構成力はしっかり身に付くんでない?多分。
それに彼って賞もらえるくらい作文うまかったらしいじゃん。ウラヤマシーヨネ

360 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 01:28
>359
……きみ、ひょっとして作文で賞とかとったことないの?
もしかして小学校で賞状ももらったことないとか?

361 :359:01/12/29 01:40
>360
全然ねーんだわ。これが。
先公に誉められることはままあったけどよ、
市長賞だのなんだのでっけー賞はもらったことないね。
つーかここにいる連中みんなもらったことあんの?スゲーナ

362 :さんそんP:01/12/29 01:56
今日から本読まずに新聞読むぞと思ったやつ手を上げろ。

363 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 02:36
小説かくならなら、新聞なんかよむな。

364 :害頭厭舌:01/12/29 02:37
トム・クランシーは新聞読みまくってそうだけど。
マイクル・クライトンも。

365 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 09:46
なんで新聞なんだろうね。事実は小説より奇なりってか?

366 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 12:12
スレ自体がネタなんだろ
みんな冷静に考えてみな、1の言葉を認めるには
自分が今まで執筆に抱いてきた価値観を全てリセットしなければならない。
断言してもいい。
1が書く文章は、文学に興味のない人間が、手探り状態で暇つぶしに書いた文面ではない。
面白がってんだよ。
スレ自体が、1にとっては一つの作品なんだ。
起承転結がしっかりと表現されたスレだよ。
1よ、空いた時間を見つけては、必死に応募作品を練ってる素人達を眺めて
そんなに楽しいか?
プロなのか、プロになることを約束されたアマチュアなのかは知らないが
俺はあんたを軽蔑するよ。

367 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 12:37
>>366
ネタでもいいから私は続きが読みたい。

368 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 13:27
 まあネタかどうかを考えるのもおもしろいわな。せっかくだからさ、
やるなら根拠上げながらやろうぜ。

 俺はわからない派だね。
 読んでると、絶対に新聞だけ読んでたんじゃ出てこないような
文章表現が散見される、っていうか多い。空気感の描写なんて
新聞から得られるもんじゃないからさ。だから、書いたヤツは
けっこう小説読んでるヤツだと思うね。
 だけど、一つ不思議なのは、コイツの文章、段落の字下げが
あったりなかったりするんだよな。こういうのって書き慣れてるヤツは
本能的にするもんじゃん? 意識しないでもやる。俺なんか2chの
カキコでもついやるんで、却って読みづらかったりするんだけど、
こういうのは忘れたりするもんじゃないよ。
 だけど、コイツはやったりやらなかったりする。ましてや単なる
カキコじゃなくて、小説のコピペだからね。それで忘れたりするのは
書き慣れてない証拠のような気もする。
 というわけで、よくわかんねえ。

369 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 14:12
>>1

今日初めてこのスレを読んだけど、上手いし面白いと思うよ。
学歴云々なんてのは、実際に職業にしてしまった後ならば、さほど関係無いと思うから、
気にする必要も無いと思う。
逆に少しくらいはそんなコンプレックスがある人間のほうが、
創造においては、継続性とかにおいてエネルギーになりそうだから、
いいんじゃないかなって気がする。
俺は応援するよ。頑張れ。
あと、このスレに書いていることが本当にネタではなくて、
どうしても新人賞に応募ってのに抵抗があるのならば、
正月に実家から帰った後でなら、
光文社とかでいいなら編集の人間を紹介してもいいぞ?
1くらい書ければ、新人賞に応募するよりもそのほうが意見も聞けていいんじゃないかな?

370 :369:01/12/29 14:17
あ、1は文筆で食っていこうって気は無いんだっけ?
それなら聞き流してくれていい。

371 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 14:19
>1が書く文章は、文学に興味のない人間が、
>手探り状態で暇つぶしに書いた文面ではない。

同感同感。このスレは1のネタスレだと思って読んでます。
だからって別に腹も立たないけどね。

372 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 14:46
馬鹿なフリとか、知識がないフリ、学歴がないフリをしていると、
「その割にヤルじゃんか!」ってみてもらえるからイイよね。
たぶん>1はコンプレックスなんか全然ないと思う。
コンプレックスっていうもの自体、言葉として知っているだけの
浅い人なんだろう。
さっさと投稿なり絶筆なりすればイイのにこんなトコでぐだぐだしているのは
ただここの居心地がいいからだけだ。
こんな手の込んだ逃げ方をするひん曲がったバカには近づかないほうがいい。

373 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:02
1を誉めているのか貶しているのか・・・
自分の感情が複雑だ。

ただどうなんだろ?
本当のところ、1ほどの文章レベルがあっても
新人賞受賞は難しいんだろうか?

374 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:12
大変に難しいと思います。
私は主に某大手出版社の下読みを長く務めさせていただいている者ですが、
二次、三次選考と進むにしたがって基本的な文章の優劣だけでなく、
その人なりの特徴や得意分野、正確なども加味して選別が行われています。
さらに将来性、つまり果たして売れるのかどうか、という点にまで考えた場合
文章の上手さよりも話題性を採る場合も多々あります。
私は均整の取れた文章を好みますが、個人的な好き嫌いでなく、
出版社側の示す指針によって選考を行いますので、私の好きな文章、
つまりここに挙げられたような整った文章を選ぶことは、上位選考では
ここ数年ほとんどありませんでした。

375 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:15
下読みさんも、1の文章レベルは認めているということか・・・

376 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:20
文章力は鍛錬すれば上達する。
発想力は持って生まれたもの
より先天的なものだ。

377 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:23
発想力? そんなのなくても小説なんか掻けるよ。
むしろ「漏れって変わってんだよねー」とかいう
人のほーがウザい。

378 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:24
うひょ!?すげーな。みんな想像力ゆたかだ。
1が読んだらびっくりしちゃうよな。こりゃ。
俺ぁ『月と六ペンス』の前書きんとこ思い出すね。

379 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:26
発想力の問題が、
「漏れって変わってんだよねー」
に、どうしてなるんだろう?

380 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:26
>>377
意味が分からんぞ。
発想力を持った奴がウザイとうことなのか?
『むしろ』はどの言葉を指しているんだ?

381 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:26
ね?

382 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:27
ああ… どんどん>>1の術中に嵌まっていく…

383 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:28
379 380
すばらしい

384 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:33
1は帰ってきても逆切れして姿を消すだろうな
「おめー等うっとおしいから止めだ!」
想像できるよ。

1の満足感を満たすのに利用された俺は
1のプライドをズタズタに引き裂いてやりたいよ。

385 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:37
>術中
いいんじゃないか?
皆知ってて楽しんでるんだから。

386 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:41
やっぱネタか〜・・・

387 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:42
なんか今日は人がいんだな。こういうときに1もいりゃいいんだが、
あいつ今夜は仕事納め&飲み会か。タイミングわりーよな。
下読みさん曰く話題性大切みたいじゃん?やっぱ忍者まずい?
1が聞いたらショックだろーなぁ。つーか忍者はダメデスカ?

388 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:42
1に似た文章を書く作家を知ってる人いる?

五万といるか・・・

389 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:44
作家じゃないと思うな‥‥
いいとこ、駆け出しライターじゃないか?

390 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:45
>>387
2・3人が喜んでまわしてるだけさ。
まあ、オイラはその中の一人だけどね。

391 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:48
じゃあ、ここにいるみんなで忘年会すっか? 魚民? 和民?

392 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 15:49
百歩譲って、ネタスレではなく
本当に興味本位で書いた文章があの域に達しているのなら
これからどんどん上達するだろうな〜
ちょっぴり羨ましい。

ネタだと信じたい。

393 :387:01/12/29 15:58
>390
なーんだ。おめーらもひまなんだなーアハハ
匿名だと気づかんわホンマー 2chオモロイゼヨ

394 :367:01/12/29 17:52
>>368
粋ですなぁ兄さん。

私も字下げについては気になっていました。
でも恥ずかしいからっていう理由で本を読まない人が、
自分の書いたものを人に読ませるのか、というのには疑問が。
それにやけに高卒を強調しすぎるのもなんだか不自然な気がします。
それだけ学歴のことで嫌なことがあったのかもしれないけれど。
全部が嘘ではないと思うけれど、所々に嘘が含まれているのかも。
というわけで私はどちらでもない派。

>>378
「月と六ペンス」ってどんなのですか?
最近活字に飢えてるから何か読みたくて。

あ、あと絶さんってものかきですか?本読んで見たいです。

>>392
私はこれからどんどん上達する方が楽しみですな。
ネタではないと信じたい。

長々すみませんでした。

395 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 18:06
1の文章をみんなで手直ししまくって、できた作品を応募。
そんなかんじで1に無理矢理賞をとらせてみたい。

396 ::01/12/29 19:39
激しく合意。

397 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 19:44
>>395
皆の知恵を絞り出して作品を作っても、賞は取れないと思われ

398 ::01/12/29 20:15
それについても激しく同衾

399 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 20:37
>>397
そ、その心は・・・?

400 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 20:54
397じゃないけど。
1の文章はかなりのレベルだから、よってたかって直しても
かえって悪くなるだけじゃないかな。
1に欠けているのはむしろ空気感の演出のようなものだと
思うね。それは大勢でどうこうできるようなもんじゃない。全員が
一つの世界観を共有しないといけないからさ。

401 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 20:56
>>400
理解

402 :378:01/12/29 23:04
>394
『月と六ペンス』
「画家ゴーギャンの生涯に暗示をうけ、芸術の
デーモンに魅入られた男の壮絶なエゴイズムを
描いたモーム(1874-1965)の代表作。」
↑まんま引用
前書き部分じゃなかったみてーだけど、
どっかで「読者の興味が作品から作者へ移行するのは不思議だね」
みたいな感じのことが書いてあったような気がして思い出したのDEATH。
美への渇望(月)と世俗(六ペンス)の対比っつーの?そんな感じのお話。

403 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 23:47
てか忍者のとこ核融合じゃなくて核分裂のがいいよ。
連鎖的なのは核分裂のがあてはまるかな。

404 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 00:02
1よ、カンバック♪
話をしたいんだ。

405 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 00:08
ペンネームペンネーム。誰がなんと言おうと俺は教えてもらうぞ。
教える気ないなら糞ネタと判断する。

406 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 00:15
1の作品を読んでから、もう一度レスの1の文面を読んでみな。
あんなにも文学文学してる文章を書ける人間が
なぜわざわざ幼稚な文章を載せる必要がある?
書き直しゃーいいだろ。
それはなぜ必要か?
必要があるからだよ。
ネタを振ってからオチを付ける。
良い作品を残すためにはネタ振り必要なんだ。
これ常識。
 

407 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 00:41
>374氏が大手出版社の下読みを長いことされておられるということなので、
その選考基準に従って虎の穴作品をざっと選考して頂けたらと思うのだが、
どうだろう。
上位選考に通りそうなものはなくとも、傾向としてどういうものが
通りそうなのか具体例を挙げて貰えると大変参考になると思うのだが。
だれも言い出さないので、遅レスだが、頼んでみたい。
>374さん、面倒だとは思いますが、いくつか作品挙げて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

408 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 00:41
>406
え・・・ワリー、ゴメン、どういうこと?

409 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 00:53
あはは、俺もわからんかった。

410 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 01:40
>>407
それを下読みに頼むのは酷ってもんだ

411 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 01:43
もしネタでないなら>>1にはぜひ賞を取ってほしい。

412 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 02:03
俺って想像力は抜きん出てるし
構成力も決して読者を迷子にはさせない。

文章力がな〜
それさえありゃ文学の歴史を変えれるんだけどなあ。
目を瞑るだけでアイデアが頭一杯に湧いてくるんだよ。
おかげで寝れねーや。

413 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 02:05
>>412
第三の刺客

414 :412:01/12/30 02:20
なんかいい辞典ないかな〜
例えば「恐い」を他の表現で書きたい時に、
「恐い」を調べれば、「恐怖」とか、他には・・
ん? ヤバ、それしか浮かばないや。
だめだな、こりゃ。文章力以前の問題だ。
小学校からやり直しだ。

415 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 02:22
>>414
類語辞典、いわゆるシソーラスってやつを買え。
お勧めは角川書店の類語国語辞典。

416 :412:01/12/30 02:35
>>415
そんなのがあったのかい?

415には理解出来ないと思うが、
あんたは今とんでもないアドバイスをしたんだぜ。
渋滞で止まった前方の車が自然とばらけていった気分だ。
来年のすばるは手中にした。
感謝するよ。

417 :416:01/12/30 02:40
>渋滞で止まった前方の車が自然とばらけていった気分だ。

んーー、もう一つ伝わらないなあ〜
いい線はいってんだけど、パッとしないんだよ
その点、1の描写はすばらしいねー

誰か上の文章を、俺が惚れる形にしてくれない?

418 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 02:48
たった一つの噴出を機に出口付近に詰まってたウンコが一斉に放出
された気分。

しかし、こんな時間にお互い暇だね(w

419 :416:01/12/30 02:57
418氏への感謝の言葉はケツの穴にしまい込むよ。
便秘で腹が痛ー

420 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 03:03
下痢腹を抱えて便所を探し回っていたら、それを見かねた親切な美青年が
自宅のトイレを貸してくれた……そんな気分。

421 :416:01/12/30 03:05
>>420
いいね〜それ最高。

422 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 03:14
勃起したチンコ抱えて走り回ってたら、美人の後家さんが膣を貸して
くれた……そんな気分。

423 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 03:17
ビデオカメラ抱えて風呂場を覗いたら、中にいたおじさんが
バスタオル一枚で追って来て警察を呼んでくれた……そんな気分。

424 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 03:27
>>416
おい、そこまで言うなら、なんていうペンネームで応募するか
言うのが415に対する礼儀ってもんだぞ。

425 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 03:35
村上春樹が「本名をペンネームにすると大変です」みたいなことを
言っておったぜ。あんたらもペンネームは慎重に決めた方がええぞ。
“ばなな”なんて付けた日にゃあ、アンタ、それだけで読まない人もいるぜよ。
・・・つーかそれは俺だ。えっと、ばななさんはどうなんでしょうか?良いの?

426 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 03:58
ばななさん、無茶苦茶苦手です。
初期の2,3作読んで反吐が出そうになったよ。

427 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 04:08
そうかな。
若い人が読むぶんにはいいんじゃないの?
といっても、漏れも二、三冊くらいしか読んでないが。
ま、人それぞれつーことで。

428 :425:01/12/30 04:10
>426
レスありがとさん。まだ寝なくてよかったぜ。
にゃるほど。反吐レベルかぁ。そらアカンわ。
好きな人は好きらしいから、あれか、“読者を選ぶ”ってヤツか。
・・・う〜ん、どーしよっかなぁ、ま、パスかなぁ・・・。
他にも読みてー本はいっぱいあるしな。んじゃ、オヤスミナサイ

429 :425:01/12/30 04:14
ありゃ。レス増えちょる。
若い人。俺ぁかなり若い人だね。
つーことは読んでみるのもまた一興?
んじゃ一冊くらいは読んでみよっかな。
427さんもありがとね。オヤスミナサイ

430 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 15:52
>>1
ほんとに2、3日で何十枚も書けるなら、
それだけネタがポンポン思いつくということだろ。
パクられたら即、別のネタ、切り口、文体で書けばいいだろ。
なぜベタだと指摘され、過剰にショックを受ける?
なぜパクるなと執拗に警告する?

431 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 16:06
普通、誰でもショックを受けると思われ

432 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 16:07
>430
別に1の肩持つわけじゃねーけどよ。ひまだからな。
パクられたら金になんねーべ? ベタだと金になんねーべ?
つーかせっかく書いたのパクられたらフツーは嫌だろ。
アイデアあるからパクられても平気って、アンタ、そんなこたぁあんりゃすめぇ。
それにどっちかっつーとありゃヤツの口癖みてーなもんじゃねーかな。パクルナヨ

433 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 16:10
>>430
ネタスレなんだからあんまり気にしなくていいと思うよ

そもそも、1とその信者の書き込みからは品性が感じられない
しょせん傷の嘗め合い
もう1もこないだろう

434 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 16:15
>433
あ、やっぱ俺って品性感じられん?“信者”ってなんやねんなアハハ
つーか俺って文章書けねーからつい喋っちゃうんだよね。ワリーな。

435 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 16:55
>なぜパクるなと執拗に警告する?

実はパクってるのは1だから。軽く示唆してんじゃねえの?
ネタスレとか作るやつはそういうちょっとヒントになるようなものを
置きたがるみたいだし。 前にも(ほかの板で)そういうのをみたことがあるけど、
みんなに言わせれば「そこを見れば(ネタだと)分かるだろ」っていうことらしい。

436 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 17:04
DTV板のハリーポッケーの方が面白かったな

437 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 18:36
この際ネタかどうかはもう関係ないと思われ。
って言うか、1が誰かのパクリというなら、元ネタを教えて欲しい。
まあ、全くの抜き書き・丸写しでないにしても、似てる文章とか内容とか。
俺としては、マイナーな作家の作品丸写しとかのオチがいいねえ。
そうすりゃあ、かなりの祭になるだろう。

438 ::01/12/30 18:57
勝てばよかろうなのだッ!

439 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 19:45
>勝てばよかろうなのだッ!

本当にそうだな。
ネタだろうが何だろうが、
読んでみた限り1の書くもんは面白いし、
これを投稿すれば間違いなく賞までいくだろ。
こいつがホンマもんの高卒だろうと、
ネタで喜んでるプロかプロ志望だろうと、
ここにいる連中よりは
勝ち組であることは確かなようだ。
ま、俺の書くもんの方が上だという自負はあるが。

440 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 19:47
>439
あんたかっちょえーわー

441 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 20:35
1はやっぱ司馬遼太郎とか池波正太郎とか読んでんじゃない?
読んだ感じは似てるけど…。歴史小説オタではないので、
細かく指摘は出来ないけど。

442 :エセ編集者:01/12/30 20:39
まあ、>>1はプロではないことは確かだな。
本物のプロは、
こんなところで自分の文章さらしたりしないだろ。
だって飯の種だよ?
お前らがプロだとして、
何の得にもならんそんな事するかい?

443 : :01/12/30 21:14
>>442
自己満足は立派な『得』

444 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 21:33
>>443
「プロ」はそんな事しねえっつうの。

445 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 21:54
>>444
プロ発見
もしくは、プロの気持ちが分かる男 発見。

446 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 21:57
プロ、つーてもピンキリだからな。

447 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 22:22
>>415
類語辞典買ってきたよ〜ん
結構種類があるのに驚いた
吟味したあげく2900円の安物を買ってしまったー
6000円ぐらいので電話帳より分厚いやつがあったけど
5000円以上の買い物はママの許しがいるからね
誰が見ても、これが一番安い!ってのを買っちゃったよ。
それに五十音順で調べれるやつだからね。

とにかく、415さん 感謝です。

448 :無し:01/12/30 22:23
1は飽きたと思います。

449 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 23:15
あんま好意的な解釈ばっかしてっと怒られそうだけどさ、
あいつ正月は彼女の実家に行くとか言ってたじゃん?
いろいろ忙しいんじゃねーの?大掃除とかもあるだろうしよ。
実際、もう大晦日だっつーのに2chなんかやってられんっしょ。ツッコマナイデネ

450 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 23:20
>439
おいおい。マジで1の文章が賞を確実に取れると思うのか?
ちょっと読んだだけで?
俺にはとてもそうは思えねーな。
本気で作家を目指して応募してるんだったら、あれくらいの文章を書く奴は
ザラにいるだろ?

451 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 23:27
荒れてきたね。いい雰囲気のスレだったのに、必ず場をかき乱す奴が出てくるんだよね。
ああ情けない。

452 :415:01/12/30 23:27
>>447
よっしゃ! あとは書くだけだな。やったれやったれ。
書きまくって、すばる獲っちまえ。ガンバレヨ

453 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 23:30
俺も類語辞典欲しくなってきたな。
なんかおもろそうじゃん?でもちっと高いなぁ。
2900円っつったら600qくらい走れんよ。あ、バイクね。

454 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 23:31
>451
批評を口にしただけで荒らしになっちまうのかい?
1も自分の文章がどの程度か純粋に聞きたいと思うのだが?

455 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 23:35
>>451
454の言う通りだぞ。そういう行き過ぎた平和主義は逆に争いを招くもとになる。

456 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 00:06
>>451
ていうか、創作板の異端だったことに気付けよ
自分達だけ正義面してのうのうと居座ってんじゃねえよ

457 :ageまん:01/12/31 12:45
いいこと思いついた。
>>1の忍者小説の続きをみんなで書いて、リレー小説スレにしよう。

458 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 13:04
その思いつきが、いいことだと思うお前が凄い

459 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 13:06
>>457
激しくスレ違い。
ここは年末に向けて暇潰しをするスレです。

460 :自爆:01/12/31 13:09
ファッキンジーザス!間違えた。
年明けに向けて、だ。
晒しage

461 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 14:13
一生懸命やりたくないなら引き篭もってろ

462 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 14:22
もうあげんな

463 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 14:30
もうsageんな

464 :預言者:01/12/31 14:30
>>1は再び戻ってくる。

465 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 17:17
>>1が戻るまで待機。主役がいないのに話し合っても荒れるばかり……

466 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 03:51
1が何者にしろ、
文学賞に必死に応募するのが格好悪いという気持ちは理解出来る気がする。
16歳くらいの女の子が「アイドル歌手になりたい」と言って
必死にオーディションに応募してたら、
おまえアホかきちんと学校行って勉強せえと言いたくなるし。

467 :名無し物書き@推敲中? :02/01/01 03:56
>>466の例えがなに言いたいのかわけわからん
とりあえずあげるな

468 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 04:49
>>466
そんなこと言ってたら何にも出来ないよ。

469 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 05:18
まあとりあえず、
「文学賞に必死に応募する」のはカッコ良くて
「アイドル歌手になりたい」と必死にオーディション応募するのが
カッコ悪いと思っている奴がいたとしたらそいつはただのヴォケという
事なんじゃないだろうか。
どっちもハタから見れば同じ。

470 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 13:06
>>469
>アイドル歌手になりたくて必死にオーディションに応募する

問題は、『必死に』という言葉なんだよ。
この文章から感じれるのは、アイドルを目指す少女が、
自分の夢を実現させるために、死に物狂いで自らを送り出しているということなんだ。
オーディション回数は、10回、いや20回、いや50回以上だろうか。

>ハタから見れば同じ

469は双方ともがヴォケだと言いたいのか?

なぜだ?
なぜ必死にアイドルを目指してる奴がカッコ悪いんだ?
ほとんどの作家志望な奴は、文学賞に必死に応募しているからといって
自分をカッコいいと思ったりはしていない。
本当にカッコ悪いのは、行動をおこさない奴だろ?
そう、あんたみたいな人間が一番カッコ悪いんだよ。

471 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 13:58
つまり、1はカッコ悪いのね
もうあげんな

472 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 19:48
470はこれを見てからもう一度考えろ
ウルトラネットアイドル、terumiのhpだ!
http://members.aol.com/tennenmario/

473 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 20:21
「ずっとアイドル目指してます!」
 マジで?!

474 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 20:52
>1
確かにかっこわるい。それだけならいいが、面白くもない。
sageよう。

475 :469:02/01/01 21:48
ああ、ごめん俺がいいたかったのはどっちも格好悪いってことじゃない。
どっちも同じだといいたかっただけだよ。
それがカッコ悪いのか悪くないかってのは取る人間次第だしな。
確かに不愉快な書き方だったかもな。謝る。
さげとく

476 :1:02/01/04 04:02
どーも皆さん、明けましておめでとう。
今日彼女の実家から帰ってきて、さっきまで7枚くらい書いた。
帰省ラッシュの疲れで筆が進まないよ。明日からまた仕事、きついなー。
では、とりあえずご挨拶まで。

477 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 05:45
>>476
よく帰ってきてくれた。創作は少し休むと、簡単に力が落ちる。
頑張って続けろよ。

478 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 11:51
>>476
今まであんたを否定してきた者です。
しかし、帰ってきてくださったので即効であなたに手の平を返します。
がんばってくれい!

479 :くろとしろ:02/01/04 13:05
>>472
そこ、ソースがめちゃおもろかった。たとえばこんなの。
<big><big><big><big><strong>TERUMI</strong></big></big></big></big>

480 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 13:50
新人賞と関係ネーだろ?

481 :マスター:02/01/04 20:14
  ∧_∧
 ( ・∀・) 1は松本様
 (    )
 | | |
 (__)_)

482 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 23:29
>>476
彼女いるヤツァ逝ってよし

483 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 22:06
↑ かわいそう…

484 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 02:40
1よ帰ってこいアゲ

485 :369:02/01/07 19:42
で、どうするよ?
原稿上がったら、持ってってみるか?>1

486 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 19:48
NEXT賞にしとくか
で、公開
みんな納得

487 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 21:09
消えた1の真意がわからん

488 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 21:33
飽きたんじゃない?>1

489 :名無し物書き@遂行中?:02/01/09 01:30
書いてるんじゃないか?
最初の話はまあ無難という程度だが、2番目に書いたものは
なかなかうまい具合に五感で感じたものを拾っていると思った。
感性と経験が豊かなんだろうな。

余り風呂敷を広げない、身近な事件を扱った話の方が
>>1 の書き方には合っているような気がする。

490 :期待age:02/01/09 13:22
結局口だけだったのか1よ…。
俺は正直おまえに期待してたんだが…。

491 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 22:45
久しぶりに見てみたんだけど、やっぱネタだったの?
あっちも寝た、こっちも寝た…

もっと純粋な気持ちを持つ者はこの板にはいないのか!!
って、書いてて恥ずかしくなるけど…
すまんのう、皆の衆。あげちまうよ

492 :名無し物書き@推敲中?:02/01/11 00:01
俺、読物に応募したんだけど、
1次通過しなかったらこのスレに載せるよ。
ヘタックソな作品読んで、あーだこーだ議論してくれ。

ちなみに読物の1次通過者発表は何月号? 2月?

493 :名無し物書き@推敲中?:02/01/11 16:12
1次通過者の発表はないよ

494 :作家?:02/01/12 11:44
ケンジはいつものように海に佇んでいた。彼はこの世の中に病んでいるのだ。しかし
海を眺めているときだけは違っていた。この瞬間だけケンジの心は安らぐのだ。唯一
やさしい気持ちになれた。とどまることのない時間をとめることができるのだ。

495 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 16:47
>>494(゚∀゚)ピヨーーーーーン

496 :作家?:02/01/13 13:07
続き書いてもいい?

497 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 16:28
最初から読ませていただきました。。
(ネタじゃないないなら、、ということで)1の天性に驚愕し、
良スレな展開に感心しつつ、
そのくせ 学生時代の新聞配達奨学生という
環境下でも新聞を読まなかった自分に
後悔の念を抱き、スレを降りて来ました。。

『ウルトラネットアイドル、terumi』という 情念の権化 が現れて
1は消えました。。 まるで役目を終えたかの様に、、、

1が言いたかった事はこれなんだ! と思いました。
なり振りかまわないパワー
僕達に足りない物を1は教えれくれたのです。
>>366
>スレ自体が、1にとっては一つの作品なんだ....
今となっては当たっていたかも知れません。
では、

498 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 15:00
どっちにしろ、1の せせら笑っている姿が目に浮かぶよ。

499 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 16:06
上の方でも言ってたけど、1だってたいしたことないのにね。ホント。
あれじゃあ、下読みで落ちちゃうよ。

500 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:28
ゴ、ゴシャク…… 500……ゲト……

501 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 22:56
>>499
落ちやしないだろ?

502 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:12
で、実際の処、この板の住人は1の文章に対して、
どう思っているのだ??

俺は素直に プロクラスに旨い文章だと感じたのだが、、
内容・構成がわからないから、、とか言わずに。
純粋に文章だけの、評価をお願いします。

503 :502:02/01/14 23:16
あと、前文よんでないから、とか
一部抜粋して旨い下手は語れない。文章とは全体を通して読んで始めて解る物だ
なんて、事は言わないでね。
とりあえず、ぱっと読み印象で

504 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:20
龍ぽいね
龍のパクリかと思った
本読まないで書けるものかなと
ネットでいろいろかいてる人のみても、
へたすると本屋で立ち読みしても、
つまらない文章書く人がほとんどだと思ったりするし
でももし大賞とかとれて世にでたら
1が誰かばれちゃうよー。
こんなとこに書いて自分の価値さげちゃもったいないかも

505 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:21
>502
プロクラスというくくりがイマイチわからんが、小説として本屋に並んでいて
もおかしくないレベルだとは思う。
だけど、1が初めに書いた文章(青春小説?)と後に書いた時代ものとのギャッ
プが大きい気がせんか?
そこら辺もネタの臭いが濃厚だのう。

506 :502:02/01/14 23:35
俺も最近、小説でも書いてみようかな、(もちろん趣味程度で)
と、思って、昨日ここに始めて来たのです。で1の文に感心したので
客観的は意見も聞いてみたくなり、始めて創作文藝板に書き込みました。ドキドキ
やはり、旨いことはうまいのですね。

507 :504:02/01/14 23:39
なんか大根の話しどっかで見たことある気がするのは
デジャヴかなあ。多分デジャヴだなあ。似てるだけかなあ。
私の知ってる大根の話しは誰のだっけな
けっこうな巨匠だった気がする。とにかくそれを見た時の印象と
すっごいよくにてる。デジャヴだとしたら1はそれなりの才能と
いうことかあ。
というか、「この作品知ってる!」っていうのでてこないかと思って
スレ最後まで読んでたんだけど(笑;
本物なら、そうまで疑われる程のよい文章ということで。

508 :499:02/01/14 23:40
>>501
最初の方の文章なら落ちると思うけどなあ。
あれで大丈夫だったら、一次落選組はみんなすごく勇気が出るよ。

あとの方の時代小説は確かに大丈夫だね。プロっぽい。
新聞読んでるだけで書けるわけないじゃん。

509 :名無し物書き@推敲中? :02/01/14 23:45
>>502
ネットで素人の文を読んだことがないせいか、そんなにすごい文とは思わなかった
もちろん、創作の難しさというものはあるだろうが、あれに感動して信者になっているやつらは
よっぽどいい文章が書けないやつなんだろうなと思った

まぁ、そもそも俺は良い文と悪い文の違いがよくわからんので一概に1はダメとは言えんが
ひたすら理不尽なことをしている1と信者とこのスレがウザったらしかった

ということで、まだなにか話すならサゲてしよう

510 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:49
>ネットで素人の文を読んだことがないせいか、そんなにすごい文とは思わなかった
別に俺は信者じゃないが、あんたの文も変だぞ?

511 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:52
>>510
つまり、プロの文しか読んだことないから
素人の文は学校の作文程度しか読み覚えがない、と言いたかったんだけど

512 :名無しさん@腹打て腹:02/01/14 23:53
>>511
じゃあ、あんた自分の文章を客観的に評価できないでしょ?

513 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:54
510は逆説的に1の文はうまいと言っているんだね。

514 :510:02/01/14 23:54
すまん、509だ。

515 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 23:55
>>511
んん?じゃあ、凄い文章ってのは信者が感動するような凄いって
意味じゃなくて、素人が書く電波のような凄さって意味か?
前者だったら別に素人の文と比較する必要は無いと思うが?

516 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:00
>>512
できないよ まだ書きはじめたばかりだし
賞に応募する気もない、しょせん自己満足で書いている駄文だと割り切ってるから

>>513>>515
??スマン、バカなんで両方共に理解不可

517 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:04
おい、まて!皆の衆!

ここでそういった議論をすることが、1の術中にまんまとはまる
事だと気が付いてくれ!
ネタだよ、ネタ。

518 :名無しさん@腹打て腹:02/01/15 00:04
>>516
素直だなあ。ごめんね、変なこと書いちゃって。
でも、あれがたいしたことないって言い切れるのなら、
あんたも才能があるかもね。
虎穴にでも出してみなよ。って、勧誘しちまったよ。

519 :名無しさん@腹打て腹:02/01/15 00:07
>>517
わかってる、寝ただね。絶対寝ただよ。
でも楽しいじゃん。術中にはまるから避けようっていうよりか、
「おいらは、はまんないよお」ってな感じでまたいで行くのがさ。

520 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:08
しかし1の元ネタがわからないのが悔しい。。

521 :520:02/01/15 00:09
すまんさげだ。。

522 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:11
1はネタでやっていたが、
あまりのも賛同者が増え、
収集つかなくなって消えたというパターンでいいでしょうか?

523 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:11
1の文章は一次は通るんじゃない? 文章だけで判断すれば。
まあ、ベタ誉めしている人たちも「新聞しか読んだ事なくてこれか!?」
という要素も過分にあったと思うし。
まあ、どう考えてもネタだよね(w
「新聞しか読んでません」と言えばベタ誉めして貰える事が分かっていたのだろう。

524 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:12
つーかさ。
俺が思うに、最初の文章がモノホンなんじゃないの?
で、調子に乗って次の文をどっかから引っ張って来たとか。

525 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:13
もうやめれ。

526 :名無しさん@腹打て腹:02/01/15 00:14
>>520
元寝たっていうよりは、上でも書いてたけど、プロかセミプロ
なんでねえの。
じゃないと、1自身だってむなしいし、馬鹿らしいよ。
1がプロの仕業なら、楽しいだろうねえ。

527 :504507:02/01/15 00:15
>520
そうそう、あれに元ネタがあるなら、
自分含めここ見てる人誰もその情報を持ってないと
いうわけで。

ということで、ネタだとしてもすでに我々は負けてるんじゃ・・・・?

528 :名無しさん@腹打て腹:02/01/15 00:16
>>524
あるいはそうかもしれん。引っ込みがつかなくなったのかなあ。

529 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:16
いや、プロだったらそれこそ虚しいぞ…

530 :527:02/01/15 00:18
プロだとしたらからかわれているのかと・・・

531 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:19
>>529
確かに、、ワラタ
厳しい執筆業の裏をみたようで、、
こんな事でストレス解消しているかと思うと。。。

532 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:19
プロの暇つぶしだと思って読んでたけど。
きっと仕事なくてヒマだったんだよ。

533 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:19
2チャンにかかってはプロもボロボロ。
何の権威ももたない。

534 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:21
他の人はどうだかわからんけど、こんなところでグダグダやってる
自分は負けだよ、負け。
オナーニカキコすまん。

535 :名無しさん@腹打て腹:02/01/15 00:21
まあ、おれたちは楽しめてるんだからイイじゃん。
すくなくとも、ムカつきはしないでしょ?
れみ感スレみたいにさ……

536 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:23
>>534
どうしてすぐそうなるんだ。短絡的。

537 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:24
アレは、1の作品。
けど、すべて落選。
(まあ、ストーリ展開がダメで、、という事で)
で、意気消沈して、、、、けど、作品に日の目をみせたい!
あと自信を回復したい
で わざとあんな素人キャラで 現れた。。。
って可能性はどうですかね。。

538 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:25
プロだとしたら、
「新人賞に応募したくない」と言われたら「たしかに。」と返事してしまう。
というかできないし。

539 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:25
>>537
考えすぎ……。

540 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:25
>>536
だからいいっぺよ〜
オナーニなんだからよ〜〜
自慰くらい自由にさせろっぺよ〜〜

541 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:40
漏れは初めからこのスレにいたけど、文章はともかく1はなかなか
良い奴ぽかった。
ま、ネタスレでも1のキャラ次第ということで

542 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:41
>>540
向上心のないオナニーは
「本当に」頭を悪くするぞ!

543 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:55
大学の文芸部で、1より上手い文章は幾つも有った。
勿論、その倍は駄作も転がっていたがね。
ネタじゃないなら向上する可能性は有るだろうが、
何にしてもこのレベルだったら、そんなベタ褒め
する事も無いと思うのだが?

いや、俺も大学の勉強が厭で辞めたクチだし、学歴
云々で話をするつもりは無いけどね。
居る所には、上手いヤツなんて幾らでも居るよ。

544 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 00:59
>543
君には下読みをまかせられないねえ

545 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 01:16
見る目を養わないことには
よい作品は書けない・・・

546 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 02:18
正直、1の文章で一次を通らないのなら
オイラは新人賞受賞に自信を無くします。

547 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 03:32
>>546
何で1を基準にするの?
歴代の作家の新人賞作品(処女作とか)と比較すればいいじゃん。
村上春樹の「風の歌を聴け」や吉本ばななの「キッチン」だと自信がつく。
でもドストエフスキーの「貧しき人々」になると自信を無くす。

現代文学の受賞レベルと比較したら、割といける気がしてくるんじゃなかな?

548 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 04:27
>何で1を基準にするの?

2chの全てのスレは1が立てたスレなんだよヴォケ。

549 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 04:39
どうでもいいけど
>543
やめたクチっての、久しぶりに聞いた(というか見た)よ。懐かしい(w

550 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 20:01
一次ってのは、ろくに自分の名前も書けない奴が落ちるんだろ?

551 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 20:59
>550
出してみろよ
それで一次通ってから話し聞いてやっから

552 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 21:06
http://kobe.cool.ne.jp/babies/noise-0.html
ノイズ

553 :1:02/01/19 00:59
様子見age

554 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 01:11
白土読んだ?

555 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 01:57
>>1
よく帰ってきた。もうしばらく様子を見守ろう。

556 :名無しさん:02/01/19 03:25
>>547

で、あんた新人賞取ったの?

557 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 04:45
>>547
「風の歌を聴け」って、すごいと思うのですが。
最近の芥川賞とかは文学とは言えないと思うよ。
選考委員のレベルが明らかに落ちている。

558 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 04:48
>>557
同感。
文学賞は新人賞だけでも良いのではないか。
デビューできれば、あとは本人の力と編集者の問題。
という私は編集者。本音は営業のヤツらがバカ。

559 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 04:52
http://dreamcity.gaiax.com/home/kazenoyukue
の「客観的妄想」はエンタメとしてすごい能力を感じる。
でもきっと彼女はネットの中だけで読んで貰えれば満足なのだろうね。
558は編集者として、ネットの中で掘り起こすと言うことは不可能なのですか。

560 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 04:58
>>559
http://dreamcity.gaiax.com/home/kazenoyukue
は先週、別のスレでも紹介されていて読みました。
はじめの方はエンタとしても純文学としても素晴らしいですね。
ネットの中で探すということは私のところではやっていませんが、
渋谷系プロダクションなどの一部ではじまっています。
もしかしたら彼女もピックアップされているかもしれませんね。

561 :名無しさん:02/01/19 05:10
>>558
というか、
芥川賞も新人賞ですよ。それに芥川賞取った作品が必ずしも文壇で評価されている
わけではありませんよ。この先有望な「新人」に与える賞ですよ。作品として優れて
いるとは限らないのよ。

562 :名無しさん:02/01/19 05:15
>>557
選考委員のレベルは落ちてませんよ。
それどころか現選考委員の若い時代にはまだ「文学」があった。むしろ今活躍中の
作家の質が落ちてるんだよ。
芥川賞が最近ダサイのは、かつての「文学者」には所詮は現代の空気が読めない。
それだけのことよ。力自体はあるよ。あの爺さん婆さんたち。

563 :名無しさん:02/01/19 05:37
>>558偽編集者に決定?

564 ::02/01/19 07:31
どっちがニセやら

565 :名無し物書き@推敲中?:02/01/21 18:50
1でてこいやあ

566 :1:02/01/25 02:15
オメーラ、俺のボキャブラリーの豊富さに
自分自身の限界を感じたんだろ?
どうしても比べちまうよな〜
スレの冒頭で誰かがピッタシ当ててたけど
一個目の作品は映画にもなったラストサマーで正解だよ〜ん♪
ていうか、ハニーが借りてきたビデオを見て
思い出しながら書いたのさ。
まあしかし俺に才能があるのが、あんたらのおかげで分かったよ。
文章を書くにはコツがいるんだ。
簡単なね。
なんか一つ書き上げて、すばるにでも出そうかな〜



567 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 02:21
酔ってる?


568 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 02:25
すばるときたか。
よーし、
誰にでも、誰でもが言う言葉をくれてやろう。
「がんばれ、1」

569 :1:02/01/25 02:27
今日は人が少ねーな〜
こんなんじゃ目立たないな。
寝るとするか。
明日は昼出勤だったんで、卵たちを手の平の上で遊んでやろうと思ったんだが。
朝起きて気分がよければ顔出してやるよ。
今から見た奴は質問でも書いてな。
何度も言うが気分がよければ見てやるからさ。

570 :1に質問:02/01/25 02:35
どうやったら子供が出来るんですかぁ?

571 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 02:44
>>570
あんたが本当の1だろ?

572 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 02:48
>>435

573 ::02/01/25 11:04
文章力だけじゃ、小説は書けないんだよね……。
このスレとか、この板とか見ればわかると思うけどさ。

574 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 20:28
>>573
激しく同意。
ボキャブラリーがいかに豊富だろうが、
難解な言葉で書いて読者を混乱させるのは
そりゃ小説じゃなくってただの作者の自慰行為だな。

問題は、『難しい事をいかに易しく書き伝えるか』。
文章力なんてのはその為の技術でしかない。
文章力だけ自慢したいんなら、小論文のテストでも
受けてりゃいいんだよ。

575 :1:02/01/28 02:27
皆さんご無沙汰しています。
何か色々書かれてるみたいだけど、
仕事と、あと彼女の実家で不幸があって、
小説書くどころじゃなかった。
年明けに少し書いたっきり、
いま200枚くらいで頓挫してるかな。
時間を見つけて書き進めるよ。
それじゃあ、皆さんも頑張って。

576 ::02/01/28 05:29
うん
頑張るよ

577 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 01:40
おかえりあげー!

578 :親切な人:02/01/29 01:43

ヤフーオークションにおいて、幻の人気商品を
発見致しました!!!

詳しくは、下記のホームページを観て下さい↓
http://www.guruguru.net/auction/selleritem.php3?list=10&userid=17721

579 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 01:46
>>575
200枚もかけるなんて羨ましいぞ。俺は15〜30枚でもう飽きるぞ。


580 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 03:10
書いてる途中で無理に他人の作品を読まない方が
いいって聞いたことがある
影響されるからだって
あと自惚れるか自信をなくすかのどっちかだからだってさ

581 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 00:03
>>580
丸山健二がそれとほぼ同じことを書いてる。

582 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 01:48
>>1
よく帰ってきた。いろいろ大変だったんだな。
外野は無視して頑張ろう。俺たちも頑張るぞ。

583 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 04:06
>>575
彼女いるやつは逝ってよし!っと。

584 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 07:36
じゃあ奥さん持ちなら尚更かな?
思えば身近に女がいるときの方が圧倒的に多いな。女兄弟の多い家でよかった
のか悪かったのか。

585 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 09:07
>>580-581
ぬうう。
出勤の電車でも本を読まずに、自作を読めということか……

586 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 22:36
結局、このスレってネタだったの?
ちゃうのか??
>>566>>569は1じゃないのか?

587 ::02/01/31 03:05
(゚ε゚)キニシナイ!!

588 :586:02/01/31 20:26
絶さんって大人なんやね

589 ::02/02/01 06:19
そうでもない。
気にしないのは、考えても、わからないからだしね。

でも、私にも一つだけわかる事がある。

588のレスを重ねてきて、
私に反応してくれたのは「貴方」が初めてだという事。

590 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 14:49
↑この二人は恋にまで発展するかもしれない。

591 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 14:55
下読みの者です

592 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 03:54
↑絶って下読みなのかい?

593 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 04:58
なんやなんや?
久々に来てみたら、このスレけっこういい具合に続いてんじゃん。1の「本
になりましたー!」が聞きたいところやけど、まぁ、そりゃ望みすぎか。
ネタだろうがマジだろうが、1にゃあ負けへんでー。
じゃじゃっ、おやすみー。

594 :593:02/02/05 05:33
>1
>加助は無言でうなずくや、下草を蹴ってぱっと横跳びに飛び退いた。
忍者ものも書いたんだ。
この文、すごくいいリズム。アクションって感じがするよ。

595 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 06:12
>横跳びに飛び退いた。

こういう重ね語はアリなんか?正しい日本語として。
頭痛が痛いみたいなもんなんじゃないの?

596 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 07:14
細かいアラはあっても、1の文章なら一次選考を通過できそうな気がするな。

597 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 20:20
>>596
だから文章だけだったら1は一次など問題にしないと言ってるだろ!
日本語の読み書きが出来ない奴が一次を落ちるんだよ!

598 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 21:16

んなこたあない。 -●-●-

599 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 22:18

だが通過するのは事実だ。 -●-●-

600 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 22:30
600

601 :593:02/02/05 22:32
>595
馬から落馬したした調のことだね。教本とかじゃ言語道断なんて云ってる
けど、個人的にはリズム取るのにいんじゃないかと思う。でもまぁ、「横
跳びに」の場合、重ね語というよりは、「飛び退く」を強調・説明する言
葉だから、問題無いのでは。
まずもって、「下草を蹴ってぱっと飛び退いた」では、あまりにもそっけ
ない。そんなんじゃあ、私は反応しないよ。「ぱっと」の語感が生きてな
いじゃん。

602 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 05:48
まあ一次通るか通らないか騒いでる時点で駄目だな。

603 :ナナシ解体新書:02/02/06 06:33
>>601
それを言うなら「馬から落ちて落馬した」では?

604 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 06:38
それは二重表現のような気がするな。

605 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 09:18
まだこのスレッド続いてたのか…

606 :593:02/02/06 10:08
>603,604
そ、そうなんですかっ? 跳んだ薮蛇でござったい!
うん。今度からは間違わへんでー。
ふたつ賢くなったヨ。

607 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:04
貸本全盛時代じゃあるまいし、忍者なんてやめろ。
それより、最初の作品もっと読みたい。
エンタメより、純文ぽいのを書け。
エンタメは俺が書くから、心配すんな。

608 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 22:51
>>607
同意見

609 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 18:54
…コソコソ…
エンタメの書き手と思われ
…コソコソ…

610 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 04:32
忍者寄りも刺客ものだよ、これからは。
あずみみたいなさ。

611 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 08:26

そんなの、わざわざ小説で読むか?

612 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 18:36
忍者サイコー。やめんなよ。
でも最初の方も好きだな。

613 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 22:26
ソーダー。書ケー。

614 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 08:45
そろそろ1が書き終えたんじゃないか?
終わったら出てこいよ。読んでやるから。

615 :名無し物書き@推敲中?:02/02/11 13:07
ネタじゃないの?
池波正太郎とクリソツだよ??

616 ::02/02/12 01:22
>>592
違うよ。

617 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 20:18
パクリマンセー

618 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 20:31
これで池波のパクリだというなら、楽なもんだな(苦)

が、アクションものはインターバルが大事だからな……

619 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 23:16
問題は1が誰かの文章をパクッたとそんなんじゃなく、
奴の、レスに対するテンポの良さなんだよ。
展開の良さ、
構成の良さ。
悔しいが、奴には読者をひきつける何かを持っている。

620 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 23:23
れみ感もそうだが、魅力ってのは魅力だよなあ……

621 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 23:32
1発見。

622 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 19:27
根深汁が1の好物です。

623 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 19:44
いや、それは俺の好物だ。

624 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 22:44
1がプロってことでオケー?

625 : :02/02/15 22:56
1は、なっちゃん。
こんなとこで遊んでないで早くシリーズ新刊を出しなさい。

626 :1:02/02/16 03:11
           |
            |
     ∧ ∧   |さみしいょぅ 
     ,っдT)  < 
     `l  ⊂)    \_____
 .   〜| _ | ゥゥ...
     ∪ ∪   



627 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 09:13
いいスレタイトルだよな……
本屋にあったらぜったいに手に取る……
センスだ……

628 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 21:49
>>627
それだ!
このスレタイトルで誰か本を書け!
ビジネスチャンス!

629 ::02/02/16 23:18
ぱくりダヨ?

630 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 23:37
上からず〜っと読んできたけど、1さん消えちゃいましたね〜。
残念。私も小説相当いいと思いましたけど。
プロとかパクリではないと思いますよ。素人臭い表現とかいっぱいあったし。
でも、才能あることは間違いない。ほんと、もったいないね。
飽きないで書き続けて、ちゃんとした形式で投稿すればいいセンいくと思います。

631 :厨房スレ認定委員会:02/02/17 00:42
厨房スレ認定いたします。

おめでとうございます、1。
今後もどんどん厨房を引きつけて、スレのアホ化に専念してください。

平成14年2月17日 厨房スレ認定委員会会長 キッチン花子      

632 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 01:45
ネタかどうかの議論があるみたいだけど、確かにネタだったら嫌だ。
でも文章は素直にうまいと思った。そして俺も新人賞にはじめて挑戦
しようとしてるから、創作意欲をかきたてられた。まあド素人の俺が
言うのもなんですが。個人的な事ですけど文藝賞に応募してみるつもり。
応募し続けていつか受賞したら2ちゃんで「本人降臨」やってみたいと
いう妄想までもが俺の頭にちらついちゃってるっていう。

633 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 02:57
厨房スレ認定委員会会長が厨房なのは問題ありだな。

634 :89454:02/02/17 04:32
                   ,、
                  / .\
                /ζ 禿  \
              / ̄ ̄ ̄ ̄\.\
. ________,/         \\________
 \           //\    \  /  | ̄\            /
   \  叩   /  |||||||   (・)  (・) |  \  騙   /
    \   /   (6-------◯⌒つ |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \/    |    _||||||||| | < カツヲめ、またワシを召還しおったな!
      /\     \ / \_/ /   \___________
    /   \   (( \____/ ))    ./   \
   /  逝   \                 /  煽   \
 /         \ ________/         \
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               \  氏   ./
                \   /
                  \/
http://www.puchiwara.com/hacking/

635 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 20:22
>>632
1が留守のあいだ、お前の作品をウプしろ。一部分でいいから。

636 :名無し物書き@推敲中?:02/02/18 13:26
それいいね。
君もウプしてみたら?

637 :1:02/02/22 04:19
どーも、皆さんご無沙汰してます。
あの後、ずいぶん時間たったけど、何とかようやく書き上げました。
と言うか、さっき終了した。
ざっーと数えてみたら、500枚くらいある。
この枚数で応募できるところって、何処がいいのかな?
それにしても、もう朝じゃん。
でも、今日は仕事休みだからこれから寝ます。
じゃ、また。


638 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 05:14
本物か?
よく頑張ったな。それを投稿して今の自分の力を見極めてみようか。
一次選考を突破できれば、ネット上で公開しても恥ずかしくないレベルってことになる。
運良くデビューできたら夢の印税生活に一歩前進だ。
……あ、たかが二次落選者の俺が偉そうに言うことでもないか。

639 ::02/02/22 06:06
なんか丸くなったね、1。

640 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 23:47
500枚ですか。
うん。凄い、凄い♪ すぐに投稿するのも一手だけど、半年ほど寝かしておいて、
その間にもう一作書き上げるのも一手だよ。書き始めて間が無いなら、筆力はず
んずん上がってゆくと思うし。
1の行き着くところを、私も見てみたいよ。

641 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 19:11
>1
応募規定とかよく読んで、要綱にはずれないように投稿した方がいいですよ。
せっかく内容よくても、それで落とされる事だってあるんだから。
http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
『下読みの鉄人』
別のスレッドでガイシュツですけど、参考に・・・。
すごい才能あると思うんで、がんばってくださいね!
私も密かにがんばっているところですが、
いつか表舞台で会えたらいいですね(w


642 :1:02/02/23 21:59
皆さん応援ありがと!
イヤー。勢いで500枚書いてみたものの、
改めて、ざーっと全部読み返してみたら、すごく面白いところと、
普通のところと、あまり面白くないところと、はっきり分かれてる。
いらないところがある感じなんで、すっきりさせたら、300枚くらいに減りそう。
周りに本とか読む奴なんていないから、読んで貰って意見とか聞けないのが不便だけど、
まあ、自分で面白くないところは他人も面白くないだろうから、スッパリ切ることにするよ。

643 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 22:06
ジャンル教えてよ、それによって
応募先も変わるでしょ?

644 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 22:15
>>642
あんた・・・、
本物だろ?

645 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 01:10
>644
同感。
642、本物っぽくない。
微妙に言葉が違う気がする

646 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 12:56
あはは
まだやってるのか。

647 ::02/02/24 13:53
>>645
どっちやねん。

648 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 20:29
推敲どうなった?>>1

649 :銀次:02/02/25 20:31

忍者の抜粋のよましてもらったけど面白いよ

1は売れると思う


650 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 21:20
500枚と言うと、そこそこの厚さの本だな。
>>1、よくがんばったな。

651 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 21:20
売れるというか、金になるっぽい。個人的には、プラスと
マイナスはどうにかしてほしいけど。
ホント、表舞台で会えたらいいな〜。

652 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 18:12
>>1の忍者物を送るとしたら、小説すばるか、小説新潮かな?
意表をついて、ファンタジーノベル大賞もいいかもね。


653 :1:02/03/03 02:35
削ったり書き足したりして、
今んとこ400枚くらいに減ったよ。
みんな、普通こんなもんなのか?もっともっと減りそうだ。

654 :おい、あげとくぞ!:02/03/06 01:48
age

655 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 16:15
>>642
自分で読んでおもしろくないところがわかるってすごいね
自分の作品に酔っちゃって、いらないところに執着してる人も多いのに。
自分で読んでもおもしろくないところは他人が読んでもおもしろくないって
なかなか言えないよね…

正しいのか正しくないのかはわからないけど
減らすというのはいいと思うよ。
減らし方間違えなければ、そういう書きかたの方がいいものできそう。
全体通してバランスも整うと思うし。

関係ないんだけど、初めて書き込んだ。
2chは見てるだけだったのに。
というわけで長文ごめんなさい。
応援してるよ。

656 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 17:31
>655
きみのような人が必要だ、これからも頼む。

657 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 18:16
今からここは「2ちゃんに書き込みたくない」スレになりました。

658 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 18:25
ヒマつぶしに煽り文を書いてみたら、信じられないくらいに良い。
かと言って別にどうしても2ちゃんねらーになりたいわけでもない。
だって、必死になって2ちゃんねらーを煽るのって、
ちょっと格好悪いじゃない?
誰かどうしてもこのスレで書き込みしてくれってトコないかな。
どうしてもっていうなら発表してもいいんだけど。
まあ、レスの多さにもよるけどね。


659 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 23:23
今このスレ読み終わったんだけど、1の言語感覚凄く良いじゃん。吃驚したよ。
2ちゃんにもまともな奴っているんだな。

660 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 00:05
1って馬鹿じゃん。
ヒマつぶしに書いたのに
なんで新人賞に応募すんのが必死なんだ?
郵便局に行くのが大変なのか? ああ、まんこまんこ。
ラブ、1

661 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 00:08
>>659
君、いい人だね。

662 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 01:43
1は、ちょいと小器用に文章書けるだけ。
言語感覚って程のことじゃあない。

663 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 01:47
>662
じぇらしー?

664 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 01:57
1、マジで文才あるじゃん?ねぇ?>all

665 :663:02/03/07 02:00
>664
オレは、まじでそう思うよ。
嫉妬or叩きのヤツらのカキコが悲しく見えるよ。
この板ではめずらしいね。

666 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 02:57
獣の数字

667 ::02/03/07 04:28

(´-`).。oO(書けない……。)

668 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 05:58
このスレは「新人賞に応募したくない」天才1を
皆で応援して新人賞に応募させるスレという事でよろしいか。

669 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 10:52
>>1よ。
決して油断するな。
こいつらお前のことを褒め殺してるだけだぞ。

670 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 10:58
若桜木だな。とだけ言っておく。

671 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 11:35
べた褒めするほどのもん?
日本語になってないとはいえないし、
俺は、絶対1より上手い!ともいえないけど、
そこまで立派か?

672 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 15:47
>671
ためしにチョロっと書き込んでみては?
そろそろ対抗馬が欲しいところだし……。
いっちょ、男をみせてくれ。
オレは、1は上手いと思うけど、マンセーではないので安心してくれ。

673 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 16:08
途中まで読んだが、応募してみりゃいいのに。
誤字脱字、推敲を重ねてさ。

674 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 20:21
http://www.so-net.ne.jp/SF-Online/no20_19981026/special1-2.html

675 :名無し物書き@推敲中?:02/03/08 03:31
>>673
今推敲中らしいよ。
しかし、これホントに応募して
賞取ったりしたら、面割れてかなり恥ずかしいよな。
ま、ネタだろうけど。

676 :名無し物書き@推敲中?:02/03/08 05:55
初めてこのスレ来て、全部読みました。
1が最初に書いたのは青春殺人遺棄物語ですね。
やはりこの主人公、最後は警察に捕まるのでしょうか?

677 :676:02/03/08 05:56
と、オチを推測してみた。

678 :名無し物書き@推敲中?:02/03/08 17:26
話を完結させる能力がなければ、どんなに優れた
発想力と文章力があっても作家にはなれない。
印象的なシーン優先で書き進めるのは構わないけど、
それをプロットの中で矛盾無く配置できるかどうか
映像作品で言うところの編集能力があるかどうかが問題。

1が単純に時系列順にシーンを並べることしか
できないとすればはっきり言ってダレる。
回想や空想シーンを適宜組み合わせて
読み手を飽きさせない構成ができるかどうかが
一番の課題だと思う。

と言うわけで1よ。500枚だか300枚だかのあらすじを
400字ぐらいにまとめて投稿せよ。

679 ::02/03/08 19:22
>>669

(´-`).。oO(1を褒めたレスなんて、一度もしてないよ。)

680 :名無し物書き@推敲中?:02/03/10 02:51
あらすじが面白そうでも実際読むとつまらない小説は山ほどある。

681 :名無し物書き@推敲中?:02/03/10 11:02
1の発言がむかつくのは私だけですか?

682 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 09:38
>>681
こどもであることを隠していない素直な発言なので別にむかつきません。
(む、フォローのつもりだが1本人は気分を害すかも知らぬ)


683 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 23:32
初めて、このスレを発見して
ついつい引き込まれ、夢中で全部読んで数時間経過・・・
ネタにしろ何にしろ、酒呑みながらの肴として
なかなかに愉しめたので自分の中で僥倖とします。
いやーおもろかったです。
最初の方の「ラストサマーかよ!」のツッコミやりたかったなあ。

684 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 16:17
1はもういなくなっちゃったけど、あげてみるか。


685 :1:02/03/18 15:58
皆さんひさしぶり。
今日早番で昼ごろから直しの続きをしてたんだけど、
今やっと完成したよ。
仕事終わってから、毎晩ビールを飲みつつ少しづつ直して、
最終的に268枚になった。
これを、このスレで教えてもらった賞の何処かへ送ろうと思う。
しかしあれだな、書き出すと勢いみたいなもんってつくよね。
いままで、別に趣味みたいなものはなかったけど、
これからこれが趣味になりそうだ。
実はもう次のも書き始めてる。


686 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 18:20
>>685
お帰り!

687 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 19:06
>>685
完成おめでとう。
さっそく新作ウプしなさい。

688 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 22:41
次はどんな話?
わくわく

689 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 22:45
1さん、本出たら買うね。キャハッ☆

690 :麗奈:02/03/19 23:50
おもしろい人。

691 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 14:13
その星はどう出すのか教えてくれよ。

692 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 14:19


693 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:00
このスレ始めてきたけど、1ってホントに本読まないの?
これ、純文学でしょ?
なんにもない状態から、これだったらすげーセンスの持ち主だよ。
絶対、誰かに書き方教わってるでしょ?

694 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:03
>>693
>これ、純文学でしょ?

え………?


695 :693:02/03/20 18:06
ごめん、100ぐらいまでしか読んでない。
>>694
純文学じゃねーの?

696 :693:02/03/20 18:07
ごめん、100ぐらいまでしか読んでない。
>>694
純文学じゃねーの?



697 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:08
1発DQN信者経由ゴミ箱行きということで

698 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:28
36だけ読んでみても
1の気持ち悪さがよく伝わってくるね。
ウエブで自分の作品を公開してるアフォに通じる気持悪さがさ。
ああ、妄想炸裂〜
どうせなら悪意や殺意を感じるくらい
もっと気持悪いのにしてよ、中途半端だよねえ
角川NEXT賞流に言えば
EEEEEって感じかな?(ウケケ

699 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:33
つうか、この程度で「書けてる」とかレスしてる
アフォのほうが痛いよね。
ちみちみ、高校文芸部の方ですか(藁

700 :693:02/03/20 18:50
>>699
>ちみちみ、高校文芸部の方ですか(藁

全然笑えない・・・・・


701 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:01
皆さん、オズの魔法使いを読んでください。
オススメです。

702 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:54
>>700
事実だから?(ウケケケ

703 :693:02/03/20 20:12
>>702
俺、高校生じゃないから。文芸部ってのは近いかもしれないけど、そこまで
レベル低い場所ではやってない。高校文芸部の人には悪いけど。
1の一晩60枚ってのはすごいな・・・。


704 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 22:35
>>703
なにをもってレベルが高い、とするのか?

705 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 23:27
>>701
あ、俺ね、オズの魔法の国がいいな。あのラストはびびったよ。

706 :693:02/03/21 08:04
>>704
教わってる師によって、レベルが高いとする。
独学、又は意味のない文芸学校とは訳が違う。ここからプロになれるのは
本当の才能と努力を持つものだけ。
俺の場合は技術だけ身について、文章力は持っている。
プロに教わると、並々の才能持ってるやつなら、ずば抜けて飛躍できる。
参考までに、教わるなら純文学作家をお薦めする。

707 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 08:50
>>706
「小説の書き方」を教わるの? マジで? 間違ってるんじゃない?
それじゃあ新人賞の獲り方云々の本を読んでる厨房と変わらんよ。

708 :693:02/03/21 09:28
教わらなきゃできないことってあるんだよ。本をもの凄く読んでそれを
見つける人もいるけど、大抵の人は見つけられない。
技を持つってことは、見つけるか教わるかしかないんだよ。そこから形成していくの。
ただ、俺の先生は全部は教えてくれない。全部教えると、自分が食っていけなくなるからだ。
ほんのきっかけしか教えない。でも、それはプロの技術なんだよ。
新人賞の獲り方云々の本なんて読んだことないからわかんないけど、
新人賞のとりかたってのは確実にあるから、注意した方がいいよ。>707
プロ作家なんて誰にでもなれるの。それで食ってくのが厳しい世界なだけ。



709 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 09:50
>>708
同意だね。
本当に成功したいなら、693のように誰かに教わればいい。
そこで「先生、私は成功できるでしょうか?」などと訊く奴は、
初めから止めとけといいたいが(笑)

だけど、>>708の後半はちょっと、いただけないな。
「誰にでもなれる」これは間違いだよね。平等を信じている訳でも
ないだろうに。

710 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 09:55
つうか、欧米では、大学のCreative Writing専攻が機能してるで。
707の青臭い意見はチンポの白滓なみ。

711 :693:02/03/21 09:57
>>709
>「誰にでもなれる」これは間違いだよね。平等を信じている訳でも
ないだろうに。

食っていくのが厳しいということを強調したくて、大げさに書いちゃいました。
気にしないでください。





712 :707:02/03/21 10:49
>>708
煽りっぽい書き込みなのに、丁寧なレスありがとう。
まあ、いろいろと考え方はあるだろうし、693氏が言うように独りでも
「見つける人」もいるわけです。俺はどうかと言うと、
たぶん見つけてないし、この先ずっと見つけられないかもしれません。
でも、まあ独りでやってみます。たしかに青臭い意見かもしれんけど、
そういう部分も必要なんじゃないかなとも思う。
肝心なのはバランスなんだろうけど。
お互いがんばりましょう。

713 :709:02/03/21 10:54
>>711
いいよ。最近変に夢を見させる発言も、どうかと思うようになってきた
だけ。

もし、くだらない似非創作スレの>>1だったら許さんけど(笑)

714 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 11:02
でも小説教室とか通ってるのにろくな奴いねえぞ。
成功したのなんて一握りだろ?
まともなのは、ばななくらいか。
三田の弟子なんか馬鹿ばっかりだし。

715 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 11:08
>>714
???
小説教室出身じゃないでしょう、吉本ばなな。

716 :693:02/03/21 11:24
>>712
独りでやるから成功しないってことは、全くないと思うので、お互い
がんばりましょう!

>>714
全体を見て、成功する人自体が、ほんの一握りだと思う。
ただ、弟子や小説教室とかに通ってる奴でろくでもないのは、目線の低い奴。
現状に満足してしまう奴が多い。
少なからず、自分の師を越えようとしない奴は成長がない。
経験上、自分の野心のためだけに小説を書く奴の作品は読み応えがあります。

717 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 11:26
つうか、1の作品をパクッて
「田口ランディー創作塾」に投稿しておいた。
HNは似非通行人にしておきました。

718 :693:02/03/21 11:27
吉本ばななは、日芸の文芸学科卒。

719 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 11:39
>>717
パクリ作品をパクリ屋のサイトに投稿したのね(激藁

720 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 17:59


721 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 18:00
おもろいで、これ

722 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 20:45
初めてこのスレ読んだんですが(と、言うかこの板に来たのも初めて)、凄くためになりました。
けして、パクるわけじゃないですけど。いや、何の保証もないですけど。
けど、スレ読む前の俺より、幾分かは俺のダメ文もマシになった気がします。

723 :704:02/03/21 22:01
>>706
その師にもレベルがあるだろ、レベル。
漏れはそのレベルをなにを基準に高いとするのか
って訊いたつもりなんだけど……

724 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:37
>>723
氏ね

725 :春厨さんたちへ:02/03/21 23:41
おまえら創作をゲームの攻略か何かと勘違いしてませんか?


726 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 23:44
>>725
うぜえ。煽るな。氏ね。
おまえが勘違い野郎だよ。

727 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 02:05
>>1
なんかこのスレ近頃荒れてるけど、
また帰って来てよ。
新作も見たいし。


728 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 02:54
680 :名無し物書き@推敲中? :02/03/10 02:51
あらすじが面白そうでも実際読むとつまらない小説は山ほどある。



729 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 03:01
728の作品のように。

730 :693:02/03/22 09:27
>>723
基準にするものはない。そんな考えは、とても失礼なこと。
723氏に対して、答えになっていないかもしれないが、発言からみられるあなたの
考え方は、あまり好きじゃない。

独学、又は意味のない文芸学校とは訳が違う。ここからプロになれるのは
本当の才能と努力を持つものだけ。

と、書いたが俺の師はまさにこれに当てはまった人。独学で、とにかく本を読んだらしい。
仕事をしながらでも、一日1〜3冊、毎日読んだと言ってた。
それでも、自分の技を見つけて小説書いて、注目されるようになったのは40半ばと言っていた。
小説家になるのに20年かかったと言ってた。
師が、口を尖らせて言うのが「書くということを教わることは非常に得なことだ」
「本は読め」「目に映るものは、忘れるな」である。



731 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 09:49
そして「背後の敵に気をつけろ」だ。
死して屍疲労コンバイン

732 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 09:55
>>731
下痢で氏ね

733 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 10:18
目標の高さ=レベルの高さでしょ、と横から思った。

734 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 11:01
>>733
アホか?

735 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 11:42
>>733
じゃあ俺は「レベルの高い人」だったんだ〜♪

736 :723:02/03/22 11:56
>>730
漏れの考え方が好きじゃないかどうかはどうでもいいんだが、
703での発言がどうか、と思っただけ。
漏れは工房でも、文芸部でもないが、レベル云々のくだりが気になるね。
低いもなにも、結局あなた自身がレベルの基準を持ってないなら、
それはわからないでしょ?
あなたから感じられるのは、選民思想みたいなもので、これは如何なものかと。
自分が特別と思うのは悪いことじゃないけどね。

長レススマソ。

737 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 12:18
>>735
君は夢想してるだけ。


738 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 12:49
>737
お前はもう死んでいる。

739 :693:02/03/22 16:38
>>736
俺は選民思想なんて持っていないと言ったら、嘘になるかもしれないが、そんなに
気にしたことがなかった。
ただ、あなたの方が選民思想を強く持ってる気がする。
よければ、あなたにとってレベルの基準は何かを教えてほしい。
丁寧なレスありがとう、長レス結構。俺は読むよ。


740 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 17:43
レベルなんてものは他人と比べての基準でしかない。
より上、より下がいてこそ成り立つんだから、
そもそも絶対的な基準はないんじゃないかと思うんだが…。

741 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 20:40
二次通過者>一次通過者>予選落ち
ある賞の基準に照らせば、こういう関係が成立つ。
問題は、出しもしないでああちゃらこうちゃら言うヤツの存在だな。
これを予選落ち>出しもしないヤツとしたいところだが
福田デブ也のような評論家の存在を考えれば
予選落ち>出しもしないヤツというのは
ある賞に照らした基準と自分の基準とをごちゃまぜにしてる馬鹿モノってことだ。
ここで必要なのは
ああちゃらこうちゃらいうヤツのレベル分けの基準がないっつうことだね。
ま、匿名だし、まんこだし、誰かこの文章推敲してくれや、

742 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 21:41
>>742
評論家は、創作家じゃないYO!!
難癖つけるだけ。俺は存在自体が大嫌いだから、

予選落ち>出しもしないヤツ

に一票。

743 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 01:26
>>741
だいぶ前から読んでみたけど、ここで言ってるレベルってのは
693の師匠のレベルの話だろ。すでに作家として注目されてる。
(693の話がすべて真実だと仮定して)
ちゃんと人の文章も読めない奴は余計な口はさむの辞めれば?

744 : :02/03/23 09:59
>>741
>出しもしないでああちゃらこうちゃら言うヤツの存在だな。

おめーのことだよ!まんこ野郎


745 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 13:16
>>743
馬鹿じゃねえの?
なんで741が704(693じゃねえぞ)の話にのらなきゃならねえんだ?

そもそも693は
>教わってる師によって、レベルが高いとする。
っていってるんだぜ。学ぶ場のレベルについて語ってるの。
それを704が勝手に師自身のレベルの話にねじ曲げたわけだ。
わかる、坊や?
親切な693はその話にのってあげただけ。
話の広がりの中で、師匠のレベルに話が及ぶなら
批評家の話に及んでもいいんじゃねえの?
単細胞の743にはわからないだろうけどね(ウケケケ

746 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 13:18
741は、704の話はもちろん、693の話にものる必要もねえわな。
これは1のスレだからな。忘れんなよ

747 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 13:23
741=745?
自己弁護?

748 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 13:31
>>747
741=745だけど、何か(藁
弁護じゃないよ、アフォの743を啓蒙してあげてるの(ウケケ

749 :741:02/03/23 13:42
まあまあ、みんな仲好くやりましょうや(ウケケ

750 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 13:46
>>749
キミとはちょっと(W

751 :age:02/03/23 14:33
難しい話になってきてるね。
1はどこいったやら・・・

752 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 14:45
693の師>693>>>>>>>>745

753 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 15:21
>>752
哀れを誘うね、キミの論理

754 :741=745:02/03/23 15:29
小説の先生(693いうところの師だな)なんて
小説家か評論家かどっちかだろ(現役・元ともに含む)?
それでいえば漏れ様の意見もあながち的外れとはいえないな。
それとも何か?
チミらは大学で教職課程取ったってだけの
小学校時代の国語の先生にでも
小説を習う気なのかい?(ウケケケ

特にオツムの中身が虫以下の752に聞いてみたいねえ(藁


755 :741=745:02/03/23 15:31
ま、752のヘタレティンポがこれからキーボードのキーを叩くとすれば
「741=745=粘着質」ぐらいだろうけどね。
ま、虫だから許してやるか

756 :704:02/03/23 16:49
なんかすごい話になってるな……
漏れがまずかったか?

757 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 16:57
>>704=756
別にまずくないよ。
春だから…。

758 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 17:39
>>757
仕切るなよ(w

759 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 17:45
>>712に一票。
そう言う俺は文芸部出身なんだけどさ。

760 :757:02/03/23 18:52
>>758
スマソ(W
でも勝手に言い争ってるだけだから、
704が話題提供したからって
気にすることないと思って。

761 ::02/03/24 02:39
レベルなんて気にするだけ無駄だよ〜。
他メディアと小説を比べるくらい無駄。

しかも、スレと関係なくないですか?

762 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 15:31
>>761
ここんとこずっと関係ない話ばっかりだね。
なんか馬鹿がパクッってどっかに載せたとか
言ってたから、来るの嫌になったのかもな。

763 :age:02/03/24 17:29
さがってんな・・・
あげとく



764 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 23:58
田口から傑作なので出版しようといわれた
これパクリなんですけどといったら
みんなやってることでしょ、辻元さんだって
といわれた。勃起しちゃったYO!

765 :名無し物書き@推敲中?:02/03/28 17:14
age

766 :名無し物書き@推敲中?:02/03/28 17:16
偉大な作家でも最初ちまちま自費出版してる人は結構いるよ。
ま、あまり頭を固くないで、柔軟に文学をやっていこう。

767 :名無し物書き@推敲中?:02/03/28 21:00
ここ、まだ続いていたのか…ビクーリ

>>766
そそ、内田康夫も初めは新人賞落選して、自費出版したんだよね。


768 :名無し物書き@推敲中?:02/03/29 01:33
初めてこのスレ見たけどオモロイネ!
1はもう送ったのかな?結果が出たら教えてね。

769 :名無し物書き@推敲中?:02/03/29 23:36
まさかまだ続いてるとは思わなかった。
ちょっと嬉しいな。
ここ来ると書きたくなる。

770 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 15:13
書き始めることは簡単だけど、書き続けることはなかなか大変だ。
なんにしろ、1が新作を執筆してるのはいいことだな。

771 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 15:15
内田康夫落とした奴の顔が見たいな。

772 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 18:08
>>366

レスどーもです。
それよりもいいのがあるんですよ。お尻の穴に指入れながらするんです。
はじめての方は戸惑うかもしれませんが>>223さんもおっしゃってたように
さいしょを乗り越えれば快感にかわるのです。

それと報告ですが>>341さんの方法は最高でした。嫁さん大喜びです。




773 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 23:39
>>773
誤爆だろ? 誰か、早く突っ込んでやれよ(w

774 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 00:19
>>773
おまえも誤爆ね。

775 :772=773:02/03/31 14:34
スンマセン、自作自演でした。
結構気の利いた煽りのつもりだったのになー。

776 :名無し物書き@推敲中? :02/03/31 19:16
このスレはじめてみたけど、1が理屈っぽくなくて率直なせいか
なんかいいやつに思える。


777 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:57
>>776
なんかそういう奴多いよね。

>>775
不覚にも俺は笑ったぞ。

778 :名無し物書き@推敲中?:02/04/02 20:17
age

779 :590:02/04/04 16:26
久しぶりにきたけど、微妙だね

780 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 00:08
age

781 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 19:00
がんばってるかな

782 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 20:53
応募したいんだけど、今日、「蚤の心臓」読んであきらめた。
俺にはあんなの書けないもの。
こりゃ一生新人賞は無理だにゃ。

783 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 21:26
↑それでいて、夏目漱石の作品を読み感銘を受け作家になろうと思っていた

落ち込む事はねぇさ

784 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 22:50
>>782
ファンクラブ?
あの人中卒だよ。カコイイよね。
あんたや俺とは決意のほどが違ったんじゃない?

785 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 23:36
蚤の心臓?
あんなものは俺は小学校1年生のときに
書いたよ

786 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 23:50
>>785
書き写しなら誰にでもできるだろ?

787 : :02/04/08 04:10
ageage

788 :名無し物書き@推敲中?:02/04/13 01:20
このスレまだあったのか。あげとくか。

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)