2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モノ書きとしてのお勧めの作品

1 :がお ◆qgLGtymk :01/12/19 20:32
文芸創作に際して、是非お勧めしたいという作品を教えて!!
モノ書きとしての視点から、この作品のこういう所が参考になった。
ここは見習うべきだ! etc
ストーリー・構成・キャラ・セリフ・描写、どこがどういいかも書いてね!!

例:
「ABC殺人事件」アガサ・クリスティ
たった一人を殺したいがばっかりに、頭文字がABCとなる連続殺人を起こす。
目くらましとしての連続殺人という奇抜なアイデアが考えさせられた。

とか。だけど、うまく例つくれんな。

2 :血反吐:01/12/19 20:37
お勧めじゃなくてお薦めだよって揚げ足取りは嫌かい……?

っつーか、人に薦められるほど、絶賛できる作品なんてないや……。

だから物書きやってんだけど、全然ダメだ……。

3 :がお ◆qgLGtymk :01/12/19 20:50
いや、粘着な揚げ足取りじゃなければ、全然w ども、スマンです。
完全な作品なんて、無いのかもしれないし、
どこか一つのポイントでもいいかと。
ストーリーも構成も全然だが、キャラ作りだけは、とか。教えてクレ。

4 :ひょっとこ王:01/12/28 01:07
文芸創作に際して、是非お薦めしたい作品。
私なりに思い浮かぶいいなぁと感じた作品をリストにします。
尾崎翠『歩行』
筒井康隆『傾斜』
葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』
川上弘美『いとしい』、『センセイの鞄』
以上が小説。
村田喜代子『名文を書かない文章講座』
です。

5 :勉強中(M:02/01/05 21:53
技術的なことではないのだけれど、
「私の文学放浪」吉行淳之介
は、ココロザシついて参考になると思う。
朔太郎やトーマス・マンの作品をひきあいにだして、
抽象的で微妙なことについて判りやすく書いてあるっす。

6 :( ´_ゝ`):02/01/18 09:35
ふむふむ。

7 :作家てあんだ?:02/01/18 11:53
 私はサリンジャーの「シーモア序章」に感動しました。
多分これから何冊読んでも私の中ではその本に勝てるものはおそらく
ないのでは?というくらいです
 だから私も日々、頭の中で小説の構想を必死に練っています。
 本当にツジ ヒトナリとかをのさばらしていたらろくなこと
ないよ。あんなの文学じゃないんだから。つじさんたのみますから
一度死んでください。きっと三島程、話題にならないですし。
ファンだったかたも忘れて他の作家に走るでしょうから。


8 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 21:40
 

9 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 21:48
小説ならば「千里眼」シリーズがお薦めかと。
話の作り方、繋げ方がウマイので、飽きることなく最後まで読める。



10 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 13:24
 

11 : :02/01/31 14:59
あえて今町田庚。文章のリズムの大事さを再認識させられた。
村上春樹の受け売りですが、チェーホフの
「雨が降ったら『雨が降った』と書きなさい」という名言には感動した。
チェーホフの短編は構成が勉強になる。
幸田 文とチェーホフが教科書かな?飾り気のない文で読ませるので。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 21:44
 幸田 文 いいよね。

 私が挙げるのは小説ではないのですが、「思考と行動における言語」SIハヤカワ氏
は絶対のお薦めです。言葉を使う者全てに有用です。特に、板で議論ではなくてわけの
わからない喧嘩をしちゃう人や、物書き志望の方には是非読んでもらいたいです。

13 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 23:12
 

14 :>M:02/02/13 05:03
あまり本を読まない方なので
読了した数は乏しいんですけど……

ピーターフォックスの『マンティス』

60年代の古い作品なのですが
書き方が絶妙に上手い、お薦めです。
かなり参考になる、と思いますよ。
内容は極秘ミサイル、スパイ、等等と
興味ないジャンルだったのですが
テクニックに酔わされました。
三人称なのに一人称にもなるんです。
それをすんなりやってのけちゃう。
しかも、これがデビュー作だそうな。

15 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 04:30
なんか流行どころで申し訳ないんだけど、
貴志祐介の小説は(個人的に)一気に読ませる力を持ってると思うから、
一度は読んでみることをお薦めします。


16 :名無しさん:02/03/15 15:08
http://school.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1011888867/150

17 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 17:12
方丈記が俺の教科書。
とにかく凄い。一作品掛けて書くようなテーマを、一文で終わらせてしまう。
リズムも描写も絶品。

18 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 17:14
「もの書き」という単語が気に入らない

19 :名無し物書き@推敲中? :02/03/15 17:59
「大菩薩峠」だな。皆さんぜひ読んでください。
殺人、革命、理想郷、メロドラマ、観光、心の闇、あらゆる小説的要素を時代物に突っ込んである。
肝心なところの手前で章をぶった切ったり、テクニックにも事欠かない。
文章はですます調で読みにくいかもしれないが、ぜひ読め。
つうか読んでないやつは日本文学語るな、くらいの勢いだよ。

20 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 18:33
スレの流れに反して悪いのだが、
>>1の書き方だとトリックすら見えてしまうので萎える。
今さら読む気にならんよ。よく考えてくれ。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 18:40
何はともあれ、>1はネタバレ。
ものかき云々を語る前に、
作品のネタをばらさないように。
>20になってやっとそのことについて言及されているというのも、
情けない話に思われる。

22 :20:02/03/15 18:51
>>21
っていうか読んでないのが漏れだけなのかも知れんが(w
作品とか作者に対する敬意を考えて欲しいとは思う。

23 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 23:22
ごめん。>>1 読まずに書き込んだんだ。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 23:23
やっぱり罪と×

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)